【2024年最新版】ビットコイン(仮想通貨BTC)の価格はどうなる?
ビットコインが2024年に前回の最高値付近になったので、かなり注目を浴びていると思います。ビットコインだけでなく、日経平均やドル円もこれまでになかった時代に突入しています。今後、ビットコインを買って行きたいと考えている方は多いので今回はビットコインの将来の価格について予想してみました。特にビットコインの半減期に注目が集まっていて、仮想通貨やビットコインを保有している方にとってはかなり重要なイベント。2024年の半減期を目前に、多くの方が影響と将来性に注目しています。 ビットコインの半減期 ビットコインの半減期は約4年ごとに発生するイベント。簡単に言うと、新しく発行されるビットコインの数が半分になります。半減期はビットコインのルールとして決まっています。理由はシンプルで、通貨のインフレを防ぐためです。次の半減期は2024年の4月中旬から下旬に予定されていて、ビットコイン価格にどのような影響があるかが注目されています。 市場への影響 半減期は供給量が半分になってしまうので、ビットコインの希少性が高まります。理論的な話だけすると、価格が上昇。それが理由ではありませんが、過去の半減期を確認してみると、価格が大幅に上昇しました。なので、ビットコインの半減期を知っている投資家が、半減期のタイミング前に仕込むのは当たり前だったのかもしれません。最近、ビットコインの価格が上昇した理由の一つです。前回価格が上がったのなら、今回も上がるだろうと投資家は考えています。前回のビットコインバブルで高値掴みした一般投資家は、かなり慎重になっているので、今回の上昇は一般投資家よりも中級・上級投資家の買いが大きかったようです。 投資戦略 なので、このタイミングからビットコインを買うのは少し遅いと考えている方もいるようです。ただ、それは正直なところ誰も分かりません。将来的にはビットコインはさらに上昇すると考えられているので、半減期を迎えてさらに上昇する可能性もあります。相場には騙しが存在するので、半減期を迎えて暴落して、一般投資家を振り落としてから、前回高値を抜けていく可能性すらあります。半減期を目前に一度投資戦略を考えてみるといいかもしれません。例えば、半減期前に購入し、価格上昇を見込んで長期的に保有するという戦略などです。ただ、世の中にはコピートレーディングというものがあり、かなり上手なトレーダーと同じトレードができます。興味がある方は一度調べてみてもいいと思います。 将来の展望 先ほども少し触れましたが、ビットコインは今後価格が上がり続けると言われています。なので、それを信じている方はスキャルピングやデイトレードではなく、もっと長期的な目線を持って保有していくと考えています。例えば、10年〜20年のスパンでビットコインの価格を見据えています。もちろん、ビットコインが今後本当に上がり続けるかは誰にも分かりません。そこまで保有しきれないと考えている方であれば、イベント前に仕込んでみてもいいと思います。仮想通貨でも十分スキャルピングやデイトレードはできます。次の半減期(4月中旬〜下旬)は、ビットコインが長期的にどのように発展するかを示すかなり重要な指標になります。 ビットコインETFの承認 知っている方も多いと思いますが、ビットコインETFの承認は仮想通貨市場でかなり重要な出来事だったと思います。少しずつですが、徐々にビットコインが世界で認められていくような気さえします。もちろん、ビットコインがETF承認されたので、多くの投資家がビットコインに注目しています。 ETF承認が仮想通貨市場にもたらす変化 ビットコインETFの承認で、大量の資金が市場に流入。スタンダードチャータード(世界的大手銀行)は、年末までに500億ドルから1000億ドルの資金が流入すると予測しています。ちなみに、今年の1月にETF承認されています。もっと色々なニュースが出ると、一般投資家が大金をつぎ込むようになるので、次の下落があったら買ってみると戦略を立てている一般投資家もいるでしょう。 投資家への影響 ビットコインETFの承認は、特に機関投資家にとって大きかったようです。ギャラクシー・デジタルのアナリストは、ビットコインETFへの資金流入は、2024年は144億ドル、2年目は270億ドル、3年目は390億ドルになると見ています。日本だけじゃなく、世界中でビットコインは注目されているので、規模が違います。 リスクとチャンス メリットばかりじゃなく、ビットコインETFの承認は投資家にとってリスクもあります。ETF承認による過度な期待が消化されされてしまうと、短期的に下落するリスクもあります。これは一般投資家をふるい落とす可能性があるためです。この場合は短期トレーダーにとっては不利ですが、長期トレーダーは買いどころ。ご自身でしっかりリスクとチャンスを見極めて投資するタイミングを伺いましょう。 ビットコインの長期投資 ビットコインは高ボラティリティなので、昔から株式投資をしているトレーダーは怖くて手が出せていません。株式のように実態がある会社ではなく、ビットコインを使えるところがまだまだ少ないと考えると、実態が本当にあるかは疑問です。なので、ビットコインが本当に長期投資になり得るのかを考えていきます。 リスク管理 ビットコイン投資にはハッキングや盗難のリスクがあります。セキュリティ対策として、信頼できるウォレットや取引所の利用、二段階認証の設定、コールドストレージ(オフライン保管)をしっかり使っていきましょう。 価格変動 ビットコインの価格は、これまでに記載してきたように色々な要素によって決定されます。世界で紛争が起こったり、地震、アメリカ大統領の政権交代など様々な要因があります。日本円が安くなっているのも一つの要因です。日本円の価値がだんだんとなくなっていく様子をみてられない投資家は、ドルやユーロ、ポンドなどに交換します。また、リスク分散として仮想通貨にも変えるというのはごくごく自然な流れです。こうした色々ある原因で、ビットコインが長期的に価格が上昇するのか下降するのかを考えて行動していく必要があります。 投資戦略の選択 スキャルピングでもいいですが騙しが多い分、ビットコイン投資の成功には長期的な視点を持つことだと言われています。その他は基本的なことですが、市場動向にしっかり注意すること、リスクを分散させることが鍵。間違っても、貯金の全額を一発でベットしないように注意してください。もしそうする場合は、しっかりリスクを考えて行動するようにしましょう。ビットコインの長期投資は、知識と戦略があれば将来的に大きなリターンをもたらす可能性があります。  
jonitame.net