キングオブコント2016

「キングオブコント2016」が開催中だが、10月2日(日)に大会の決勝戦がLIVEで生放送される。

「M-1グランプリ」は漫才師ナンバーワンを決める大会で「R-1グランプリ」はピン芸人ナンバーワンを決める大会として有名だが、「キングオブコント」はその名の通りコント日本一を決める大会でついにクライマックスを迎える。

優勝賞金も1000万円と売れていない若手芸人たちからすればウハウハな金額だが、それ以上に今後の活躍も期待できる注目度が高い大会ともいえるだろう。

ここでは厳しい予選を勝ち抜き、決勝戦までを戦ってきたお笑いモンスターたち10組を、ネタ順に紹介するとともに、2016年の優勝者を歴代優勝者から予想したので参考になればと思う。

決勝結果速報は後半に追記していきます。

< スポンサーリンク >

キングオブコント2016
ファイナリスト

まずは「キングオブコント2016」のファイナリストたちをネタ順に紹介していく。

しずる

今や知る人ぞ知る「しずる」は過去に3回もファイナリストになっていて最多決勝進出コンビ。

2003年に結成し、事務所はお笑い業界最大手のよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。

今度こそ栄冠に輝くことはできるか?!

ラブレターズ

ラブレターズは過去に2回ファイナリストになっている。

コントによってボケとツッコミが変わる芸風が特徴といえるだろう。

2009年結成の彼らはASH&Dコーポレーションという事務所で期待のお笑い芸人。

かもめんたる

かもめんたるは「キングオブコント2013」の覇者。

今回唯一の過去優勝者はある意味「期待」というプレッシャーがかかるだろう。

王者の貫禄を見せつけることはできるか?

かまいたち

かまいたちはキングオブコントでは決勝進出したことがないが、関西の賞レースを総なめにしてきた実力者。

2004年に結成し事務所はよしもとクリエイティブ・エージェンシーと王道。

そろそろブレイクしていいはずだがなかなかチャンスは巡ってこなかった。

キングオブコントという大舞台で力を見せつけることはできるか?

ななまがり

ななまがりは2007年結成のコンビで事務所はよしもとクリエイティブ・エージェンシー東京に所属。

実績はあまりないがキングオブコントでは2014・2015年にセミファイナル進出と好相性の大会。

名だたる強豪を前に大波乱の展開を作れるか!

ジャングルポケット

ジャングルポケットは2006年結成したトリオで事務所はよしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属している。

「キングオブコント2016」のファイナリストでは唯一のトリオで参戦。

賞の実績はないものの、「斉藤・太田・おたけ」のメンバー全員がそれぞれでテレビ出演をする活躍ぶり。

メディア出演とは違う緊張感のなかで、大舞台の主役になることはできるか?

だーりんず

だーりんずは2011年結成のコンビで芸風は主にコントで、キングオブコントでは2014・2015年と二年連続でセミファイナルで泣いた。

雪辱の2016年はファイナリストとして返り咲いた。

事務所は、バイきんぐも所属するSMA NEET Project。

SMA NEET Projectの新たなる刺客となるか。

タイムマシーン3号

タイムマシーン3号は2000年に結成したベテランコンビで、事務所は転々としたが現在は太田プロダクションに落ち着いた。

「M-1グランプリ」においては第3回大会から8年連続でセミファイナル(うち1度はファイナリストなる)まで進む実力者。

昨年5年ぶりに開催された「M-1グランプリ」でも4位に輝いている。

そろそろブレイクしても良い歳で、コンビ揃って37歳の二人の芸人魂に注目だ。

ジグザグジギー

ジグザグジギーは2008年結成のコンビで、所属事務所は近年お笑い部門で力をつけてきているマセキ芸能社。

キングオブコントでは2013年にファイナリストとなっており、決勝の舞台はすでに経験済み。

芸風はコント一筋でやってきた・・・正にコント職人の大会ではばたくことはできるか?

ライス

ライスは2003年結成のコンビでよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。

実績はなしで、おそらくこのキングオブコントにかけてきたに違いない。

一途な思いは「お笑いの神様」に届くのか?

< スポンサーリンク >

キングオブコントでは毎年大勢の参加者たちがいるが、2016年は2510組の参加者から選ばれた10組という猛者たち。

栄冠を掴むのは・・・?

キングオブコント2016
優勝者

キングオブコント2016のファイナリストを紹介したので、次に優勝者予想に移るが、以下に歴代優勝者を表にしたので、それを参考に優勝者予想をしようと思う。

歴代優勝者

キングオブコント優勝者結成年所属事務所
第1回 2008年バッファロー吾郎1989年よしもとクリエイティブ・エージェンシー
第2回 2009年東京032003年人力舎
第3回 2010年キングオブコメディ2000年人力舎
第4回 2011年ロバート1998年よしもとクリエイティブ・エージェンシー
第5回 2012年バイきんぐ1996年SMA NEET Project
第6回 2013年かもめんたる2007年サンミュージックプロダクション
第7回 2014年シソンヌ2005年よしもとクリエイティブ・エージェンシー
第8回 2015年コロコロチキチキペッパーズ2012年よしもとクリエイティブ・エージェンシー

優勝者予想

優勝者予想をするにあたって、まず結成年から見てみよう。

昨年の優勝者コロコロチキチキペッパーズは2012年結成してグループ結成から優勝までの最短3年6ヶ月という脅威的な記録を打ち立てたが、それ以外は実力がないとまぐれでは勝てない大会ということを物語っている。

所属事務所に関しては、やはりお笑いの大会は「よしもと」が圧倒的な強さを見せている。

そういう意味では、「しずる」「かまいたち」あたりが濃厚か。

しかし2年続いて「よしもと芸人」が優勝しているので2016年は違うという考えもできる。

個人的には「タイムマシーン3号」を応援したいが・・・「かまいたち」を優勝コンビ予想とする。

キングオブコント2016
決勝結果速報

ネタ順に表記しています。

1stステージ点数
しずる443
ラブレターズ424
かもめんたる444:ファイナル進出
かまいたち458:ファイナル進出
ななまがり430
ジャングルポケット466:ファイナル進出
だーりんず431
タイムマシーン3号445:ファイナル進出
ジグザグジギー433
ライス466:ファイナル進出

 

ファイナルステージのネタ順は1stステージの5位から1位の順で行われます。

順位は1ネタ目と2ネタ目の合計点で決まります。

ファイナルステージ点数/順位
かもめんたる444+438=883/5位
タイムマシーン3号445+448=893/4位
かまいたち458+456=914/3位
ライス466+470=936/優勝
ジャングルポケット466+464=930/2位

キングオブコント2016優勝者

キングオブコント2016「ライス」

優勝:ライス

 

< スポンサーリンク >

 

本日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

出典元:www.king-of-conte.com

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで【ジョニタメ】をフォローしよう!