NEWS-japan

松浦亜弥のものまねなどで有名なタレントの前田健が4月25日新宿の路上で突然嘔吐し倒れて、心肺停止していて、そのまま救急搬送された。

急ぎの治療もあまり効果は見られずに4月26日1:26頃帰らぬ人となってしまったという。

原因となった病名は「虚血性心不全」と発表されている。

前田健は以前より持病で「不整脈」を患っていたことも判明している。

今回は「虚血性心不全」と「不整脈」の関係性について調べてみた。

スポンサーリンク

不整脈とは

不整脈とは通常、脈は一定のリズムですが不整脈の場合、急に脈が速くなったり遅くなったりと心臓にかかる負担を大きくする。

不整脈になりやすい人は、寝不足など不規則な生活習慣、精神的なストレス、アルコールの多飲などといった日常生活の中に原因があるようだ。

アルコールの常用というのは不整脈の原因として大きく関係しているようだ。

前田健は倒れた時はアルコールは飲んでいたのか?

前田健が倒れる前に自身のTwitterにてディナーでの様子をつぶやいている・・・

この時はアルコールを摂取していないこともわかっているようだ。

スポンサーリンク

虚血性心不全

虚血性というのは、簡単に説明すると血が足りなくなることで、心不全は心臓に何かしらの負担がかかって心筋の収縮といった働きが弱くなってしまうことである。

つまり前田健は、虚血性心不全によって心臓が止まり、そのまま動かなくなってしまったと考えられる。

前田健が不整脈となった考えられる原因とは

不整脈が原因と考えられる「虚血性心不全」だが、前田健は不整脈になるべくしてなっただろうか?

・・・それはやはり芸能界で生きていくということが、ものすごいストレスがたまる世界ということがうかがえるだろう。

それに加えて飲食店も経営していたのでそれによるストレスもあったのではないか?

なんにしろ日本の芸能界も大打撃を受けているようで、「はるな愛・高橋みなみ」といった著名人の悼む声をあげているようだ。

前田健さん、心からご冥福をお祈りいたします。

 

スポンサーリンク

 

本日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで【ジョニタメ】をフォローしよう!