SGボートレースメモリアル2016

8月23日(火)~8月28日(日)の期間で桐生ボートレース場で第62回ボートレースメモリアルが開催されている。

競艇界で最高のグレードレース「SG」は毎回厳しい闘いが水上の上で行われ、4日間の予選を勝ち抜いた選手が準決勝へと駒を進めた。

ここでは準決勝の結果とそれを勝ち抜いた優勝戦の結果を速報していく。

下に結果を速報しています。

スポンサーリンク

SGボートレースメモリアル

ボートレースメモリアルとは「SGモーターボート記念競徒」に通称であったが、2014年からは名称として呼ばれている。

最高グレードのレースというだけあって出場出来るだけでスゴイレースである。

概要を説明したところで次に大会の出場資格を紹介していく。

出場資格

基本的には全国で24場ある競艇場から推薦された選手が出場できるというのが一般的である。

だが例外もあって・・・

  • 前年度優勝者
  • 前年の賞金王決定戦の優勝戦出場者(6名)
  • 直前のSG競走であるオーシャンカップ競走の優勝者

これには優先出場権が与えられる。

レースの見どころと展望

やはりSGというだけあってレベルの高いレースが期待される。

1日12R行われるがファンからしても興奮を隠せないのではないだろうか?

ちなみに今大会が行われている「桐生競艇場」は通年ナイターレースをやっている競艇場である。

ナイターレースの場合、日中よりもナイターの方が水温が下がりモーター(エンジン)の稼働量が上がり、艇自体のスピードは上がる。

よって通常インコースが強いとされているボートレースだが、アウトコースからでもマクリやまくり差しが決まるので順当に決まるときと荒れるときの差が激しく、予想しづらい。

舟券を買って一攫千金を狙うファンからすれば必死である。

ただ桐生の冬は「赤城おろし」といわれる風が吹きさらに荒れやすいレースになるが、今は夏まっただ中なのでその心配はあまりない。

8月26日まで行われてきた予選でも確かに万舟券はいくつか出たが、いうほどでもなく割と順当なレースが続いているといえるだろう。

もしかすると普通過ぎる「1-2-3」という結果もあるかもしれない。

スポンサーリンク

準決勝/出走選手

厳しい予選を勝ち抜き準決勝の切符を手にした18名の選手を紹介していく。

9R

  1. 魚谷智之
  2. 原田幸哉
  3. 長田頼宗
  4. 西山貴浩
  5. 松井繁
  6. 辻栄蔵

10R

  1. 菊地孝平
  2. 須藤博倫
  3. 柳沢一
  4. 毒島誠
  5. 斉藤仁
  6. 池永太

11R

  1. 石野貴之
  2. 平本真之
  3. 瓜生正義
  4. 笠原亮
  5. 寺田祥
  6. 茅原悠紀

 

以上が準決勝に出走する選手である。

なお、各レースの上位2名、計6名が8月28日の優勝戦に進む。

準決勝結果速報

ここからは準決勝の結果を速報でお伝えしています。

9R

1着 1.魚谷智之
2着 3.長田頼宗
3着 2.原田幸哉

三連単結果:1-3-2
三連単配当:1,430円

10R

1着 1.菊地孝平
2着 3.柳沢一
3着 4.毒島誠

三連単結果:1-3-4
三連単配当:1,200円

11R

1着 1.石野貴之
2着 6.茅原悠紀
3着 5.寺田祥

三連単結果:1-6-5
三連単配当:6,870円

優勝戦/出走選手

ついに栄冠を掴むチャンスを得た6選手が出揃った。

  1. 石野貴之
  2. 菊地孝平
  3. 魚谷智之
  4. 柳沢一
  5. 長田頼宗
  6. 茅原悠紀

 

以上が優勝戦に出走する選手である。

ついに8月28日の12Rで6日間の激しい戦いに幕が下りる。

優勝戦結果速報

ここからは優勝戦の結果を速報していきます。

優勝者:菊地孝平
決まり手:抜き

1着 2.菊地孝平
2着 1.石野貴之
3着 5.長田頼宗

三連単結果:2-1-5
三連単配当:6,120円

 

スポンサーリンク

 

本日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

出典元:www.boatrace.jp

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで【ジョニタメ】をフォローしよう!