ドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人~」

ここでは毎週金曜日に放送されているドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人~」1話のネタバレを公開しています。

見逃してしまった人や内容が気になる人、そして映像ではなく文字でドラマの内容を知りたい人はコミック・連続小説風にネタバレしていくので、参考にしてほしいと思う。

スポンサーリンク

砂の塔~知りすぎた隣人~

1話の主な登場人物

主:高野亜紀/菅野美穂

「砂の塔」菅野美穂

ドラマの主人公で、家族のことを常に一番に考える専業主婦。

商店街生まれの下町育ちだが、憧れのタワーマンションに夢を持って25階に引っ越してきた。

タワマン内のセレブママたちに振り回されながらも、子ども達が孤立しないように奮闘する。

生方航平/岩田剛典

「砂の塔」岩田剛典

亜紀の幼なじみで、子供たちが通う体操教室のコーチ。

タワマンに住むセレブママたちにも信頼されている。

実は亜紀が「初恋」の相手だったこともあってか、色々と相談に乗る。

佐々木弓子/松嶋菜々子

「砂の塔」松嶋菜々子

自宅でフラワーアレンジメント教室を開いている、26階に住む女性。

夫は海外に単身赴任中で、タワーマンションの住人の中でも付き合いやすい性格。

亜紀も引っ越してきてすぐに仲良くなった。

高野そら/稲垣来泉

「砂の塔」稲垣来泉

亜紀と健一の長女で幼稚園に通っている。

子供ながらの元気もある反面まだまだ甘えん坊で、家族に可愛がられている。

高野和樹/佐野勇斗

「砂の塔」佐野勇斗

亜紀と健一の長男で高校一年生。

趣味は写真で、妹の面倒をよく見たりと優しいが人見知りな一面も併せ持つ。

阿相寛子/横山めぐみ

「砂の塔」横山めぐみ

タワーマンションの最上階に住むボスママ。

プライドも雲のように高く、セレブマダムをアピールしている。

小野彩香/ホラン千秋

「砂の塔」ホラン千秋

女子力が高く、大学生の時ミスコンに選ばれたこともある若いママ。

低階層の2階に住んでいることがコンプレックスで、夫のせいにしている。

橋口梨乃/堀内敬子

「砂の塔」堀内敬子

45階に住む高階層のママで、樹の同級生の成美と幼稚園に通う美央の母親。

夫婦でハーバード大学出身ということが自慢で、タワマンの問題には振り回されないように上手く立ち回っている。

荒又秀実/光石研

「砂の塔」光石研

常に冷静な判断をする警視庁の名物刑事。

連続誘拐事件(ハーメルン事件)を捜査している。

津久井琢己/上杉柊平

「砂の塔」上杉柊平

警視庁の若手刑事で、先輩の荒又を尊敬している。

荒又と一緒にハーメルン事件解決に意欲を燃やす。

高野健一/田中直樹

「砂の塔」田中直樹

食品会社で働く亜紀の夫。

誠実な性格で妻と子供のために多額のローンを組んでタワーマンションを購入した。

三田久美子/烏丸せつこ

「砂の塔」鳥丸せつこ

亜紀の母親で、父が亡くなった時に多くの借金を残し他の男と出ていってしまう。

今も亜紀にお金をせびりに来る…亜紀にとっては目の上のたんこぶ。

猪瀬伸二/木村祐一

「砂の塔」木村祐一

健一の会社の上司。

タワーマンション購入した健一が羨ましい。

スポンサーリンク

ストーリー

1話あらすじ

平凡ながらも家族仲よく暮らしてきた主婦、高野亜紀(菅野美穂)は、家族で憧れのタワーマンションに引っ越してきた。

豪華ホテルのようなマンションでの新たな生活にウキウキする一家だったが、それも束の間…

そこに住むセレブ主婦たちが作った『タワマンルール』に、亜紀はア然としてしまう。

◇“何階に住んでいるか”によってエレベーターの場所まで違い、小学生同士でさえも低層階の住人が高層階の人々に見下されてしまうという「フロア差別」。

◇一回5000円!高額すぎるが、参加しないと村八分にされてしまうという「地獄のランチ」。

◇“子ども達の成長のために”という名目ながら、実は母親たちの“見栄の展示会”である「強制ハロウィン」。

他にも「ゴミ出しにも正装」「園バスは学費の順に並ぶ」などなど、外部から見るとどう考えても“変”なローカルルールに、皆が縛られているのだ。

プライドや虚栄心にまみれたタワマン主婦たちに振り回されつつ、子ども達がこの新たな環境で浮いてしまわないために、必死で馴染もうとする亜紀。

ママ友たちの勧めにより、とある体操教室を見学に行く亜紀。

そこで、かつて隣に住んでいた年下の幼馴染・生方航平に再会する。

優しいコーチとして子ども達からの人気も絶大で、なおかつタワマン主婦の頂点に君臨するボスママ・寛子(横山めぐみ)が見え見えの色目を使っている中、実は亜紀にも他人には語れない“生方との秘密”があって———

そんな中、亜紀は上の階に引っ越してきたばかりだという佐々木弓子(松嶋菜々子)と出会う。

夫は海外赴任で子供はいなく、自宅でフラワーアレンジメント教室を開いている本物のセレブ。

優雅で上品な容姿にもかかわらず、全く偉ぶることのない彼女に惹かれ、亜紀は弓子に心を許し、幼い娘・そらを連れて弓子の家を訪ねるようになる。

本音で話せる唯一の友人ができて喜ぶ亜紀。

その頃、連続幼児失踪事件=通称「ハーメルン事件」が世間を騒がしていた。

警察の捜査を嘲笑うように次々と幼児が失踪していくが、誘拐犯の手がかりは一切見つからない。

ただ一つ、失踪現場に必ず残されている一輪の花=黄色いカーネーションを除いては…

その花には一体、どんな意味があるのか…?

警察の捜査が行き詰まる中、ベテラン刑事・荒又(光石研)は失踪した子の親たちの裏事情を知る中で、ある推理に辿り着く。

「犯人は、子育てをおろそかにしていた母親の子どもを狙ってるんじゃないのか…つまり犯人の狙いは、『愚かな母親たちへの断罪』!?」

豪華な衣装をまとい、すました笑顔を浮かべているタワマンの母親たち。

しかし彼女たちにはそれぞれに、人には言えない秘密があった。

そしてそれは、亜紀にさえも…

きらびやかなタワーマンションの“裏と表”。

それと符合する、住人の母親たちの“光と闇”。

さらに、美しい花々に囲まれ優しい微笑を絶やさない弓子と、残忍なハーメルン事件の犯人をつなぐ不気味な共通点。

一体、彼女の真の目的とはなんなのか——。

そして亜紀は、愛する家族を守る事ができるのか——!?

人々の裏にある闇の感情と、親子の愛情が、事件の伏線と複雑に絡み合う。

豪華キャスト陣をうならせた、完全オリジナルストーリー。

「母親とは何か」を問いかける本格ヒューマンサスペンスが、ついにヴェールを脱ぐ!

引用元:「砂の塔~知りすぎた隣人~」公式HP

砂の塔~知りすぎた隣人~
1話ネタバレ

ここからはドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人~」1話のネタバレを公開しています。

野一家が、50階建てのタワーマンションに引っ越して来るところから悪夢は始まる。

憧れのタワーマンションは、外からはとてもきらびやかに輝いてるように見えた。

この物語の主人公である亜紀は、高野家の妻であり二児の母。

新しい生活に目を輝かせていた。

高野家の主である健一は、会社員であるにも関わらずタワーマンションを購入したのには理由があった。

相場よりも1500万安くなっている物件をたまたま見つけ、家族のためにとてつもないローンを組んで購入したという。

タワーマンションは、まず1Fがエントランスになっていて、2F〜24Fまで(左)と25F〜50Fまで(右)のエレベーターが分かれていて高野家は25F・・・つまりギリギリ高層階の方に属していた。

他にも設備が異常なほど整っていて「パーティルーム・図書館・バーラウンジ・キッズルーム」というようにセレブマンションといっても過言じゃないほどだった。

そして、館内や部屋内にはいたる所に防犯カメラが設置してあり、セキュリティも完璧で健一も喜んでいた。

一方でタワーマンション周辺では、連続幼児誘拐事件が起きており、亜紀は不安だと言うが健一は安全を考えて、このマンションに引っ越したんだから平気だと言い張っていた。

そして亜紀はまだ幼稚園児の長女・そらをお迎えのバスに送る時、初めてタワマンに住むママ友たちと顔を合わせるが、ママたちが朝からブランドの服をまとい着飾る姿を見て驚いた。

亜紀も家からつけていた、エプロンだけは外し挨拶する。

すると最上階に住んでいるという寛子が「昨日引っ越してきた方?」と声をかけてきた。

昨日、引っ越してきた時に、はしゃぐ声が聞こえていたようで注意されてしまう。

ついで2階に住む彩香にも「高層階」をアピールしていたのを注意すると、「忘れ物をした」と言って自宅に戻ってしまう。

それを遠くで見ながら、顔を合わせてクスッと鼻で笑う寛子とママ友たち。

このタワーマンションでは、何階に住んでいるかである程度の格付けがされてしまうようで、特にエレベーターを左(低層階行き)に乗るか右(高層階行き)に乗るかで大きな差があるらしい。

ママ友の一人である梨乃には「上手くやったほうがいいよ・・・ママが嫌われると、子供も友達ができないからね」と忠告をうける。

高野家の主である健一は会社で上司の猪瀬に「タワマン買ったんだって?・・・浮かれんのもいいけど、仕事頑張ってくれよ」とネチっこく言われてしまう。

 

察ではタワマン周辺で起こる連続幼児失踪事件の捜査会議が行われていた。

この事件は子供たちばかりが狙われた犯行で、3名の誘拐された現場には人型に広げられた幼児の衣服と黄色いカーネーションが置かれていた。

公開捜査にしているものの犯人からの身代金の要求などは一切なく、犯行の手口が童話の「ハーメルンの笛吹き」に似ていることから、ネット上では「ハーメルン事件」と呼ばれていた。

捜査していた警視庁の刑事である荒又と津久井が捜査状況を報告すると、荒又はなぜカーネーションが黄色なのかと疑問を持つ。

荒又と津久井が「ハーメルン事件」の捜査を進める上で、誘拐された3名の幼児の母親が子育てに対して共通点があるのではないかと気づくのだった。

1人目はネグレクト(育児放棄・育児怠慢)・・・夜遊びばかりしていた、2人目はパチンコをしてた・・・ギャンブル依存症で、3人目は嘘をつき男といた・・・浮気。

誘拐現場に残される、黄色いカーネーションの花言葉は「軽蔑」であることから、犯人の目的は軽蔑すべき母親を罰することだと。

 

る日亜紀はマンションのロビーで、偶然26Fに住む佐々木弓子と出会う。

亜紀と弓子は気が合うのか、初対面なのにも関わらずスラスラ話すことができる。

亜紀からしてみれば引っ越し後、初めて心が許せた友人だった。

タワーマンションの話になり「子供を育てるのに最高の環境」と思っている亜紀だったが、弓子には子供はいないようだが、自宅でフラワーアレンジメント教室を開いているという。

スポンサーリンク

キッズルームで子供たちを遊ばせ、ママたちは亜紀を含めてハロウィンパーティーについて話し合っていた。

マンション内ではイベントも一緒にやるようだ。

そうしていると、若くて元気で爽やかな配達員らしき男性が「こんにちはー!」と声をかけてきた。

ママたちは「二の腕君、こんにちわー」とキャーキャー黄色い声を上げて喜ぶ・・・タワーマンションに荷物を配達に来る若者がなかなかのイケメンで人気があり「二の腕君」と呼ばれていた。

ある時、亜紀が買い物から帰ってきた時、彩香と例の二の腕君がトラックの中でキスするのを見てしまう。

5400円もするママ友たちとの「地獄のランチ会」に(ほぼ強制)参加した亜紀は、彩香から「こないだ見た二の腕君とのこと、ダマっててほしい」と頼まれる。

ちなみにランチ会では自己紹介も含めた自慢話をし始める・・・寛子は夫が会社社長で都知事に表彰されたことがあるとか、梨乃は夫婦でハーバード大学出身で頭がいいとか、彩香は元ミスコンとか、亜紀とっては輝かしいものばかり。

そこに遅れてやってきた弓子が登場。

ハロウィンパーティーの飾り付けを担当するということだ。

そして寛子が、弓子はニューヨーク出身だということを皆に伝え「凄ーい」と亜紀が言っていると、今度は亜紀の出身を聞かれ言葉に詰まる。

亜紀は商店街出身の下町育ちだったが、コンプレックスに思っていたようだった。

その過去のコンプレックスを思い出させるように亜紀の母・久美子がタワマンのロビーでコンシェルジュにつかまり部屋へは行けないでいた。

久美子は亜紀の父親が亡くなってすぐに亜紀を置いて男と逃げたという過去があり、どうしようもない母親というわけだ・・・つまり亜紀の部屋には行けないというよりも、部屋番号すらわからないということだった。

久美子が亜紀を訪ねてきたのはお金をせびりにきたらしく、亜紀はすかさずお金出して「もう来ないで」と言った。

久美子は「あんたの母親なんだよ」と言うと、普段は優しい亜紀が「都合の良い時ばっかり母親づらしないでよ!」と怒るのだった。

久美子はお金を受け取りスゴスゴ帰っていく・・・その状況を弓子は遠くで見ていた。

 

紀は引っ越しもある程度落ち着き、そらと一緒に自分の部屋の真上の部屋に挨拶に行くと、そこは弓子がする部屋だった。

部屋に招かれると、さすがフラワーアレンジメント教室をやっているというだけあってオシャレで華やかな部屋だったが、夫は海外に赴任中で一人暮らしをしているということだ。

話題は最近世間を賑わせているハーメルン事件について、弓子は「大丈夫よ・・・母親がちゃんと見守って、ちゃんと子育てしていれば」と諭すように言うのであった。

亜紀はそらに習い事をさせようと体操教室に見学に行くと、そこのコーチが昔亜紀の家の隣に住んでいた生方航平だった。

そのことに気づいた亜紀は逃げるように帰ろうとするが、航平は外まで出てきて「もしかして、川田クリーニングの亜紀さんですか?」と聞きにきた。

素性を隠したい亜紀は「人違いじゃないですか?」とそそくさとその場を去っていった。

自宅に戻り亜紀は健一にそのことを話すと、健一も亜紀が母親のこともあり昔の知り合いとは近づきたくないことを理解しているようだ。

「体操教室に行きたい」とグズるそらに対してどうすることもできない亜紀。

そうしていると高野家の長男・和樹が送り迎えをしてあげようかと言ってくれる。

長男の心優しい部分は亜紀の遺伝ということなのか。

そらを寝かしつけた亜紀はまだ完全には終わっていない引っ越しのダンボールを片付けていた。

亜紀は風呂上がりの和樹に学生時代に買ったネックレスだけど似合うかを尋ねると、綺麗に見せる必要ないと言われる。

しかし、ゴミ出しの時でさえも着飾るママたちに嫌われると家族に影響があることを亜紀が和樹に言うと、和樹は「ふーん」と何か考えがあるかのように自分の部屋に戻っていく。

そして長男の和樹はそらを体操教室へ連れて行き、その帰りに亜紀にサプライズプレゼントと言って、ネックレスを買いに行くのだった。

そして、その姿を遠くで隠れて見つめる弓子・・・(どこにでもいる弓子に恐怖:個人的意見)

そしてサプライズプレゼントのネックレスを買ってこっそり亜紀のカバンの中に入れた。

 

の「地獄のランチ会」にタワマンママのLINEグループで誘われる。

しかも今回は「亜紀の歓迎会」と称され行われるようだった。

亜紀は参加せざるえない状況になってしまう。

当日亜紀がランチ会に行くと寛子が「皆待ってるわよ」と急かしてくる。

すると知らない男性たちもその場にいた。

なんと「主婦合コン」と呼ばれる浮気じゃなく息抜きだというイベントに参加させられてしまう。

この主婦合コンに参加して彩香は酔っ払ってしまい「30過ぎたらおばさんみたい」と口走ってしまい、セレブママたちの反感を買うことに。

ランチ会の帰り、主婦合コンを終えた亜紀は橋で転んでしまい、カバンに入っていた子供たちからのサプライズプレゼント(亜紀は中身を知らない)を川に落としてしまう。

転んだ亜紀に手を差し伸べたのは航平だったが、家族にバレなきゃ何でもやっていいなんて、昔とは変わってしまったと幻滅されてしまう。

しかし亜紀もランチ会(この日は主婦合コン)に参加したくもないのに家族のためを思い、参加した亜紀は、「あなたに何がわかるの?これでも必死に母親やってるんです!」と半ベソで走っていく。

その後ろ姿を真剣な眼差しで見つめる航平だった。

スポンサーリンク

うしているとタワマンママたちのLINEグループのメールで「彩香と二の腕君のキス現場」の写真がネット上にアップされていたと拡散されていた。

しかし亜紀は忙しくしていた為、そのメールを見ていなかった。

次の日キッズルームでざわつくママたちに亜紀は「何かあったんですか?」と聞いてはじめてメールの存在と内容を知った。

彩香と彩香の子供もその場にいたが村八分状態で隅っこに追いやられていた。

その場を逃げるようにしてキッズルームを出る彩香を、いたたまれなくなったのか亜紀は彩香を追いかけて「あの、なんて言っていいか・・・」と声をかけた。

すると彩香は写真の件リークしたのが亜紀だと言いがかりをつけ、亜紀の部屋の前の住人は電車に飛び込んで自殺した、だから「あなたの部屋は事故物件と一緒!お子さんが可哀想」と関係ないことまで文句を言ってきた。

もう高層階とか低層階とかの争いに嫌気が指した亜紀は、高層階グループのママたちが集まる話し合いで「低層階というだけで、人間性まで否定するのはどうでしょうか」と寛子に口答えしてしまう。

(口答えされてイラッとした様子で)寛子は急に「これから亜紀さんの部屋におじゃましに行きませんか?」と嫌がらせのごとくママ友たちに呼びかける。

亜紀からすれば突然家に遊びに来るなんて、何のおもてなしもできないし引っ越しのダンボールも完全に片付けてない・・・つまり亜紀の生活レベルが判断されるということだ。

亜紀が焦っていると、弓子がおもむろに訪ねてきて、お菓子を焼いたからお裾分けで持ってきたという(これは本当に偶然のように思える)。

亜紀は泣きそうになりながら事情を説明すると、テキパキと動き始め弓子が指揮をとりながらおもてなしの用意をする。

なんとかおもてなしの準備も間に合いを無事成功させ、弓子にお礼をしに行った。

亜紀は弓子に心を完全に開き、過去の話・・・自分の母親がダラしなく母親の見本がなかったから「正しい母親」がわからないと絶望の表情で言った。

すると弓子は亜紀の子供はちゃんと良い子に育っている・・・偶然だけど子供たちがプレゼントを買っているところを見かけた。

だから「あのプレゼント、大事にしてあげてね」と言われ、亜紀は川に落としたのは子供たちからのプレゼントだったことに、この時初めて気づくのだった。

 

紀は子供たちからのプレゼントを落としてしまった川に行き、汚れるのを気にもせずに必死で探すが簡単には見つからない。

そこに航平が通りかかり、亜紀は「落としてしまった子供たちからの贈り物を探している」ことを伝えた。

すると必死に子供たちからの贈り物を探す亜紀の姿に胸を打たれたのか、航平も一緒に探すと自ら申し出た。

日も暮れそうになりギリギリだったが何とか見つけることが出来た・・・心から喜ぶ亜紀に航平は「亜紀さんはダメな母親なんかじゃない・・・昔と変わってなくて良かった」と言った。

そして子供たちの前でプレゼントを出し、そらが「それはサプライズプレゼントだよ」と言って開けるとネックレスが入っていて、「ありがとう」と喜ぶ亜紀は嬉し涙を浮かべるのだった。

亜紀は弓子の部屋に行き情報を教えてくれて助かったと伝えに行くと、亜紀をイメージして作ったというブリザードフラワーを弓子にプレゼントされる。

そして弓子は「そのネックレス一人で見つけたの?」と質問すると、亜紀は思わず「あ、はい」と嘘をついてしまのだった。

実はタワマンママたちには、それぞれイメージされたブリザードフラワーが贈られていた。

彩香・梨乃・寛子の部屋に飾られていた(ちょっと花には詳しくないのでわからなかったが、今後明らかになるはず)。

弓子は鍵のかかった奥の部屋に入ってタブレットを見ると画面には彩香と二の腕のキス画像が映されるが、そのデータを削除していた・・・鍵のかかった部屋にはPCのモニターが沢山あり、タワーマンションの防犯カメラからの映像を見ていた。

そして最後にまたタブレットを触りだした弓子は、川で子供たちからのプレゼントを探す亜紀と航平の画像を見て一言「嘘つきね」と言った。

 

・・・2話へ続く

砂の塔 2話ネタバレ~暴露される亜紀の過去と夫・健一の失態~

各話の詳細ネタバレ

その他のドラマ/ネタバレ

スポンサーリンク

 

本日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

出典元:www.tbs.co.jp

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで【ジョニタメ】をフォローしよう!