ドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人~」

ここでは毎週金曜日に放送されているドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人~」2話のネタバレを公開しています。

見逃してしまった人や内容が気になる人、そして映像ではなく文字でドラマの内容を知りたい人はコミック・連続小説風にネタバレしていくので、参考にしてほしいと思う。

スポンサーリンク

砂の塔~知りすぎた隣人~

砂の塔 1話ネタバレ~心を許せる友人のはずが、最凶の隣人~

2話の主な登場人物

主:高野亜紀/菅野美穂

「砂の塔」菅野美穂

ドラマの主人公で、家族のことを常に一番に考える専業主婦。

商店街生まれの下町育ちだが、憧れのタワーマンションに夢を持って25階に引っ越してきた。

タワマン内のセレブママたちに振り回されながらも、子ども達が孤立しないように奮闘する。

生方航平/岩田剛典

「砂の塔」岩田剛典

亜紀の幼なじみで、子供たちが通う体操教室のコーチ。

タワマンに住むセレブママたちにも信頼されている。

実は亜紀が「初恋」の相手だったこともあってか、色々と相談に乗る。

佐々木弓子/松嶋菜々子

「砂の塔」松嶋菜々子

自宅でフラワーアレンジメント教室を開いている、26階に住む女性。

夫は海外に単身赴任中で、タワーマンションの住人の中でも付き合いやすい性格。

亜紀も引っ越してきてすぐに仲良くなった。

高野そら/稲垣来泉

「砂の塔」稲垣来泉

亜紀と健一の長女で幼稚園に通っている。

子供ながらの元気もある反面まだまだ甘えん坊で、家族に可愛がられている。

高野和樹/佐野勇斗

「砂の塔」佐野勇斗

亜紀と健一の長男で高校一年生。

趣味は写真で、妹の面倒をよく見たりと優しいが人見知りな一面も併せ持つ。

高野健一/田中直樹

「砂の塔」田中直樹

食品会社で働く亜紀の夫。

誠実な性格で妻と子供のために多額のローンを組んでタワーマンションを購入した。

阿相寛子/横山めぐみ

「砂の塔」横山めぐみ

タワーマンションの最上階に住むボスママ。

プライドも雲のように高く、セレブマダムをアピールしている。

阿相武文/津田寛治

「砂の塔」津田寛治

寛子の夫で、イベント会社の社長。

寛子には頭が上がらない。

猪瀬伸二/木村祐一

「砂の塔」木村祐一

健一の会社の上司。

タワーマンション購入した健一が羨ましくて、妬んでいる。

小野彩香/ホラン千秋

「砂の塔」ホラン千秋

女子力が高く、大学生の時ミスコンに選ばれたこともある若いママ。

低階層の2階に住んでいることがコンプレックスで、夫のせいにしている。

橋口梨乃/堀内敬子

「砂の塔」堀内敬子

45階に住む高階層のママで、樹の同級生の成美と幼稚園に通う美央の母親。

夫婦でハーバード大学出身ということが自慢で、タワマンの問題には振り回されないように上手く立ち回っている。

荒又秀実/光石研

「砂の塔」光石研

常に冷静な判断をする警視庁の名物刑事。

連続誘拐事件(ハーメルン事件)を捜査している。

津久井琢己/上杉柊平

「砂の塔」上杉柊平

警視庁の若手刑事で、先輩の荒又を尊敬している。

荒又と一緒にハーメルン事件解決に意欲を燃やす。

三田久美子/烏丸せつこ

「砂の塔」鳥丸せつこ

亜紀の母親で、父が亡くなった時に多くの借金を残し他の男と出ていってしまう。

今も亜紀にお金をせびりに来る…亜紀にとっては目の上のたんこぶ。

ストーリー

2話あらすじ

高野亜紀(菅野美穂)は、憧れのタワーマンションでの生活をスタートさせたものの、タワマン主婦独特の奇妙な『ルール』や『ヒエラルキー』に馴染めず、ストレスを抱え悩んでいた。

唯一心を許せるのは、一つ上の階でフラワーアレンジメント教室を開く優しい隣人・佐々木弓子(松嶋菜々子)だけ。

だが、弓子は秘かにマンション中の監視カメラをハッキングし、大量のモニターを置いた自宅の一室で監視を繰り返している、謎の女だった。

一方、幼児が次々に誘拐される“ハーメルン事件”はさらに続いていた。

“狙われるのは子育てをおろそかにする母親”だという報道を聞いた亜紀は、「犯人が理解できない」と弓子に話す。

弓子は、冗談めかしながらも「犯人の気持ちが少しわかる」と口にする。

弓子にすっかり打ち解けた亜紀だったが、彼女の隠された姿にはまだ気付いていない…。

一方、亜紀の夫でケータリング会社に勤める健一(田中直樹)は会社での成績不振に悩んでいた。

そんな折、マンションのバーで偶然出会ったのが阿相武文(津田寛治)。

彼はイベント会社を経営する社長であり、マンションの50階に住むセレブ主婦のボス・寛子(横山めぐみ)の夫なのであった。

健一は武文との出会いにビジネスチャンスを感じる。

ボスママ・寛子の強引な押し付けと、夫・健一が「阿相から仕事を得るため」という懇願によって、妊婦を祝うパーティー“ベビーシャワー”の幹事を引き受けることに。

“ジャグジーでフロシャン”“ダイパーケーキ”など聞いたこともない内容に呆れつつ、あまりの作業量の多さにプライベートの時間はすべて準備に忙殺され、心が折れそうになる亜紀。

だが、会社での成績挽回のために、そのパーティーで自社のケータリング食品を売り込みたい健一は、「もっと頑張れ」と空気を読まない。

そんな亜紀のもとを、古い幼馴染で今は体操教室のコーチをしている生方航平(岩田剛典)が訪ねてくる。

生方の優しい言葉に思わずホッとして、笑顔を見せる亜紀だったが…

そんな二人を遠くから見つめる目があることに、亜紀は気付かない――

引用元:「砂の塔~知りすぎた隣人~」公式HP

スポンサーリンク

砂の塔~知りすぎた隣人~
2話ネタバレ

ここからはドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人~」2話のネタバレを公開しています。

る朝、タワーマンションの敷地内で「タバコの吸い殻」が発見され、重大な規約違反だとママ友たちがお知らせしてると言ってチラシを配っていた。

夫の健一と長男の和樹は通勤と通学のため家を出る。

朝の時間帯はマンションのエレベーターは通勤・通学ラッシュ状態なので、若い和樹は階段でマンションを降りる。

すると後ろから梨乃の長女の成美が声をかけてきて、同じマンションに住んでいることをお互い認識した。

一方で亜紀はそらと一緒に弓子の部屋に遊びにきていた。

二人はハーメルン事件について話していた。

この時すでにニュースなどで警察の捜査状況は報道されていたようで、子供をさらって母親を断罪するという犯行の意図に対して、亜紀は「犯人の気持ちが理解できない」と言うが、弓子は「私は少しわかるなぁ・・・犯人の気持ち」という。

せっかく子供を授かったのに、子育てを放棄するような母親は許せないと「私でも、殺したくなるかも・・・冗談よ」と笑いながら話す。

自宅に戻り、亜紀は再会した生方航平と大切な家族のことを考えていた。

一人になった弓子は薄暗い隠し部屋で、マンションの防犯カメラをハッキングしたカメラで住民たちを監視していた。

その頃、高野家の主である健一は上司の猪瀬に呼びだされ、健一が所属しているケータリング事業部の業績が悪いと言われる。

そしてそのせいで会社上層部から業務縮小を迫られたと、大阪転勤を命じられてしまう。

タワーマンションを購入したばかりの健一は「それだけは・・・」と断るが、上司の猪瀬は今月中に売上200万の契約・入金は手付金10万を達成すれば回避してやると条件を出す。

 

マ友たちはキッズルームでタバコの吸い殻問題について会議していた。

亜紀は「ウチのパパは禁煙中だし」と家には喫煙者はいないことをアピールする。

次に話し合われたのが「ベビーシャワーパーティ」について。

ベビーシャワーというのは、出産前の妊婦さんをお祝いするパーティで、タワーマンションの住人の一人がそろそろ安定期に入る頃らしいのだ。

そしてその幹事は寛子だが手伝いとして、亜紀に声がかかる。

こっそり梨乃にベビーシャワーの幹事について質問すると、作業が多くてプライベートの時間がほとんど無くなるということを聞き、亜紀は改めて無理だと感じる。

そうしていると母のせつ子から電話が来るが無視する。

スポンサーリンク

会社で無理難題を押し付けられムシャクシャしていた健一は、タワーマンションのバーラウンジに寄って隠し持っていたタバコについ手を伸ばす。

が寛子の夫・武文が「ここは禁煙ですよ」と注意されてしまう。

武文は気さくな感じだったが、なんとなく高飛車な感覚で、「阿相パートナーズ」というイベント企画の会社を経営する社長だという。

そこで健一は一気に腰が低くなるが、打ち解けたようで、健一の会社のケータリングを使っても良いと話される。

そして子供やママたちの意見も聞いてみたいと言われる。

健一はその話を鵜呑みにして、亜紀にママ友たちで試食会を開いてほしいと頼んだ。

そこへ家のチャイムが鳴り、彩香が来て「さっきおたくの旦那、バーでタバコ吸おうとしてたわよ・・・タバコのポイ捨てって旦那じゃないの?」と突っかかってきた。

実は先ほどバーに彩香もいて見ていたらしいのだ。

亜紀は禁煙中だと思っていたが、健一は嘘をついていてベランダでタバコを吸うのが禁止と禁止というのを知らなくて、1・2度吸ってしまったが、ポイ捨てはしていないと言う。

翌朝、亜紀はママ友たちに健一のタバコの件を誤って「でもポイ捨てはしていないと言っています」と弁解した。

しかしママ友たちは一向に信じようとしない・・・そこに亜紀に手を差し伸べたのが、意外にも寛子だった。

寛子は健一が武文にケータリングの営業を頑張ったと聞いて、ベビーシャワーと兼ねて試食会もすれば良いと提案してくる。

その代わりにベビーシャワーの幹事が亜紀になってしまう。

その夜、試食会ができることを健一に報告すると「恩にきるよ」と心から感謝される。

そしてそのやり取りを一部始終を監視する弓子だった。

 

子は早速、亜紀に幹事の仕事である招待状の作成を頼む。

手書きで「一枚一枚心を込めて」とリストを渡す。

次はパーティ会場探しを亜紀がして、その候補を寛子が同行して回った。

しかし亜紀が探す候補地にことごとくケチをつける寛子。

そんな作業の多さも知らずに「ベビーなんとかの準備か?・・・楽しくやってくれよ」と声をかけてくる健一にイラつく亜紀。

そしてついに夫婦喧嘩になってしまう・・・そこにそらが水をこぼしてしまい「どうして、ママを困らせるのよ!」と怒鳴ると、そらは泣いてしまう。

そしてやはりそのやり取りを監視している弓子。

健一は街の喫茶店で武文と商談の話を進めていた。

「予算は200万で契約したい」と話をされて喜ぶ健一だったが、契約自体は試食会が終わってからと念を押されてしまう。

今月中に手付金の10万だけは振り込んでほしいと頼むが、それも断られてしまう。

上司の猪瀬に「阿相パートナーズと200万の契約」にこぎつけそうだと話をして、「これで大阪の話は無しだ」と耳打ちされ喜ぶ健一。

しかし手付金がないことを知って「今日中だ」と叱られてしまう。

そうして健一は来月まで待てば返ってくる「建て替えるだけだ」と手を震わせながら阿相パートナーズ名義で10万円を自腹で振り込んでしまう。

 

操教室のコーチ生方航平は寛子のお気に入りだった。

寛子は航平の初恋の女性をしつこく聞いた。

すると航平は「隣のクリーニング屋のお姉さんです」と答える。

それを聞いた寛子は「年上好きっぽいもの〜」とあからさまに喜んでいた。

そらと一緒に楽しそうに帰宅していると、その帰り道に航平と会う。

航平は「なんで体操教室来ないの?」と疑問を投げかけた。

亜紀は「昔のことを知っている人とは距離をあけるようにしてる」と答え、過去のことが周りに伝わって子供が嫌な思いをしてほしくない、「親のせいで恥かかせたくない」と言った。

その言葉が航平の胸に刺さったのか、思いふけた表情を見せたが、一瞬でいつもの爽やかな航平に戻り「じゃああの時の話は誰にもしない・・・俺らは今回初めて出会ったことにする」と言った。

その様子をたまたま車の中から見かけた寛子は、亜紀に「生方コーチとお知り合い?何を話していたの?」と詰め寄ってきた。

とっさに「体操教室に勧誘されてました」と嘘をつくと寛子は「それならいいけど、彼は私の持ち物なの」と高飛車でプライドが高い人が言いそうなセリフを言うと行ってしまった。

 

紀が自宅に戻ると、母のせつ子がいて父親の墓地の件で来たらしいが、亜紀は「帰ってください」と追い帰すのだった。

そしてベビーシャワーの準備に追われ、子育てどころではない亜紀だったが、そこに(全てを知っているであろう)弓子が「ケーキ焼いてみたの」と亜紀の家を訪れてきた。

完全に子育てや家事も疎かになっていたが、弓子を招き入れると片付けを手伝ってくれた。

しかし弓子は「ガッガリだな・・・なんでもっと早く言ってくれなかったの」ともっと頼ってほしかった・・・それが友達だと言う。

弓子の言葉のおかげで希望の光が見えた亜紀は「ありがとうございます」と素直にお礼を言った。

弓子のおかげもあってか勢いづいた亜紀は、ベビーシャワーの準備も終わりが見えてくる。

夜まで作業をしていると、長男の和樹がベビーシャワーの日は日曜日だから「手伝おうか?」と言ってくれる。

ベビーシャワーのパーティ当日になり会場はは飾り付けも完璧で、健一の会社のケータリングも並びかなり良い感じで盛り上がる。

しかし、寛子の姿が見えない。

すると遅れてきたにも関わらず、軽やかな足取りで会場に入ってくる寛子。

改めて「乾杯をしましょう」と梨乃が呼びかけると寛子は「皆さん、お知らせしたいことがあるの」と言った。

すると寛子は、亜紀の実家が下町のクリーニング屋だったこと、倒産の末借金苦で父親が亡くなってしまったこと、男に身を寄せ母親に捨てられてしまいアルバイトで生計を立てるといった壮絶な過去の持ち主だという、亜紀にとっては知られたくない過去が明かされてしまう。

寛子はパーティ前日の夜、弓子から電話があり全てを聞いていたのだ。

もちろん亜紀の過去をリークした弓子の名前は一切出さないが、寛子は航平と知り合いだという事実を隠そうとして「嘘をついた」亜紀に腹がたっていた。

しかもこれは寛子だけが知ってる情報だと思うが、航平の初恋の女性が「隣のクリーニング屋のお姉さん」ということで、さらに腹がたっていたのだった。

そしてテーブルの上にキレイに並べてあったケータリングをわざと床にこぼして「亜紀さん、掃除してくださる?なんなら時給払ってもいいわよ」とアルバイトを沢山してきた亜紀に対して嫌味っぽく言った。

そらが亜紀に対して」ママ、イジメられてるの?」と言うと横から寛子が「違うわよ。お友達のために掃除してくれる素敵な人なの・・・ね、亜紀さん」と意地悪っぽく言うと、掃除し始める亜紀。

それを遠くで見つめる弓子だった。

 

方、川のほとりで肩を落として落ち込む亜紀を見かけた航平が声をかけた。

落ち込む亜紀に気づいたのか、航平は「俺で良ければ話も聞きます」と笑顔で言った。

亜紀は「明るくて可愛くて太陽みたいなママになりたかった・・・でも子供にとって恥ずかしいお母さんになってた」と胸の内を語る。

それに対して航平は学生の頃の亜紀のことを語り「一生懸命なお母さんを誇りに思ってるカッコいいお姉さんだった・・・子供たちは一生懸命な亜紀さんを大好きなはずだって」と励ます。

自宅に戻ると和樹とそらが部屋を掃除していて驚く亜紀。

子供たちも外で頑張る亜紀に、少しでも負担をかけまいと必死なのだ。

その気持ちを汲み取り、タワーマンションの権力なんて負けないで頑張ることを決意した亜紀だった。

子供たちも成長しているのだ。

すると和樹は趣味の写真で良い夕焼けが撮れそうだと外出する。

航平くんへ

今日はありがとう

高野亜紀

とメールする亜紀と、そのメールがきて喜ぶ航平。

スポンサーリンク

問題の自腹で10万円入金した健一は、自宅のベランダでタバコを吸いながら電話をする武文に「なんか知らないけど嫁がヘソ曲げちゃってさ」と契約を断られる。

そしてベランダから煙草の吸殻をポイ捨てする武文・・・タバコのポイ捨て、規約違反したのは寛子の旦那・武文だということが判明する。

追い討ちをかけるように上司の猪瀬からは「阿相パートナーズの残金190万の入金はいつ?」と言われ、健一はうな垂れることしかできない。

日も落ち暗くなった街の中で、なにやら悪そうな仲間を連れる和樹の姿を、梨乃の長女・成美が見かける。

 

民たちが怯えるハーメルン事件の犯人を割り出すため、刑事の荒又と津久井聞き込み捜査をしているうちに犯人像が見えてくる。

荒又の推測としては「犯人はママ友に紛れてる・・・つまり女だ」という。

それに子供はすぐ泣くし騒ぐということから、その線は濃厚だと思われていた。

しかし事件は進展を見せる。

聞き込み捜査で「犯人を見た」という花屋が現れたという。

それは耳の遠いおじいちゃんで、大きなマスクをして、黒いグローブをして黄色いカーネーションを買っていったという。

しかもそれは「男」だという。

今までの捜査とは、明らかに違う犯人像に荒又は共犯の可能性を考えていた。

犯人と思われる人物が川の石垣にスプレーでイタズラ書きをする。

それは【愚かなる母親に罰を】というものだった。

 

・・・3話へ続く

砂の塔 3話ネタバレ~壊れかけの家族とハロウィンに忍び寄る魔の手~

各話の詳細ネタバレ

その他のドラマ/ネタバレ

スポンサーリンク

 

本日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

出典元:www.tbs.co.jp

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで【ジョニタメ】をフォローしよう!