飲食店で話題を集める自動配膳ロボットって?導入で得られるもの

飲食店の配膳や下げ膳を自動走行で行ってくれる自動配膳ロボット。

利便性や話題性で注目を集めています。

しかし、自動配膳ロボットとはどのようなものなのでしょうか。

この記事では、自動配膳ロボットの役割や飲食店にとってのメリットをご紹介します。

 

自動配膳ロボットを導入する目的

現在、自動配膳ロボットは飲食業界で注目を集めていますが、主な役割は顧客のテーブルに料理を配膳することです。

自動配膳ロボットを導入する目的は、2つあります。

スタッフの過不足を調整できる

アルバイトやパートを雇用している飲食店では、シフトの調整や急な欠席、退職などに悩まされているところも多いのではないでしょうか。

自動配膳ロボットがあれば、必要な時だけ稼働させることができ、必要がない時には休ませておけるため、人手不足や人員調査の対策に活躍します。

業務を効率化できる

自動配膳ロボットは、食事を届けるテーブルを指定することで料理を運び、指定場所に自動で戻ってきます。障害物回避センサーで、人や物を避けるためぶつかる心配もありません。

テーブルから指定場所に戻る場合は、音声でお客さまに操作の説明をできます。

このように配膳業務をスムーズに行うことで、スタッフの負担を軽減できます。

 

自動配膳ロボットで得られる配膳以外の効果

 

自動配膳ロボットは、配膳以外にも話題性で注目を集められます。

日本ではまだまだ配膳ロボットは普及していないため、導入している店舗の方が珍しい状況です。

導入しているとお客さまの口コミやメディアに取り上げられることで、話題性が得られます。

話題性による宣伝効果が期待できます。

自動配膳ロボットを導入するならORIONSTARがおすすめ!

ORIONSTARでは、Lucki」という自立走行タイプの配膳サービスロボットを取り扱っています。

障害物回避機能付きで無接触配膳サービスを実現します。

最大40㎏の食事を運べ、1度に4つのテーブルに配膳可能で、複数台の導入も可能です。

配送モード以外にも、宣伝モードもあるため、店内で新メニューや季節限定メニューのPRも同時に行えます。

自動 配膳 ロボットの詳しい情報については、ORIONSTARの公式サイトを確認してみてください。

See also  Top Reasons You Should Become A Full-Stack Developer
Like this post? Please share to your friends:
jonitame.net
Leave a Reply

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: