日本オンラインカジノガイド

日本のギャンブル事情は、常にかなり不安定な状況にあります。日本は、西洋の伝統や娯楽を受け入れることにかけては、保守的な国だと言われています。日本の法律は昔も今も非常に厳しい。日本で認められているいわゆる「実力ゲーム」と、現在非合法とされている「運任せゲーム」は紙一重です。この国には、西洋的な意味でのカジノは存在しない。しかし、現在、日本には2,000を超える新しいオンラインカジノが存在し、「賞金付きのエンターテインメント」を提供している。

 

概要

ギャンブルに関する全国的な議論が何年も続いた後、2016年12月、日本の国会(日本の二院制議会)は「特定複合施設区域の整備の推進に関する法律案」を可決しました。

 

この法案は、現在日本の法律で禁止されているカジノ施設を日本の領土で合法化することを目的としています。日本には巨大なパチンコ産業がありながら、ギャンブルを合法化しない論理を理解できない外国人観光客にとって、現地の法律はしばしば混乱する。

 

というのも、日本の賭博・ギャンブル関連の法律は20世紀初頭にさかのぼり、現代の生活にはそぐわないものがあるからだ。当初、合法化された賭博行為のリストには、乗馬と競輪だけが含まれていた。その後、競艇とオートバイが追加され、合計4つの「公営競技」が誕生したが、これらは日本で唯一、「法律違反」とされていない競技である。

 

法的な状況

一般論として、日本では刑法第185条により賭博は禁止されている。同条の条文には、「偶然または偶発的に決定される勝敗の事象」に賭けた場合に科される罰の詳細も記されている。

 

賭博に関して、現在の日本の法律で最も悪く、最も批判されている部分のひとつは、刑法が、あるゲームのすべての局面が偶然または事故によってのみ決定されることを要求していない点かもしれません。これは、基本的に、勝敗の一定部分がそのように決められていても、そのゲームは賭博の範疇とみなされ、国内では禁止されているということである。

 

日本の領土で賭博場を開くという行為だけでも、日本では犯罪とされているのだ。

 

ただし、特別法で合法化されている公営競技は、競輪、オートバイレース、競馬、競艇の4つである。いずれも現在、地方自治体や政府系企業の管理下に置かれている。また、公営競技の宝くじやサッカーくじは、日本で禁止されている賭博行為から除外されている。.

 

これらの賭博を行うには、免許が必要です。現在では、地方公共団体や政府関連団体のみがライセンスを取得しています。

 

競馬

競馬は現在、日本中央競馬会という組織が運営している。日本国内の競馬場は、日本中央競馬会(JRA)が運営しているが、地方公共団体が運営している競馬場は24ある。

宝くじ

宝くじは過去10年間に合法化された。現在では、宝くじは特別に認可された宝くじ売り場で直接購入することができる。現在、宝くじを運営しているTOTOは、唯一合法的に認可されたウェブベースのギャンブルポータルサイトである。

パチンコ

パチンコは現在、日本政府によって管理されていないが、似たようなものである。この国の他の合法化されたゲームのどれもが、地元のプレーヤーにそれほど人気がないため、このゲームはユニークだと考えられている。

自転車レース

この種のエンターテイメントは、ここ数年、地元の人々の間で非常に人気がある。このスポーツの始まりは、第二次世界大戦の後と言われている。

カジノ

現在、日本には合法的なカジノは存在しない。カジノの合法化については何年も前から検討されており、政策転換が図られている。

オンライン・ギャンブル

宝くじ、サッカーtoto、公営競技のオンライン賭博は、日本政府によって認められています。しかし、現在日本国内で合法化されているのは、これらのギャンブルだけです。ポーカーやビンゴなど、オンラインカジノで提供されているゲームにアクセスするには、海外のオペレーターのウェブサイトを利用するのが唯一の方法です。

 

また、携帯電話向けゲームサイトも日本国内では違法なギャンブルの一つとなっています。

ギャンブル合法化への歩み

ここ数年、日本の政治指導者たちは、日本のギャンブル産業を合法化することの是非を検討してきました。カジノを推進する法律ができれば、新たな資本を呼び込むことができると考えられていますが、一方で、過度の賭博を助長することになるのではないかという懸念もあります。

 

これまで、国のいわゆるカジノ法案は、2015年4月に行われる自治体選挙で投票にかけられる可能性がありました。この法案は、安倍晋三首相と与党自民党が強く支持している。このため、カジノ法案のテーマは、2014年にかけてギャンブル業界で最もホットな話題のひとつとなった。

 

日本のカジノ法案が成立すれば、日本のギャンブル市場はマカオ、米国に次いで世界第3位となる。すでに多くの国際的なギャンブル事業者が、日本への投資に関心を示しています。

 

日本政府も、カジノ法案が承認されれば、日本がより良い経済的安定を見出すのに役立つと信じています。日本での最終的な合法化は、長年にわたる金融恐慌の後、日本が成長を固める助けにもなります。しかし、日本ではまだギャンブルは違法であり、近々その将来について決定がなされる予定です。

See also  オンラインカジノの選び方
Like this post? Please share to your friends:
Leave a Reply

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: