ドラマ「アライフ〜愛しき人〜」

ドラマ「A LIFE~愛しき人~」最終回の結末ネタバレを公開しています(後半に最終回~結末ネタバレ内容を追記済)

見逃してしまった人や、あまり興味はないが内容や結末が気になる人もいるだろう。

ここではキャストに始まり、ストーリーのあらすじと最終回における結末のネタバレを公開するので参考になればと思う。

ちなみにドラマ「A LIFE~愛しき人~」は、1話~最新話まで「U-NEXT」で配信されている。

登録後、最大31日間無料なので見逃しまった人もタダで見ることが可能だ。

U-NEXTの登録はこちら

スポンサーリンク

A LIFE~愛しき人~

まずはじめにドラマのキャストを紹介しよう。

キャスト

主:沖田一光/木村拓哉

心臓血管と小児外科が専門の職人外科医。

患者を救うことを絶対に諦めない強い意志を持ち、成功の可能性がゼロだとしても助ける方法を徹底的に考え抜くという、妥協は一切許さない性格。

壇上深冬/竹内結子

壇上記念病院院長の娘で小児外科医。

かつての沖田の恋人だったが、現在は壇上記念病院副院長と結婚している。

壇上壮大/浅野忠信

壇上記念病院副院長で深冬の夫。

日本屈指の脳外科医だが、壇上記念病院の経営面に力を注いでいる。

沖田とは小学校時代からの親友だったが、沖田を日本の病院から追い出した張本人。

井川颯太/松山ケンイチ

壇上記念病院の心臓血管外科医。

関東外科医学会会長の父を持ち、ゆくゆくは満天橋病院を継ぐ2世医師でもある。

柴田由紀/木村文乃

壇上記念病院の一流オペナース。

外科医をしのぐほどの知識を持っていて、腕がいい分プライドも高い。

榊原実梨/菜々緒

壇上記念病院の顧問弁護士。

その美貌を生かし若いながら政界財界との強いパイプを持ち、副院長の壮大とは愛人関係。

羽村圭吾/及川光博

壇上記念病院の第一外科部長であり、心臓血管外科専門の医師。

明るい社交的な性格で周囲からの評価も高いが、実は陰がある。

壇上虎之介/柄本明

壇上記念病院の院長で深冬の父。

一流脳神経外科医でありながら経営手腕を持った壮大を口説き、深冬と結婚させる。

心臓を患ってしまい、沖田のオペを受けたいという希望を口にする。

沖田一心/田中泯

沖田一光の父。
頑固だが根は優しく、息子を人知れず誰よりも誇らしく思っている。

人物相関図

ドラマ「A LIFE」相関図
※クリックすると大きくなります

主演のキムタクはSMAP解散後ソロになり、初の仕事というだけあって気合が入っているはずだ。。

そのキムタクをサポートするように、他のキャストも豪華な俳優陣が顔を揃えた。

この医療ドラマということだが、壮大なストーリーとなることが期待できるだろう。

以上がキャストとなる。

ドラマのキャストを紹介したので、次にストーリーを見ていこう。

ストーリー

医師として駆け出しの頃、病院を追われ、恋人を置いて単身アメリカに渡った外科医・沖田一光(おきたかずあき)。

技術を磨くためにひたすらオペ経験を重ね、知識を身につけて職人外科医となった。

10年後、かつての恋人の父に請われて日本に戻ってくることに。

沖田が不在の10年の間に、元恋人は病院の後継者として沖田の幼馴染でもある親友と結婚していた。

その親友は、10年前、沖田を病院から追い出す画策をした張本人だった。

ただ、沖田はそのことを知らない。

そして、彼を待ち受けていたのは再会した元恋人、親友、そして一癖も二癖もある医師や看護師たち・・・。

それでも、「たったひとつの命を救いたい」「かけがえのない人生を守りたい」その想いが沖田を突き動かす。

そして、医師として、人間としての想いが、知らず知らずのうちに彼を病院内でうごめくさまざまな人たちの思惑、そして親友との対立に巻き込んでゆく。

愛、欲望、友情、嫉妬、プライドが渦巻く病院で「愛しき人の命」「かけがえのない人生」を巡って繰り広げられるヒューマンラブストーリー。

引用元:TBS公式サイト/A LIFE~愛しき人~

スポンサーリンク

結末ネタバレ

ここからはドラマ「A LIFE~愛しき人~」最終回の結末ネタバレを公開しています。

このドラマは原作がない完全オリジナルストーリーとなっているので、現段階では物語の展開は予想となる。

脚本家は橋部敦子氏で、今まで手がけてきた作品は草彅剛主演の「僕…」シリーズなど数多くの感動作品を手がけてきた。

ちなみに感動作品はだいたい王道の結末を迎えている。

そして医療ドラマの脚本を手がけたこともある。

2011年に日本テレビ系で放送されたドラマ「ブルドクター」だ。

ちなみドラマ「ブルドクター」は本格的な医療ドラマというわけではなく、被害者の死因の隠蔽や捏造をテーマにして描かれたサスペンス要素が強く前に出ていたといえるだろう。

今回のドラマ「A LIFE~愛しき人~」はサブタイトルにも書かれている通り、「愛しき人の尊い命」をキムタク演じる沖田が守るという結末が想定できるだろう。

そしてその中でもう一つのテーマでもある「かけがえのない人生」を送るために、人それぞれに思いがあって人生においての難関をクリアしていかなければならないことを知るのだろう。

登場人物はほぼ全員エリートだが、何かしらの闇を抱えている。

それらを解決するために沖田が行動することによって、はじめは反沖田という気持ちが強かったが、徐々に沖田のことを認めるようになる。

しかし、沖田の親友だった壮大だけは沖田に対しての嫉妬の感情と野心が勝ってしまい、人一倍沖田の邪魔ばかりするのだった。

しかし、壮大が難しい心臓の病気を患ってしまい、命を失うピンチを迎えることになる。

そのオペを成功させるには沖田の技術が必要となるが、壮大は沖田の執刀を頑なに拒否する。

しかし沖田は壮大に「死んだらそこで終わり。かけがえのない人生なんだから生きてみろ!」と説得する。

壮大は沖田の言葉に応じ、沖田が執刀するオペをして命をつなぐことができた。

沖田は「愛しき人の愛しき人」を守ることができた。

やはり王道な結末かもしれないが、ラストは涙涙の物語なるのではないだろうか。

ネタバレ追記

田一光医師は10年前、当時務めていた壇上記念病院の院長に勧められ、アメリカ・シアトルの病院へと渡り外科技術を身に着けていた。

そして10年ぶりに壇上記念病院の院長・壇上虎之介の手術のため日本に帰国した。

現在、壇上記念病院の副院長を務めるのが、沖田の幼なじみ・壇上壮大だ。

壮大は名字からもわかる通り、虎之助の一人娘・壇上深冬と結婚して子供もいる・・・しかし深冬は沖田のかつての恋人だった。

壮大は外にはあまり見せないが、野心の塊で目的のためなら意地でもやるといった性格の持ち主。

沖田が職人技ともいえる手さばきで虎之介の手術を成功させると悔しがった。

壮大はこの手術が失敗すれば、病院が我が物になると考えていたようだ。

壮大の野望はひとまず失敗に終わった。

 

大はその後も次の手、次の手と病院乗っ取り計画に向けて動く。

そんな中で深冬の脳に腫瘍が見つかり、通常の手術では取り除けないとても難しい箇所にある。

そのオペを壮大は沖田に任せるという。

家族だから緊張で「いつもの動きができない、手が動かなくなる」といったことが起きるからだ。

沖田が深冬の脳腫瘍を取り除くための手術方法を考えるが、例のない箇所にあるため悩むが、さすがの沖田も手こずっていた。

そんな中、壮大の野心は止まらなく、暴走しすぎて大学時代からの友人で仲間だった外科部長・羽村圭吾医師や病院の顧問弁護士・榊原実梨も離反してしまう。

なんとか深冬の手術方法を思いついた沖田だったが、やはり壮大が手術すると言ってきた。

しかし深冬は沖田に「手術をお願いしたい」と壮大に申し出ると、壮大は「何でだ!何で俺じゃダメなんだ!」と怒りだした。

そんな中で羽村と榊原は壮大の悪巧み(病院乗っ取り)を虎之介に告発し、副院長の解任と共にクビが言い渡されてしまう。

 

大は反抗したが、それも虚しく「病院を去れ」と言われてしまい肩を落としながら、出て行った。

告発した羽村は自分も責任をとって辞めるという・・・そして沖田には「沖田先生が来てから彼は壊れ始めた」と言った。

壮大はヤサグレてしまい、実家で一人やけ酒をしたりと途方に暮れていた。

深冬のオペ当日、沖田と最高のメンバーで脳血管でバイパス、および3つのの脳腫瘍を取り除くという難しい手術にのぞんだ。

手術の結果としては「失敗ではないが、成功ではない」といったところ・・・バイパスはうまくいったが、3つの腫瘍のうち2つはキレイに取り除くことができるが、最後の1つが予想よりも奥の方にあったのと、これ以上開頭していると命の危険が迫っていたため、一度閉じて再度オペをすることに決めた。

深冬が目を覚まし沖田に「ありがとう・・・生きてる」と言うが、沖田は「再度オペをする必要がある」と真実を伝えると深冬も沖田に本当の気持ち(想い)を告白した。

スポンサーリンク

冬は自分の手術が命に関わるとても難しい手術であることを理解した上で、娘のことを考え「父親(壮大)が行なった手術で、もし母親の深冬が亡くなってしまったらどう思うだろう」と考え、沖田に手術を託そうと考えていたのだ。

沖田はそのことを伝えるため壮大のところに現れた。

沖田と壮大は親友に対する気持ちを話し合うと、壮大は沖田に劣等感があったようだ。

しかし沖田は沖田で壮大に「追いつくためシアトルに飛んだんだ」と劣等感を持っていたことを告白した。

最後に沖田は「とりあえず深冬のオペは3日後だから・・・深冬はお前を待ってる」と言い残し、その場を去った。

壮大は自分と深冬と娘・・・そして沖田の気持ちと向き合う・・・深冬の再手術当日、手術室に現れた壮大は沖田に「俺の気持ちを見せてやる」と伝えると、沖田は「よろしく」と二人は協力して「愛しき人」の命を救うことを決意した。

天才脳外科医(壮大)と天才職人医師(沖田)が手を組んだ手術はまさに「見事」の一言だった。

深冬の神経を何一つ傷つけず(後遺症は残らない)に最後の腫瘍を取り除くことに成功した。

手術後、目を覚ました深冬に沖田は「上手くいったよ・・・壮大が一緒にオペしてくれたから。あいつは誰よりも深冬のこと大切に想ってるから」と言った。

深冬は娘に「沖田先生とお父さんが治してくれたんだよ」と微笑ましい光景を見た虎之介は壮大のことを許し、壇上記念病院の副院長として復帰することになった。

沖田はさらに外科医の腕を上げるため、シアトルに戻ることに決め、壮大に伝えに行く。

すると壮大は虎之介から「深冬と病院を頼む」と言われたことを伝える・・・つまり壇上記念病院の院長を任されたのだ。

沖田は「お前だったら、良い病院作れるよ」と応援の言葉を残し壮大と別れた。

そして羽村医師は壮大から副院長に任命された。

沖田は最後に深冬に会いに行き「会えて良かった・・・じゃあ」と本当の気持ちは伝えずにシアトルに戻っていった。

そして沖田は今日も世界中の「愛しき命」を守っている。

 

・・・END

U-NEXTで視聴する!

ドラマ「A LIFE~愛しき人~」は、1話~最新話まで「U-NEXT」で配信されている。

登録後、最大31日間無料なので見逃しまった人もタダで見ることが可能だ。

U-NEXTの登録はこちら

その他のドラマ/ネタバレ

スポンサーリンク

 

本日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

出典元:www.tbs.co.jp

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで【ジョニタメ】をフォローしよう!