ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」

ここでは毎週日曜日に放送されているドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」2話のネタバレを公開しています。

見逃してしまった人や内容が気になる人、そして映像ではなく文字でドラマの内容を知りたい人はコミック・連続小説風にネタバレしていくので、参考にしてほしいと思う。

スポンサーリンク

IQ246~華麗なる事件簿~

IQ246 1話ネタバレ~天才vs汚れたクリエーター~

主な登場人物

主:法門寺沙羅駆/織田裕二

「IQ246」織田裕二

やんごとなき貴族の末裔の末裔の末裔で、法門寺家の長男で89代目当主。

長男のみに「IQ246」の異能が代々遺伝するという家系。

その存在は800年近く秘密にされてきた。

和藤奏子/土屋太鳳

「IQ246」土屋太鳳

警視庁捜査一課の刑事で、法門寺家当主の護衛を命じられる。

真面目な性格で正義感が強いが、少し妄想癖がある恋愛体質でもある。

頭脳は凡人だが体力には自信があり、理屈より感情で動くタイプ

賢正/ディーン・フジオカ

「IQ246」ディーン・フジオカ

法門寺家に代々執事として仕える、第89代目の執事。

外の世界で沙羅駆が迷惑をかければフォローしたり、アスリート並みの身体能力を駆使して手助けをする。

沙羅駆も絶大の信頼をおいている。

森本明美/中谷美紀

「IQ246」中谷美紀

少し変わったところがある法医学専門医・監察医。

沙羅駆の推理力に惚れて、頼まれごとをするとつい引き受けてしまう。

法門寺瞳/新川優愛

「IQ246」新川優愛

沙羅駆の妹だが、異母兄妹で本当の妹ではなく血は繋がっていない。

知能が異常に高いとかではない、普通のお嬢様。

賢丈/寺島進

「IQ246」寺島進

賢正の父親で法門寺家第88代執事で、沙羅駆の育ての親でもある。

沙羅駆を叱ることができる唯一の存在。

棚田文六/篠井英介

「IQ246」篠井英介

警視総監で中高大を賢丈ともにした同級生。

同級生といっても賢丈に対して、とにかく負けたくないと考えライバルだと思っている。

ゲスト

前川公平/佐藤隆太

「IQ246」ゲスト・佐藤隆太

気さくな人柄の人気塾講師。

あるトラウマを抱え、その反動で事件を起こす。

人物相関図

ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」相関図

2話あらすじ

若者を中心に流行中の漫画「キルリスト」を真似した連続自殺事件が発生する。

キルリストとは、法では裁けない悪人の名前をそのリストに書くと、悪魔が悪人を自殺に追い込むといった内容で、実際、過去に悪事をしたとおぼしき人たちが裁きを受けており、「殺しのリスト」が実在するのではないかとネットやワイドショーで話題になっていた。

その噂を知った沙羅駆(織田裕二)は、「悪魔が自殺に追いやったわけではない。れっきとした殺人だ」と言い放つ。

ちょうどその頃、都内で起きた3件のキルリスト事件の被害者は、過去に子供を虐待死させた容疑者という共通点が浮上。

警察は被害状況から自殺だと判断するが、三人の死に興味を抱いた沙羅駆は、刑事の奏子(土屋太鳳)が引き止めるのも聞かず、執事の賢正(ディーン・フジオカ)と共に捜査に足を踏み入れる。

独自にキルリスト事件を追い始めた沙羅駆は、死んだ三人の共通点からある人物へとたどりつく。

その人物は、塾講師の前川公平(佐藤隆太)。

塾生から「前川っち」とニックネームを付けられるほど気さくな人柄の前川だが、実は、十年前に幼い妹を殺害された過去があり……。

引用元:IQ246~華麗なる事件簿~公式HP

スポンサーリンク

IQ246~華麗なる事件簿~
2話ネタバレ

ここからはドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」2話のネタバレを公開しています。

 

門寺沙羅駆はいつものように「あー暇だ、暇だ」と時間を持て余していた。

そんな沙羅駆が自由をすることに恐れたのか、法門寺家・護衛係の和藤奏子は警視総監に呼び出され、警察の捜査の「邪魔をしないようにしっかり見張っておくこと!」と念を押される。

塾講師の前川公平は塾の生徒たちの小学生から「前川っち」とアダ名で呼ばれる人気者。

そんな前川の講義が終わり、生徒を見送っていると女子生徒が不審な男に車に乗せられそうになっていて助けに入る。

前川は不審な男の顔を見て「面影に見覚えがある」ことに気づいた。

それは昔、前川の最愛の妹が誘拐され、殺されてしまった事件の容疑者「権藤十三」だった。

権藤は妹を誘拐した犯人だったが、当時は証拠不十分で無罪釈放されていたのだ。

そしてそのまさかの再会に驚いて何もすることができない前川だった。

権藤はその隙に車で逃走してしまう・・・車の後部座席にはロープやブルーシートといった怪しい道具の数々が見える。

また同じ犯行に及ぼうというのだろうか?

女子生徒を助けた前川は、母親に迎えに来てもらい無事に保護できて安心して帰宅した。

自宅に戻った前川は妹の写真を見つめ悔しそうに机にあたる。

するといきなり前川に・・・

完全犯罪の方法教えます。
「13」

というメールが届く。

そして前川も「教えてください。」と返信するのだった。

 

京都で日陰景雄・阿久沢花江・黒木勇虫がそれぞれ3日おきに薬を飲み服毒死するという事件が起こる。

3人には共通点があって、虐待などの容疑がかけられるも証拠不十分といった理由で釈放となっていた。

警察の見解としては、これらのことは全てを密室で行われており「自殺」と判断するが、動機も遺書もなく「やはりおかしいのでは?」と疑うものもいた。

それは人気漫画「キルリスト」の世界の話だが「人を死に至らしめる」というリストがあり、そのリストに名前が書かれると悪魔が自殺に追いやるという設定らしい。

実は全国で似たような事件がいくつもあり「キルリスト」は実在するのでは?と噂になっていた。

ネット上では「キルリスト事件」と騒がれているほどだ。

これを知った沙羅駆はこの事件は、悪魔なんかに殺されたのではなく「れっきとした殺人だ」という。

沙羅駆は「ようやく退屈から抜け出せそうだ」と捜査・推理に入る意志を見せる。

賢正がネットにアップされている「キルリスト」のサイトを開き「制裁済悪人リスト」が書かれたページにいくと、自殺・もしくは殺人の被害者たちの詳細が出る。

沙羅駆はそのリストに書かれた9人の詳細を見つめると、このうち3人は共通点が多いことから「怪しい」と考え、死体が保管されている監察医・森本のところへ向かった。

 

本のところへ行くと、あっさり死体を見せてくれたので、奏子は「こんなことがバレたら・・・」と焦っていた。

そんなのは無視状態で沙羅駆は森本に調査を依頼していた死んだ理由の薬(毒)に関して聞いた。

それは沙羅駆の読み通りで被害者たちは「全く同じもの」を飲んで死んでいたのである・・・「全く同じ種類の薬」ではなくて、同じビンから取り出された「全く同じ薬」である。

つまりこれは同一人物の犯行ということを示されていた。

すると瞳から奏子にメールが来て、キルリストのサイトでは誰を殺してほしいかという投票が行われていることを知った。

その投票の一位には「権藤十三」という名前が・・・すると突然沙羅駆が「喉が乾いた!抹茶黒糖味の豆乳を買って来てくれ」と言って、邪魔なものは排除して、権藤十三の自宅に向かった。

しかしすでに権藤は例のごとく服毒死・・・つまり「自殺?」をしていて、現場検証をしに警察がきていた。

沙羅駆と賢正が現場に入ると、鍵はもちろん窓にはガムテープがガチガチに貼られていて、キルリストのアンケート一位になり恐れていたのがわかる。

部屋には外から鍵がかけれるよに細工された部屋があることくらいだったが、机に並べられていたカレンダーを見た沙羅駆は「これは非常に興味深い」と言って颯爽と現場を出ていく。

今度は管理人のところへ行って、聞き込みを始めた。

管理人の証言は「権藤から通報があったようで、12:45に警察官がきて呼び出しても応答がないから鍵を開けてくれと頼まれた・・・」それでドアを開けるとすでに権藤は息を引き取っていた、というものだった。

沙羅駆は、権藤の死体が保管されている森本のところへ向かった。

沙羅駆はまず権藤が飲んだ薬は、前のキルリスト事件の被害者たちが飲んだ薬と一致しているかを確認すると・・・予想通り一致した。

つまりこれは同じ人物が行なっている犯行を裏付けている。

そこで沙羅駆は推理を語り出す。

今までの被害者たちとは明らかに違う点があり、首に自分の手で掻きむしった跡があった・・・これは薬の量が少なかったため苦しんだ事を示していた。

キルリスト事件の犯人は以前の3人とは違って、権藤に恨みがある人間ではないか?

さらには権藤の部屋には外から鍵がかけれるような細工された部屋があったことから、権藤は誰かを監禁しようとしていた。

しかもその決行日も3日後には行うとカレンダーの日付に◯で囲ってあったという。

権藤が過去に容疑をかけられていた事件(10年前の少女誘拐殺人事件)のような事をしようとしていたのではないか。

なので、権藤が過去に容疑をかけられていた事件(10年前の少女誘拐殺人事件)の被害者遺族や関係者が怪しいと考えた。

 

ルリスト事件の犯人である前川公平に、

お手際、誠に鮮やかでした。
料金のお支払いは後ほど。
めでたくかしこ。
「13」

と「13」からメールが届く。

そんな前川は妹の墓に花を持ち墓参りに来ると、そこにひょっこり現れる沙羅駆・・・もちろん初対面なので前川からしたら「何者?」という感じ。

沙羅駆は前川に「法門寺沙羅駆と申します。探偵とかではなく、ただの暇つぶし・・・趣味といったところです」と独特の挨拶をした。

沙羅駆は「キルリスト事件の被害者に権藤十三という男がいますが、妹さんの事件の容疑者ですよね・・・妹の仇が討たれて良かったですね?」と言った。

さらに一連の報道では「自殺」と言われているが、沙羅駆は「殺人」だと考えている事も伝える。

最後に前川の両親は健在か聞くと「5年ほど前に相次いで他界しました」と前川は素直に答えた。

それだけ聞くと沙羅駆は颯爽とその場を離れた。

スポンサーリンク

自宅に帰ってきた沙羅駆に賢丈から電話が鳴り「キルリスト事件に首を突っ込んでいるそうですね・・・警察も犯人の目星がついているようなので」止めてくださいと嫌味を言われてしまう。

しかしその電話で警察が明日キルリストのWEBサイト運営者に事情聴取することを知る。

翌日、事情聴取をする警察だったが、その取調室に捜査一課長が許可したと言って沙羅駆本人が事情聴取を始める。

沙羅駆は「キルリストの投票結果は本当ですか?」と聞いた。

WEBサイトの運営者は「え?」と目を丸くして驚いた。

沙羅駆は最初から「権藤十三」が一位になることが決まっていたのでないかと疑い、独自に調査をしていたのだ。

その結果、やはり権藤十三に投票数は明らかに少ないことが判明していたのである。

するとWEBサイト運営者が供述し始める。

「キルリストのオーナーと名乗る人物と接触して権藤を一位にしてくれと頼まれた・・・が使い捨てのメールアドレスだったし誰なのか詳細はわからない」ということだった。

沙羅駆は犯人の目的はおそらく権藤に「恐怖」を与えることだろう・・・そしていざという時、WEBサイト運営者に疑いの目を向けさせる狙いがあったのではないかと推察する。

次に警察に権藤が死んだ時、通報があったのは12:45で間違いないかと確認すると、それは12:55であったことが判明する。

法門寺家の屋敷に戻った沙羅駆は今までの情報を整理する。

 

日後、賢正が沙羅駆に「例の物が届きました」耳打ちしてきた。

奏子が「何のことですか?」と躍起になって質問してくる。

沙羅駆が 「謎解きはティータイムの後だ」 となだめると、ティータイムには幻のパティシエが作ったというロールケーキがテーブルに並べられ、単純で食いしん坊の奏子は早々に食べて始める・・・ロールケーキには眠り薬が入っていたようでテーブルで眠ってしまう。

それを見計らって出かける沙羅駆と賢正が向かった先は前川の自宅だった。

まず賢正が警官の制服を着て前川宅のチャイムを鳴らす、警官が来たことに気づき(この時前川は賢正だとはわかっていない)前川はインターフォンで返事をした。

賢正は「警察の者です。近くで事件がありまして、すいませんがお話をお伺いすることはできますか?」と尋ねると、前川はしょうがないという感じでドアを開けた。

すると沙羅駆が横からひょっこり顔を出して「あなたは、こうやってリストにあった人たちの家に入ったんですね・・・彼のように警官の格好をして」と言った。

つまり、警察官が訪ねてきて近くで事件があったと言えば、大抵の人はドアを開けるだろうという推理だ。

トリック

ドアが開いてしまえば、家の中に押し入って相手を殺し、その後部屋の鍵を持ち出し鍵をかける。

通報があってドアチャイムを押したが反応がないと管理人に言って、鍵を開けてもらいさらにドアを開けてもらう。

管理人に遺体を発見させ、素知らぬ顔で家の鍵を元の場所に戻しておく。

管理人に「すぐに家族と不動産屋に連絡してください!」と指示をして一人になるのを待ち、権藤を装い警察に通報した。

このトリックができるのは、第一発見者の警官だけだと沙羅駆は言った。

管理人の証言「警察官が来たのは12:45」と、実際の通報時間「12:55」の差がその証拠だという。

前川は妹の事件があってから「あんな悲劇があってはならない」と警察官として働いていた。

しかしそれも3年前までの話で、警察官を辞めたのにももちろん理由があり「目の前に明らかな犯罪者がいるのに証拠不十分で釈放されていく」ことに嫌気がさしていたのだ。

当時、送検できなかった容疑者たちの住所は、その時把握していたものだ。

前川は「悪人は裁かれるべきです」という。

この時点で二人は「美意識を持って、行動する」という点で共感をしていた。

今回の「キルリスト事件」で沙羅駆には一つだけわからない謎があった。

「どうやって薬を飲ませたのか?」という疑問にだけはどうしても答えが出なかった。

しかしそれは簡単なことで二つの薬莢を被害者の目の前に出し、「片方には毒が・・・もう片方には無毒の薬が・・・どちらかを選んで飲め!」とナイフを突きつけ選ばせて飲ませるというのだ。

そして選ばれなかったもう一方を前川が呑むことを条件して、毒薬を飲ませていたというのだ。

その秘密を知った沙羅駆は「私とも勝負してほしいです」と仕掛ける。

「真実を永遠に闇に葬るか、白日の下に晒すか・・・この勝負で決めましょう」と言って、勝負の場所を変えた。

 

正と二人は、人が寄りつかなそうな倉庫に着くと、沙羅駆と前川の二人だけが中に入っていく。

そして二人の前には二つの薬莢が並べられ、まずは沙羅駆が選ぶことになる。

沙羅駆は「どちらの薬莢に毒が入っているかわからなかった・・・いつ死んでもいい覚悟があった」と言う前川に「あなた本当にいつ死んでもいいんですか・・・子供たちが成長した姿を見なくても」と聞いた。

すると前川は嘘をつく。

前川はどちらの薬莢に毒が入っているか知っていて、被害者に「毒入りの薬」を選ばせるように目線や表情などで誘導していた。

沙羅駆はその点に注目し「殺しの最中に高揚したのでは?それじゃないと4人も殺せない」と言った。

続けて「憎しみ嫌っているはずの殺人者たちとやってることに変わりはない!」と粛清すると、前川が「やめてくれー!」と立ち上がると、次は弱気な声で「そんなことはない、僕は・・・僕は・・・」と自分の方向性を見失ってしまう。

そしてそれを見た沙羅駆は 「あー、醜い醜い醜い・・・この犯罪、醜悪至極なり!」 と名言を浴びせる。

この後、毒入りと無毒の二つの薬莢を選び、沙羅駆は無毒の薬を飲み、毒入りを選んでしまった前川は薬を飲まずに対決は終わった。

警察にも捕まらず死ぬこともできなかった前川は、普通の日常を自分が生活してて良いものか毒入り頭を抱え悩んでいた。

すると前川に・・・

完全犯罪を続けますか?
「13」

とメールが届き、「子供達に誇れないことは、もう二度としない」と返信すると、

あなたがやったことは、もう取り返しがつかないわ
「13」

とメールが届いたので、さらに「罪は償うよ。子供達に罪の償い方も教えないとね。それが教師の使命だ。」と返信した。

前川なりの覚悟があったようだ。

肝心の【13=M】だが、薄暗い部屋でコーヒーを飲む後ろ姿は、ショートカットの女性のようだった。

 

・・・3話「vs汚れたカリスマモデル」へ続く

IQ246 3話ネタバレ~天才vs汚れたカリスマモデル~

各話の詳細ネタバレ

その他のドラマ/ネタバレ

スポンサーリンク

 

本日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

出典元:www.tbs.co.jp

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで【ジョニタメ】をフォローしよう!