ドラマ「大貧乏」

ドラマ「大貧乏」最終回の結末ネタバレを公開しています(後半にネタバレ内容を追記済)

ドラマを見逃してしまった人や、あまり興味はないが内容や結末が気になる人もいるだろう。

ここではドラマ「大貧乏」のキャストに始まり、ストーリーのあらすじ、最終回における結末のネタバレを公開するので参考になればと思う。

ちなみにこのドラマはフジテレビで系で放送されるので、1話~最新話までFOD(フジテレビオンデマンド)で視聴することができる。

登録後、最大1ヶ月間無料なので見逃しまった人もタダで見ることが可能だ。

FOD登録はこちらから

スポンサーリンク

大貧乏

まずはじめにドラマの人気を決めるであろうキャストを紹介しよう。

キャスト

主:七草ゆず子/小雪

過去に夫に裏切られ、現在は二人の子供たちを育てるシングルマザー。

柿原新一/伊藤淳史

自身で法律事務所を設立するほどの敏腕弁護士。

ゆず子とは高校の同級生で、当時から柿原からすればゆず子は高嶺の花だった。

加瀬春木/成田凌

ゆず子が働いていた、人材派遣会社で働く入社3年目の営業マン。

木暮祐人/神山智洋(ジャニーズWEST)

柿原法律事務所の新人弁護士。

浅岡礼司/滝藤賢一

ゆず子が働いていた、人材派遣会社の元経理部長。

天満利章/奥田瑛二

ゆず子が働いていた、人材派遣会社の代表取締役社長。

シングルマザーのゆず子が働きやすい環境を作り出してくれた恩人だったが、ある事件をきっかけに会社は倒産してしまう。

 

以上がキャストとなる。

次にストーリーのあらすじを紹介しよう。

ストーリー

物語は、主人公・七草ゆず子(小雪)の勤めていた会社が突然倒産し、給与も貯金も全てを失い、文字通り“大貧乏”に大転落してしまったところから始まります。

職ナシ、金ナシ、子供アリ。

崖っぷちに立たされ、途方に暮れていたゆず子に、縁もゆかりもないエリート弁護士・柿原新一(伊藤淳史)から連絡が…。

“縁もゆかりもない”と思っていたのはゆず子だけで、実は柿原は、ゆず子の元同級生だったのです。

非常に小柄で、人が良さそうな風貌から一見頼りなさそうな柿原ですが、年商107億を稼ぐ敏腕弁護士。

そんな柿原は、高校生時代からゆず子に憧れ、思いを募らせていたのです。

そして現在、ゆず子が置かれた状況を聞きつけ、助けたい(会いたい)一心で勇気を振り絞って連絡してきたのです。

「会社の倒産には裏がある」と柿原は助言するのですが、ゆず子は、そんなことよりも生活を安定させるために働き口を見つけることの方が大切だと、柿原の提言を断ってしまいます。

しかし、「一番大切な家族の穏やかな生活が奪われたことに、疑問を持たないのはどうして? 何も理解しようとせずにただ不利益を被るの?」と本質をつく柿原の言葉や、母親を気遣う子供たちの姿に心を打たれ、ゆず子は強い母になろうと決心。

柿原の粘り強い調査の結果、倒産を引き起こした一端と考えられる謎の大金“30億円”がプールされている可能性が発覚。

その核心に迫るにつれ、さらなる大きな渦に巻き込まれていくことに…。

ゆず子と柿原、見た目も中身も全くもってチグハグで凸凹なこの二人ですが、敵はひとつ。

果たして彼らは悪の正体を突き止め、反撃することができるのでしょうか?

引用元:フジテレビ公式サイト/大貧乏

スポンサーリンク

結末ネタバレ

ここからはドラマ「大貧乏」最終回における結末ネタバレを公開しています。

このドラマには原作がなく完全オリジナルストーリーで物語は展開していく。

タイトルから見ても、貧乏生活を乗り切っていくというようなホームドラマではなく、主人公を演じる小雪が働いていた人材派遣会社の倒産してしまうが、なにかの陰謀が原因だということが発覚する。

その巨悪に立ち向かっていくというサスペンス要素が入ったドラマは進んでいくようだ。

その中で働き口が無くなってしまい「大貧乏」になってしまった小雪の家族は、その陰謀を暴いていくことを決意することになるのだが、そこに行きつくまでの葛藤ややり取りで涙や笑いありのドラマとなるだろう。

結末としては原作はないので予想になるが、陰謀を暴き裁判で巨悪を倒し、裁判で勝訴した賠償金などで貧乏生活とはおさらばとなりハッピーエンド・・・だが夫に裏切られた過去を持つ小雪は、この闘いに尽力してくれた伊藤淳史とくっつくことはないと思う。

それは今までの伊藤淳史のキャラ・役柄などを考えると一目瞭然のはずだ。

もしかすると、結婚とはならないが子供たちが伊藤淳史になつき、小雪の家族と一緒に暮らすというような家族的な感じにはなるのかもしれない。

最終回ネタバレ追記

DOHが倒産して従業員の会社の給料から天引きされてきた総額250億を取り返した七草ゆず子と柿原慎一と加瀬春木だったが、黒幕だった元DOH社長・天満利章の145億円を手にさせることを阻止することはできなかった。

天満の指示で動いていたが、結局騙され警察に捕まってしまった浅岡礼司は柿原がうまく処理して「執行猶予」が与えられ、前科はつくが釈放されることになった。

ゆず子と柿原と加瀬の3人は大きな戦いを終え一度解散するが、柿原が浅岡の知恵を借りて天満をハメる(詐欺破綻罪で訴える)ことを提案してきたのでその考えにのることにした。

なんとか天満をおびき出すことに成功するが、急な作戦だったので逮捕状を取る時間が足りない・・・と思ったがなんとかギリギリのところで間に合い天満は詐欺破綻剤で捕まった。

事件は最初から最後まで解決するが、ゆず子に対する柿原の恋路の結末はというと・・・柿原がゆず子と恋人になれないなら「友達でいーよ・・・そして僕は友達以上の人は作るつもりはない!」と告白なのかわからないが、柿原なりの答えを出した。

ゆず子は「柿原くん・・・じゃあ友達からで」とゼロだったゆず子と柿原の関係は「友達」という関係に一歩前進した。

 

・・・END

FODで無料視聴

このドラマはフジテレビで系で放送されるので、1話~最新話までFOD(フジテレビオンデマンド)で視聴することができる。

登録後、最大1ヶ月間無料なので見逃しまった人もタダで見ることが可能だ。

FOD登録はこちらから

その他のドラマ/ネタバレ

スポンサーリンク

 

本日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

出典元:www.fujitv.co.jp

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで【ジョニタメ】をフォローしよう!