デスノートLNW

2016年10月29日に映画「デスノート Light up the NEW world」が公開された。

この作品は、映画版「デスノート」が2006年に公開され大ヒットとなったが、その10年後の物語が描かれた完全オリジナルストーリーとなっている。

現在は映画が公開中だが、話題の作品なので内容や結末が気になる人も多いと思う。

実際に映画を観てきたのでネタバレと感想を公開するので参考にしてほしいと思う。

スポンサーリンク

デスノート
Light up the NEW world

犯罪のない社会を目指し、デスノートで世界を変えようとした”キラ”こと夜神月。

暴走する彼を阻止しようとした世界的名探偵”L”。

天才VS天才の対決は決着し、デスノートを巡る事件は10年前に幕を下ろしたはずだった。

世界中のネット回線がジャックされ、”キラ”によ”復活宣言”が発信されるまではーー。

死神により地上にもたされたデスノート。

同時多発的に発生する大量の殺人事件。

そんななか、デスノート”オタク”の捜査官・三島が率いる警視庁デスノート対策本部にLの後継者の竜崎が加わり、無差別殺人の現場で1冊のデスノートを手に入れる。

そこには、キラ信奏者のサイバーテロリスト・紫苑の姿があった。

人間界に同時に存在していいデスノートは6冊までと判明、三島は残りのノートを確保して封印すると誓う。

竜崎はデスノートを使うことなく事件を解決し、Lを超えると誓う。

一方、紫苑は6冊を独占し、”キラ”の復活を願う。

今、それぞれの譲れない”正義”を懸けた、3人の壮絶な頭脳戦が始まるーー!

引用元:デスノート Light up the NEW world公式HP

まずは映画「デスノート」シリーズとしては4作目となる「Light up the NEW world」の主な登場人物およびキャストを紹介しよう。

キャスト

三島創/東出昌大

映画「デスノート2016」東出昌大

警視庁デスノート対策本部のエース捜査官。

デスノート対策で偽名で捜査をしている。

何事にも思い込みが激しくアツくのめり込むタイプで、デスノートに対しても10年前のキラ事件について調べ、周囲からは「デスノートオタク」と呼ばれている。

6冊のデスノートを封印すると誓う。

竜崎/池松壮亮

映画「デスノート2016」池松壮亮

世界的名探偵で、「Lの正統な後継者」…というのもLの遺伝子から生まれたという。

Lとの約束で「捜査のためでもノートは使わない」というのがあり、その約束を守り事件を解決することで、Lを越えようとしている。

紫苑/菅田将暉

映画「デスノート2016」菅田将暉

一家惨殺事件の生き残りで、犯人をキラが粛清したことによりキラ信奏者となる。

あらゆるデータベースにもハッキングする天才的頭脳を持つサイバーテロリスト。

デスノートを手にすると、キラの思惑通り犯罪者たちの名前をノートに書き粛清を行う。

6冊のデスノートを集め、キラの復活を願う。

弥海砂/戸田恵梨香

映画「デスノート2016」戸田恵梨香

10年前のアイドル時代はデスノート所有者だった、当時のミサミサも現在は女優として活躍。

過去にはLに疑われ逮捕されるが、結果釈放される。

ノートの所有権を放棄し月の事以外の記憶は失っていたが、ノートに触れ記憶を思い出す。

6冊のノートを集めれば月に会えると聞いて心が揺れる。

青井さくら/川栄李奈

映画「デスノート2016」川栄李奈

住所不定・無職・年齢20歳という「家出ニート」のデスノート所有者。

純真無垢な笑顔とは裏腹に、渋谷ですれ違う人の名前を次々とデスノートに書き込んでいく。

つまり「死神の目」の契約をしている・・・デスノート所有者史上最悪の狂気。

七瀬聖/藤井美菜

映画「デスノート2016」藤井美菜

デスノート対策本部の捜査官。

三島の実力は評価しているが、なにかと非協力的な竜崎に対しては反感を抱いている。

御厨賢一/船越英一郎

映画「デスノート2016」船越英一郎

最高裁判事にしてデスノート所有者。

10年前のキラ事件当時「法は無力だ」という発言に対して強い反感を持っていた。

デスノート所有者となった現在は、キラを肯定するコメンテーターやネット上でキラを崇めるキラ信者の名前をノートに書き死に追いやっている。

L/松山ケンイチ

映画「デスノート2016」松山ケンイチ

10年前、夜神月と「天才vs天才」の対決に決着をつけ、キラ事件を一時は解決へと導いたとんでもない頭脳を持っている名探偵。

「脳に糖分は欠かせない」というのを理由に、甘いものしか食べないという変人でもある。

10年前の対決では、自分の名前をデスノートに書き、デスノート特有のルールを使用し勝利する・・・が20日後にデスノートの効力で死亡。

デスノートのルールについてはこちら

夜神月/藤原竜也

映画「デスノート2016」藤原竜也

新世界の構築を目論む元祖キラ。

素性は名門東大法学部卒業後、司法試験を一発合格するとんでもない頭脳の持ち主。

最初はデスノートを使い、自分の身はバレないように犯罪者を粛清をするが「L」に目をつけられてしまい対決することになる。

死神/声優

リューク/中村獅童

映画「デスノート2016」リューク

10年前、夜神月が拾ったデスノートの持ち主。

リンゴが大好物でデスノート所有者の敵でも味方でもない。

今作では紫苑が持っているデスノートの元持ち主でもある。

アーマ/沢城みゆき

映画「デスノート2016」アーマ

人間でいうと女性の死神だが、死神には友達が少なくむしろ人間のほうが「距離の近い」と考えているようだ。

マスカットが大好物で「まあね」が口癖。

ベポ/松坂桃李

映画「デスノート2016」ベポ

金色の死神で、指が6本もある189cmという巨大な死神。

軽いネタバレだが、青井さくらが所有するデスノートの元持ち主。

相関図

映画「デスノート LNW」相関図

以上がキャストとなっている。

はじめキャストが発表された時、ニュースなどでは藤原竜也やマツケンが出ないと報じていたが、ギリギリまでこのキャスティングを明かさないのも”乙”だと感じてしまった。

演技力に定評がある池松壮亮や10年ぶりの出演となるミサミサこと戸田恵梨香。

紫苑演じる菅田将暉に関してはテレビを付ければ見ない時はなく、俳優としてはありえないくらいの出演量と完全ブレイク中の俳優。

それに重要なポジションとなる、デスノート所有者に川栄李奈や船越英一郎となかなかスパイスの効いたキャスティングでほとんどパーフェクトと言っていいと思う。

ちなみに主要キャストの「三島・竜崎・紫苑」に関しては、動画配信サービス「Hulu」で独占配信された特別ドラマがあった。

キャストを紹介したので、次にストーリー・あらすじを見ていこう。

ストーリー

犯罪のない社会を目指し、デスノートで世界を変えようとした”キラ”こと夜神月。

暴走する彼を阻止しようとした世界的名探偵”L”。

天才VS天才の対決から10年経ったある日、世界中のネット回線がジャックされ、”キラ”によるメッセージが発信されたー。

「デスノートを手にいれろー」

夜神総一郎が立ち上げた<デスノート対策本部>は存続していた。

すでに亡くなっていた夜神総一郎の跡を継ぐべく、キラ事件二世痛精通した三島を筆頭に、対策特別チームの捜査官たちを中心に警視庁に本部を構えていたのだ。

ロシア、ウォール街そして渋谷でのデスノートによると大量殺人が行なわれる中、世界的私立探偵にして、”Lの正統な後継者”竜崎が加わり事件解明に当たり、地上には6冊のデスノートが存在する事が判明する。

6冊のデスノートを全て手にした者が地上を制する。

キラ復活を望む者、それを阻止する者たちとの究極の争奪戦の幕が切って落とされた!

果たして、すべてのノートを手にするのは誰か?

それぞれの譲れない”正義”が火花を散らし、今、デスノート争奪戦が幕を開け開けるー!

引用元:デスノート Light up the NEW world公式HP

物語の中では”キラ”こと夜神月が「意志を継ぐもの」に対してメッセージを送るが、その映像が公開されている。

それがこちら

スポンサーリンク

結末ネタバレ

ここからは映画「デスノート Light up the NEW world」のネタバレを公開しています。

神月とLが「デスノート」を使った、天才vs天才の対決から10年の月日だったのが経っていた。

デスノートは本来、死神の持ち物で人間の名前を書くと「名前を書かれた人間は死ぬ」・・・そしてその人間の本来の残された寿命が死神に加算されるというシステムだった。

普段の日常に暇を持て余していた死神リュークが「面白いこと起きれ~」とデスノートをわざと人間界に落としたのが全ての始まり。

夜神月はデスノートを拾い、犯罪者達に「粛清」を行うことで新世界を築こうと考える。

それを自分の「正義」だと信じて、犯罪者たちに次々と裁きを与え続けた。

結果、世間では恐怖に怯える人と、粛清の意図を汲み取り「キラ信者」となってキラを崇める人で分かれることになる。

死神界では、10年前のキラ事件で大量に寿命を獲得したことで味をしめていた。

そこで死神大王は死神たちに、10年前のような「キラ復活」を命じる。

そしてリュークは6冊のデスノートを人間界に送った・・・物語はそこから始まる。

世界各地で起こる「大量殺戮」

シアやウォール街・・・そして日本でも犯罪者たちの粛清といった10年前のキラ事件と類似した「心臓麻痺による死亡」という無差別の大量不審死が起きていた。

そのことを受け日本の警視庁でいまだに活動を続けていた、キラ対策室がデスノート対策本部になり、事件解決に向けて躍起となる捜査官一同。

そうこうしていると渋谷で大量に倒れる人の目撃情報があった。

死神ベポに対して「キラよりもっと面白いもの見せてあげる」と言う青井さくらだ。

無差別に起こっている、大量の人が倒れていく=心臓麻痺・・・これらを加味して考えキラの仕業だと答えを出した三島創捜査官は警視庁を飛び出していった。

三島はデスノートやキラについて、キラ対策室に入ってから知識を増やし周囲からは「デスノートオタク」と呼ばれていた。

三島は青井さくらを見つけ、顔を覆いながら(知り合いでもないのに通り過ぎたけで、心臓麻痺が起こせるということは「死神の目」を持っていると確信したため)銃を向けるが、同じ捜査官の七瀬聖が「デスノート所有者に対して、発砲は認められていない!」と制す。

しかしそこに登場したのが「Lの正統な後継者」竜崎。

竜崎には発砲許可なんて関係なく、青井さくらに向けて銃を撃った。

青井さくらはその場に倒れ、恐慌はそこで終わる。

彼女は竜崎の発砲によって死亡したと思われたが、実は竜崎が使ったのは麻酔銃だったのだ。

複数の「神」

井さくらの死因は「心臓麻痺」だった。

これは他のデスノートによる犯行・・・つまり所有者が他にもいることを示していた。

後にわかることだが、この「粛清」をしたのは、死神リュークがついているデスノートを持つ紫苑だ。

彼は一家惨殺事件の生き残りで、その犯人をキラが粛清してくれたことで「キラ=神」と崇めていて少しサイコな一面も漂わせる。

そして天才的な頭脳持ち主で、世界中のあらゆるデータサーバーなどにハッキングをするサイバーテロリストとして活動していたが、真の目的は世界中に散らばるデスノート6冊を全て集め「キラ復活」をもくろんでいたのだ。

デスノート対策本部では、青井さくらが所有していたデスノートを手に入れる。

そのデスノートに触れると死神ベポの姿が確認することができる。

そしてベポから「人間界には6冊までデスノートの存在が許されている」ということを聞く。

ちなみに人間界に7冊目を持ち込まれても、7冊目は効力はないが、死神が使うならそのルールは無視されるということも教えてもらう。

このデスノート6冊ルールがあれば、人間界で6冊を集めて厳重に保管すれば、誰もデスノートを使うことはできないと悟り、三島はデスノート6冊全てを封印することを誓う。

そうしていると世界中のPCやスマホが、キラからのメッセージ動画が流れる、通称「キラウイルス」に感染してしまう。

僕が、キラだ。

僕は人の死を自由に操ることができる。
僕はそれを手に入れた。
そして世界を平和に導くために、
愚かな人間どもを粛清した。
キラは新世界のために必要なんだ。

僕が、キラだ。

という内容で夜神月が語りかけている。

夜神月は10年前、没したはずなのでおそらく合成映像だ。

キラウイルスの真の目的は、感染した者の個人情報を抜き取ることで、その動画自体にはさほど問題はない。

ように見えたがそうではない・・・夜神月=キラだという情報も一部にしか出ていない秘匿情報だったのだ。

夜神月の恋人関係にあった弥海砂(ミサミサ)10年前当時はアイドルで第2のキラとして捕まっていたが、証拠不十分で釈放となっていた。

そんな彼女も現在は女優として活躍していた・・・そして彼女には10年前のその日から監視されていたようだ。

海砂の周りで変なことが起きてると言えば。当時担当検事だった魅上が1年前から失踪中ということ。

三島はそのことについても捜査は終わっていて、強羅山で車の目撃情報があってから音沙汰なしだという。

そして海砂の元には1冊の「デスノート」がプレゼントとして届く。

そしてデスノートに触り、所有権を放棄して記憶を失っていたがすべてを思い出した。

海砂は帰宅しようとして車に乗り込むと、キラの使者と名乗り紫苑が現れる。

夜神月と10年前に聞いた「約束の地」を教えてほしいと頼まれるが断る海砂だった。

デスノート所有者たち

崎もまたデスノート所有者だった。

竜崎は自宅にデスノートを保管していたが、家を出る時にはデスノートを放棄し帰宅するとデスノートの切れ端に触り所有権を戻すということをしていた。

そうすることによって、竜崎がデスノート所有者だということがバレずに済む・・・そしてなにより竜崎はLとの約束で「デスノートは何があっても使わない」と誓っていたのだ。

竜崎の死神はマスカット好きの白い死神アーマという、竜崎の「忠実な友」だった。

スポンサーリンク

ある日、キラ信者のコメンテーターが食事中に心臓麻痺で死んでしまう。

最高裁判事の御厨賢一はテレビでキラを肯定する発言をするものなどに対して、憎しみを抱きデスノートで死を与えていたのだ。

紫苑は御厨の前に現れデスノートで操って、警視庁に向かわせた。

「Lの後継者に告ぐ。キラはすでに3人の所有者を処刑した。これより、4人目の処刑を行う・・・キラは神だ。人間は神には勝てない」と言い放ち自殺して果てた。

竜崎の調査により他の所有者情報の詳細が確認できる。

しかし・・・

  • ロシアの医師は薬物大量摂取による自殺
  • ウォール街の投資家は飛び降り自殺

いずれもデスノートの存在は確認できなかったが、自分の利益(正義)のために周囲の人が死んでいる事から、竜崎はデスノートを所有していたが「新生キラ」によってデスノートを奪われた可能性が高いと推測する。

つまり現時点でのデスノートの所在は・・・

デスノート対策本部:1冊(青井さくら)

竜崎:1冊(※所有していることは秘密)

紫苑:3冊(御厨・ロシア医師・ウォール街投資家)

海砂:1冊(リュークのデスノート)

ということになる。

松田の無念と最後の所有者

苑から竜崎宛に夜神月の画像を加工した映像が送られてきた。

Lの後継者に継ぐ。12月17日「さくらTVの番組」に顔と名前をさらし出演しろ。

竜崎は先代のL(マツケン)の画像を使い、反対声明文を送る。

君は神ではない。

と挑発する。

そのやりとりをきっかけにして、コンタクトを取ることに成功。

竜崎と紫苑がコンタクトを取っている途中で、都内に潜んでいることが判明する。

三島は他の捜査官たちと急いでその場所に向かい、マンションの一室に辿り着き、慎重に目標の確認をする。

部屋内を探索していると、10年前からキラと闘い続けてきた松田がデスノートに「松田桃太」と名前が書かれた紙を見つけ、自分が所持する銃で頭を撃って自殺してしまう。

そして「キラを許さない!」とキラ逮捕にさらなる意欲を高め一丸となるデスノート対策本部捜査官一同であった。

それ意志とは裏腹に警視庁ではお前らに任せていられない。

これからは「捜査一課が仕切る」とデスノート対策本部の解散を言い渡されてしまう。

しかしこれでは終われない三島は何かヒントはないかと食い下がる。

そうすると竜崎が紫苑に送った映像に暗号化された言葉を見つけ、それが・・・

「私が最後の1冊を所有している」

という三島からすれば信じがたいことだったが、確かめるために竜崎の家に向かった。

竜崎が帰宅して、いつも通り仕込んであるデスノートの切れ端に触り最後の所有者に戻ると、隠れていた三島が銃を構えて現れる。

竜崎は「俺はデスノートは使わない」と豪語する。

信用できないと突っぱねる三島に、中身は真っ白でサラのデスノートを見せ「デスノートはいかなる場合(Lは夜神月との闘いで自分の名前をデスノートに記入し絶命している)でも使わないとLに誓った・・・使ってしまえば犯罪者と同じだから」と理由を淡々と述べる。

そして最後の1冊で紫苑をおびき出す作戦を伝え、三島たちは後方支援することなる。

三島が外に出ると、捜査一課にデスノート事件の重要参考人として連行されてしまう。

夜神月の遺伝子

査一課で何か情報を掴んだようだった。

それは夜神月が自分の遺伝子を残し、アメリカで子供が生まれていた。

さらにその子供を日本に連れてきて育てていたのが海砂の担当検事である・魅上だという。

三島は「すべて知っていたのに報告しなかったのはなぜだ・・・何かもっと新生キラについて重要な事実を隠しているのは明白」と追い込まれていく。

そして三島は全てを自白するまで拘束されることになってしまう。

竜崎と紫苑はお互いのデスノートを持ち会うことを約束した。

紫苑はデスノートを持っている海砂にそのことを連絡する。

竜崎は警視庁に保管されているデスノートを手に入れるため、拘束されている三島を助けデスノートを入手し、紫苑と会う場所に向かった。

デスノート対策本部の三島たちは監視システムを使い、その様子を見張ることにする。

しかし途中からキラウイルスの影響により、監視カメラの映像は見えなくなってしまう。

いざ待ち合わせの場所で竜崎は素顔をさらし紫苑を待っていると、そこに現れたのはなんと海砂だった。

契約した「死神の目」を使いデスノートに名前を書き込んでいき、無差別に人を殺めていく。

竜崎の名前も書かれてしまい、竜崎はその場で倒れてしまう。

そして海砂はその場に到着した紫苑に「約束の場所は、強羅山山頂のホテル、最上階・・・行って!」と指示して、自分が持っているデスノートに自分の名前を書き自害する。

紫苑は6冊のノートを持ち、約束の場所へ向かい着くと、リュークに「死神の目」の契約を願い出る。

「寿命が短くなるのに、何のために」と疑問を投げかけると「夜神月はすでに死んでいるから、今からここに現れる奴はキラの後継者だ・・・死神の目でそいつを殺し俺がキラの後継者になる」と言う。

リュークは「おもしれー」と言って、紫苑に「死神の目」を与える。

そして時は来た。

その場に現れたのは三島創だった・・・三島が新生キラということか。

するとさっき死んだと思っていた竜崎もその場に登場して「俺がキラだ!」と叫ぶ。

紫苑は慌てて死神の目を使い竜崎の本名をデスノートに書き込むが、やはり倒れない。

その秘密は誰かが未来を指定して、竜崎の名前をノートに書き込んだという以外に理由は見当たらなかった。

問題は誰が竜崎の名前を書き込んだかということだった。

新生キラの正体と真相

崎は三島と断定する・・・三島はデスノートの所有権を放棄して記憶を失っていたのだ。

三島がリュークのデスノートに触れ、記憶が溢れ出していく。

「新生キラ事件」の真相として、まず夜神月の子供がアメリカで生まれ、その子供を日本で魅上が育てた。

子供にはデスノートを与え才能があると思っていたが、デスノートの重圧で子供も魅上も狂ってしまい。

子供はおそらく魅上が倒したのか・・・魅上も三島が銃撃戦を制し魅上を倒した。

夜神月は子供に「キラの後継者」としてビデオメッセージを残していた。

それを見た三島は「夜神月が目指した新世界のおかげで犯罪率減少といった、世界は確実に平和になっていた」とキラに正義を見る。

そしてデスノートを使い「キラの後継者」になることを宣言した。

三島はリュークを使い、世界のネット上にハッキングできるサイバーテロリストを探してほしいと頼み、紫苑の存在を知る。

日本で起こる「新生キラ事件」解決のために捜査機関にやってきた竜崎の名前を「死神の目」の契約して本名を知り、デスノートに未来の日付で名前を書いた(おそらく自分がキラである影を消すためだろう。

そしてついに、三島はリュークに「デスノートとキラのメッセージを例のサイバーテロリスト(紫苑)に渡してくれ」と頼み三島本人は所有権を放棄して記憶を失くしたのだ。

衝撃のラスト

全に記憶を取り戻した三島に、リュークは「計画通りだろぉ?」と茶化す。

そうしているとSATでもない、それ以上の部隊が乗り込んできた。

銃撃戦となり、紫苑は的になってしまいその場で絶命。

三島と竜崎は地下の抜け道からなんとか逃げるが、その先で待ち受けていたのはデスノート対策本部捜査官の七瀬聖だった。

キラの正体を知った七瀬聖は、犯罪者の兄をキラに殺されたのを恨み、三島に銃を向けて発砲した。

が竜崎がかばって撃たれてしまう。

と思ったら(二転三転するが…)アーマが竜崎を助けるために七瀬の名前をデスノートの名前を書いたのだ。

竜崎の「忠実の友」だった死神アーマは、人の命を救ってしまい砂になって死んでしまった。

後日、拘置所で思いにふける三島だったが、そこに竜崎が現れる。

三島が竜崎の死をしていたのはこの日だったのだ。

竜崎は超法規的措置で、これからは竜崎としてデスノートの捜査にあたってほしいと言った・・・現状6冊あったデスノートは輸送中にテロリストたちに奪われ、4冊が燃えてしまったが2冊は存在しているという。

竜崎に変わって捜査を続けるということは「キラ後継者」が「Lの後継者」になるということを示していた。

エンドロールが流れ、最後に夜神月が「計画通りだ」と言って終了。

もしかすると、続編が?というようなラスト。

スポンサーリンク

感想・評価

放映時間は約2時間半あったが、この時間内に壮大な物語を詰め込んだ印象が強い・・・細かい点を解釈するのが難しかったと感じた、と言うのが正直な感想。

デスノートに関してはある程度詳しいと自負していたが、デスノートのルールなどを確認してみようと思ったほどだ。

あとは原作の頭脳戦や駆け引きといった表現は少なかったのでちょっと残念。

とは言っても、2015年に続編公開予定と発表されてから、個人的に楽しみにしていた作品だったが「デスノートの世界観」は堪能できたので満足している。

泥臭いシチュエーションも多々あったが、生々しいアクションシーンなどは特になかったのではないか。

なので女性や子供も観ることができると思う。

感想冒頭にも書いたが、解釈が難しい・・・もしかすると変な知識があったのが良くなかったのかもしれない。

そういう意味では「続編だから、前作を見てから」というよりも「いきなり観てみる」と言うのも得策かもしれない。

最後にデスノート作品の最大のテーマって、自分にとっての正義とは?」・・・つまり人によって「正義」の形が違うということを訴えていると思うのだが、それがしっかり描かれていたと思った。

前作では月とLの2人だったのが、今回は3人+ミサミサがそれを表現することによってさらに明確になったのではないだろうか。

デスノート作品をHuluで視聴

現在「Hulu」にはデスノートチャンネルというのがあり、過去のデスノート作品を全て視聴することが可能となっている。

過去の作品というのは映画版「デスノート」の3作品はもちろん、ドラマ版・アニメ版「デスノート」まで楽しむ事ができる。

さらに、新作の映画「デスノート Light up the NEW world」につながる主要人物3人についての、特別オリジナルドラマも観ることができる。

もし過去作品を見ていない、もしくは内容を忘れてしまったという方は、是非「Hulu」で確認してほしい。

というのも通常は¥933/月(税抜)だが、初回登録後は2週間まで無料となっているので、その期間内に視聴すればタダで見ることも可能だからである。

huluの登録はこちらから

スポンサーリンク

 

本日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

出典元:wwws.warnerbros.co.jp

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで【ジョニタメ】をフォローしよう!