ドラマ「嘘の戦争」

ドラマ「嘘の戦争」最終回の結末ネタバレを公開しています。

この作品では、草彅剛がSMAP解散後初主演となるドラマなので注目している人も多いのではないだろうか。

ドラマを見逃してしまった人や、あまり興味はないが内容や結末が気になる人もいるだろう。

ここではキャストに始まり、ストーリーのあらすじ、最終回における結末のネタバレを公開するので参考になればと思う。

なお、このドラマはフジテレビで系で放送されるので、1話~最新話までFOD(フジテレビオンデマンド)で視聴することができる。

登録後、最大1ヶ月間無料なので見逃しまった人もタダで見ることが可能だ。

FOD登録はこちらから

スポンサーリンク

嘘の戦争

まずはドラマのキャストから紹介していこう。

キャスト

主:一ノ瀬浩一/草彅剛

タイで活動するプロの詐欺師。

浩一には凄惨たる過去があり、9歳の頃家族が無理心中して「犯人=父」だと思われていた。

浩一は真犯人の顔を見たと証言するがそれは否定されてしまい、周囲からは「嘘つき」とレッテルを貼られてしまう始末。

大人になり、日本に帰国した浩一は「プロの嘘つき」として真犯人に復讐する。

十倉ハルカ/水原希子

女詐欺師で浩一の相棒。

浩一に騙されたのがきっかけで、詐欺師になることを決意し徐々に「嘘」の腕を上げてきた。

仁科隆/藤木直人

仁科会長の次男で、ニシナコーポレーション・社長。

仁科家と会社を守る為、浩一の邪魔をすることになる。

仁科楓/山本美月

仁科会長の長女で、救命救急医。

家族のやり方に不満を持ち、離れて生活をしている。

仁科晃/安田顕

仁科会長の前妻の息子で、小会社の社長を務める。

仁科興三/市村正親

ニシナコーポレーションの創設者にして現在は会長。

数年前に病気になってしまい、身体を壊したのをきっかけに、社長の座を次男・隆に後継者として譲った。

三瓶守/大杉漣

浩一の父の友人で。児童養護施設の経営者。

その他の出演者

八尋カズキ/菊池風磨(SexyZone)
百田ユウジ/マギー
七尾伸二/姜暢雄
四谷果歩/野村麻純

登場人物の相関図

ドラマ「嘘の戦争」相関図
※クリックすると大きくなります

以上がキャストとなる。

ストーリー

キャストを紹介したので、続いてストーリーのあらすじについても見ていこう。

あらすじ

草彅剛、主演。復讐シリーズ、第2弾!

親の仇、胸に…。詐欺師となって復讐の鬼と化す!!

母と弟を殺し、自ら無理心中した父――けれどそれは、仕組まれた殺人事件だった!?

犯人の顔を見てしまった9歳の主人公・浩一(草彅剛)は、警察に「犯人は父ではない、真犯人の顔を見た」と繰り返し証言するが、信じてもらえない。

それどころか、“嘘つき”と呼ばれ、親戚からも奇異な目で見られることに…。

やがて浩一は呼び名の通り、巧みな嘘つきに成長。

タイに渡り、名前を変えて、偽の経歴を手に入れて、たぐい稀なる詐欺師になった浩一は、偶然にも記憶の中の真犯人“あざのある男”と再会。

30年間眠っていた“怒り”という感情がよみがえり、復讐することを誓い、ついに日本に戻ってくる。

そうして事件当夜について調べていると、事件関係者たちが次々に浮上していく。

30年の時を経て、その事実を知った浩一は、詐欺師ならではの手法で、その事件関係者たちに罠を仕掛けていく。

さらに浩一は、事件関係者たちのスキャンダルや犯罪者としての顔も暴き、社会的に抹殺しようとする、しかしそれを阻もうとする大企業の会長・二科興三(市村正親)や次男・隆(藤木直人)、長男・晃(安田顕)との間で熾烈な攻防戦が繰り広げられていく…。

こうして浩一の壮絶な復讐劇が始まっていくが、最終的に浩一は復讐を果たすことが出来るのか――?!

その一方で、相棒的な女性詐欺師・ハルカ(水原希子)、さらに、二科家の長女の女医・楓(山本美月)が登場。

浩一を巡る三角関係、複雑な愛憎劇も巻き起こる――。

鮮やかな“ダマし”で積年の恨みを晴らす爽快な復讐劇、運命を惑わす禁断の三角関係などを、ときにはシリアスに、ときにはユーモラスに描き、先が気になるスリリングな展開で魅了する痛快エンターテインメント!

引用元:カンテレ公式サイト/嘘の戦争

スポンサーリンク

結末ネタバレ

ここからはドラマ「嘘の戦争」の最終回における結末ネタバレを公開しています。

このドラマに原作はなく完全オリジナルストーリーで物語は展開していく。

この「嘘の戦争」は草彅剛の復讐シリーズ第二弾となっていて、最初のドラマ「銭の戦争」と脚本家は同じ後藤法子氏が手がけている。

ちなみに「銭の戦争」では、草彅剛が信頼していた人物に裏切られながらも、結局復讐を果たすことに成功する。

そういった意味では、今回の「嘘の戦争」でも同じような展開が予想できるだろう。

草彅剛がはじめから「プロの詐欺師」というのは設定が若干違うが、最初はタイで活動していて日本に帰ってくると、家族を無理心中に見せかけた殺人事件の犯人と見つけてしまい、嘘つきのレッテルを貼られたきっかけになった人物に復讐をしようと考える。

その犯人には簡単に復讐を果たすが、事件には黒幕がいたのだ。

その男は日本で有数の企業ニシナコーポレーションの会長にまで成り上がっていた。

草彅剛は会長に復讐を誓ったがただ倒すのではなくて、会長が築き上げてきたニシナコーポレーションを潰すのが本当の復讐だと考え、家族や周囲の人間たちを得意の「嘘」で罠にはめていく。

その中で草彅剛の家族を葬った「事件の関係者たち」の素性もあらわになっていく。

ここで草彅剛は黒幕である会長に復讐するのではなく、草彅剛の一家を襲った事件自体に復讐することを考えるようになっていた。

しかし、草彅剛が幼い頃に育ててもらい今でも一番の信頼をおいている、児童養護施設を経営者も事件に関与していたことがわかり、胸が張り裂ける思いになり泣き叫ぶのだった。

結果、草彅剛は事件関係者たち全てに復讐を果たすが、「嘘」を駆使して知らなくて良いことまで知ってしまい、自分の最大の武器である「嘘」からの卒業をしてまっとうに生きることを誓う。

なんともハッピーエンドともバッドエンドともいかないような、歯がゆいラスト結末になることが想定される。

ちなみにドラマの主演である草彅剛はSMAP解散直後で、ソロ活動となって最初の仕事で今後の活動や事務所問題に大きく左右する作品になるだろう。

そういった意味ではとても重要になってくると思うので、彼の必死の演技にも注目できる作品となるだろう。

FODで無料視聴

このドラマはフジテレビで系で放送されるので、1話~最新話までFOD(フジテレビオンデマンド)で視聴することができる。

登録後、最大1ヶ月間無料なので見逃しまった人もタダで見ることが可能だ。

FOD登録はこちらから

その他のドラマ/ネタバレ

スポンサーリンク

 

本日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

出典元:www.ktv.jp

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで【ジョニタメ】をフォローしよう!