日本におけるモバイルゲーム
日本におけるモバイルゲーム
ゲームの話をする時に、真っ先に名前が上がる国、日本。実際、任天堂やソニーは日本人なら誰もが知るゲーム業界の巨人であり、外国人に聞いても、その名前を知らない人は少ないでしょう。特にここでは、近年注目を集め続けるモバイルゲームに焦点を当てて、日本のモバイルゲーム市場に関する洞察をしたいとおもいます。 日本でのモバイルゲーム発展の軌跡 今でこそ、モバイルゲームは日常に欠かせないものの一つとなっています。ゲームと言えば日本の会社が有名ですが、今や、 iceカジノ のような海外のゲームもプレイヤーが増えています。 もともと、日本はプリセットのないモバイルゲームの発祥の地と言われています。日本で発表された初期のモバイルゲームは、携帯電話(ガラケー)に最初から内蔵されているものでした。その後、1999年に、NTTドコモのプラットフォームを介して「ドラゴンクエスト」や「ファイナル ファンタジー」などのゲームをダウンロードすることができるようになり、とくにこの2大タイトルのダウンロードは話題になりました。そして、この時をきっかけにし、モバイルデバイスにおけるゲームの可能性が注目されるようになっていきました。そして、スマートフォンの拡大に伴って、簡単にアクセスできるゲームサイトのアイスカジノ 出金のようなゲームを手軽に楽しめるようになり、現在のようなモバイルゲーム市場にまで発展していったのです。日本はゲーム開発においてもモバイルゲーム業界の最先端を走り続けています。 日本のモバイルゲーム人気の理由 今の日本におけるゲーム市場の収益の大部分は、モバイルゲームから生み出されています。日本のゲームアプリ市場は、これまでiOSやAndroid向けのゲームアプリが数えきれないほどのリリースされており、最新作のモバイルゲームが毎月見つけることができるほどです。これは、スマートフォンが日本でビデオゲームをプレイするための最も人気のあるデバイスになったということです。どこでも、いつでもプレイできる手軽さは最も重要なポイントになります。モバイルゲームが登場する以前から日本ではテレビゲームが盛んだったこともあり、高い潜在的なユーザーベースが既に出来上がっていたのでしょう。 また、家庭用ゲーム機と比較してスマホのゲームアプリは、ゲームをプレイする為にわざわざコンソールを購入する必要がなく、ゲームもソフトを買わなくても無料でプレイできるものが多くて、コストが抑えられることも魅力の一つです。 さらに、数多くのゲームは随時アップデートされ続け、既存のストーリーやキャラクターだけで遊ぶだけでなく、新規アイテムやキャラクターなどの追加コンテンツをゲーム内で購入することができるようにもなっています。ガチャなどでSRやSSRなどと呼ばれるレアなキャラクターやアイテムをゲットしたり、コレクションを完成させたりと、今やモバイルゲームの定番とも言えるシステムによって、今までよりもゲームプレイの幅がおおきく広がったことも、モバイルゲーム人気の理由に挙げられます。 日本におけるモバイルゲームの市場規模  モバイルゲームは、世界のゲーム業界で最も急速に成長している分野の1つです。ほとんどの企業がCOVID-19のパンデミック発生の影響を受けたにも関わらず、2020年に顕著な成長を記録しました。それは、日本においても当てはまります。モバイルゲームは今やビデオゲーム業界で確固たる地位を築き、圧倒的市場シェアを占めています。これは、広告料などの収入によるものだけでなく、モバイルゲームそのものの価格の上昇と、アプリ内購入や課金の増加によっても促進されています。モバイルゲーム市場では、日本国内企業が引き続き支配的な役割を果たしており、『パズドラ』、『ウマ娘』、『モンスト』、『ツムツム』など、最近のベストセラータイトルの殆どは日本企業のものです。 日本のモバイルゲーム市場は、2017年から2021年の間に12%のCAGRを記録しました。また、日本のモバイルゲームの市場規模は、2021年に約220億ドル(約1.6兆円)の規模にまで達しました。 ちなみに、日本の人口はアメリカの人口の40%未満となっていますが、モバイルゲーム市場の規模は、アメリカと同じくらいの規模を誇ります。つまり、日本におけるプレイヤーがいかに多く、市場が広がっていることがわかります。さらに、日本のユーザーの間では、ダウンロードあたりの収益が信じられないほど高いという事実もあります。2022年には、モバイルゲームの収益は約327億1000万ドルにも達するだろうと予測されています。既に巨大市場となっているモバイル ゲーム市場は、依然として大きな成長の可能性を秘めています。 日本におけるモバイルゲームの今後 日本は世界のモバイルゲーム市場で世界第2位のプレーヤーであり、モバイルゲームセグメントの世界市場規模の24%を占めています。2022年には日本のモバイルゲームユーザーの浸透率は26.3%になりました。そして、2027年までには31.1%に達するだろうと予想されています。 日本人はゲームに多くの時間を費やしており、ライムライト・ネットワークスが行った調査では、週の平均 6.88時間をモバイルゲームに費やしているというデータもあります。 さらに近年では、女性ゲーマーの54%が1週間に5回以上プレイしており、男性では44%がプレイしているというデータもあります。このデータを参考にすると、比較的熱心なゲーマーは女性に多くみられるようです。実際、女性をターゲットとした恋愛乙女ゲーム、通称「乙ゲー」は日本の人気ゲームランキングに必ずタイトルが入るほど人気にもなっています。(もちろん、全ての女性が乙ゲーをプレイしてるとは限りませんが。) 日本では、ゲームに対してお金を払うモバイルゲーマーの割合が高く、これにはゲームをダウンロードする際の購入金額と、ゲーム内課金の両方が含まれます。また、それらのゲームは、最初の1週間を経過した後もプレイし続けるユーザーの割合も高くなっています。これは、ユーザーは非常に熱心にゲームをプレイしているということです。そして、全てのゲームには多くのコンテンツやレベルが必要であり、ユーザーにとって魅力的なアップデートを継続しなければいけません。そうでなければ、プレイヤーはゲームを「終了」して永遠に離れてしまう可能性が高いでしょう。また、日本ではモバイルゲームのカスタマーサービスも非常に手厚く、多くの企業が電話サポートやオンラインコミュニティを提供しています。モバイルゲームやソーシャルゲームの国内市場は、今もなお成長していますが、このような、ユーザーに寄り添ったサービスを提供していくことで、今後もさらなる成長が見込まれています。