ドラマ「この声をきみに」

ドラマ「この声をきみに」最終回の結末ネタバレを公開しています。

見逃してしまった人や、あまり興味はないが内容や結末が気になる人もいるだろう。

ここではキャストに始まり、ストーリーのあらすじと最終回における結末のネタバレを公開するので参考になればと思う。

ちなみにドラマ「この声をきみに」はNHKで放送されるので、ドラマのストーリー1話~最新話まで 「U-NEXT」 で配信されている。

登録後、最大31日間無料なので、見逃しまった人もタダで視聴することが可能となっている。

U-NEXTの登録はこちら

スポンサーリンク

この声をきみに

まずはじめにドラマのキャストを紹介しよう。

役/キャスト

穂波 孝/竹野内豊

昔から数学に興味を持ち、現在は「結び目理論」専攻の准教授。

女子とデートをしても感情表現に乏しく「声はいいのに話が面白くない」となじられてきた。

江崎 京子/麻生久美子

講師の一人で、いつもニコニコしている。

がしかし実はネガティブで、恋愛恐怖症…過去に何か問題があったようで。

穂波 奈緒/ミムラ

孝の妻だが長女を出産後、孝のことを「夫として父としてダメな人種かも…」と考え始めるようになる。

穂波 定男/平泉成

孝の父で、孝には厳しく教育熱心に育ててきた。

現在は、一時的に養護施設に入所中

八坂 淳子/仁科亜季子

奈緒の母。

東原 正規/松岡充

孝の友人で、孝とは職場の大学の同期で教授でもある。

バンドが趣味。

五島 由紀夫/永瀬匡

孝の離婚調停を担当する弁護士。

過去に東原の教え子だったが、法学部に入り直し司法試験にも一発合格する。

佐久良 宗親/柴田恭兵

朗読教室の主宰者。

人気ラジオMCだったが妻の病気を機にフリーに転身している。

心の声を聴いてくれるカウンセラーのような存在。

福島 邦夫/杉本哲太

海運会社に勤めていて商船の船長をしている。

誰とでも打ち解ける明るい性格。

磯崎 泰代/片桐はいり

メーカーの有能な経理担当。

柏原 喜巳子/堀内敬子

噂好きで二人の息子がいる主婦。

稲葉 実鈴/大原櫻子

声優志望の学生。

河合 雄一/戸塚祥太

実家のコンビニでバイト生活を続けるフリーター。

熊川 絵里/趣里

メーカーのショールームに勤務。

 

以上がキャストとなる。

ドラマのキャストを紹介したので、次にドラマのみどころと物語のあらすじを見ていこう。

ストーリー

みどころ

連続テレビ小説「あさが来た」で、同枠ドラマ今世紀最高視聴率(関東平均値)を叩き出した、脚本家・大森美香が満を持して送るオリジナル作品、上質な大人のエンターテインメント。

そんな彼女がラブストーリーの舞台に選んだのが朗読教室。

「時代遅れ」のイメージもある朗読教室だが、声を出して心を開放する癒しの場として再評価され、若者にも密かなブームである。

声の交流を通して、主人公が女教師と「愛」や「人生」のレッスンを重ね、 個性的な生徒たちと一緒に、成長をしていく姿をキュートに、ロマンチックに描きます。

引用元:NHK公式サイト/この声をきみに

あらすじ

穂波孝(竹野内豊)は、偏屈な数学科の准教授。話すことが苦手で、学生からの人気もない。

愛想を尽かした妻・奈緒(ミムラ)は、子供と一緒に出て行ってしまう。

高校生向けの公開授業では、サービス精神のかけらもない講義をして、孝は話し方教室へ行くように命じられる。

そこで講師の江崎京子(麻生久美子)と思わぬことで口論になり、京子の上司・佐久良(柴田恭兵)になだめられる。

数日後、孝は京子と意外な場所で再会する…。

引用元:NHK公式サイト/この声をきみに

スポンサーリンク

結末ネタバレ

ここからはドラマ「この声をきみに」最終回の結末ネタバレを公開しています。

ドラマ「この声をきみに」は原作のないオリジナルストーリーなので現時点では、結末は予想となる。

孝と京子のラブストーリーが物語の大きな部分だろう。

舞台は「朗読教室」という地味な設定だが、現代のデジタル世界を考えるとアナログ世界のほうが人間味が伝わりやすいようにも思える。

その朗読教室に通う生徒たちは皆、外面では人との関わりを避けてきた人が多かった。

しかし朗読を通して人の思いや感情に触れ、つながりを感じ始める。

孝や京子もそうだった・・・孝は人生の中で「声」はいいと評価されてきたが、相手に自分の中身を評価されたことがなかったため反対に自分自身も評価したことがなかった。

京子は過去にトラウマがあり、そのため人という存在を毛嫌いしていたのだ。

それが朗読をしているうちに心が研ぎ澄まされ、人のキレイな部分も見えるようになっていき、同時に孝たちは人間力もアップしていく。

そしてついに孝と京子は惹かれ合うまでになっていた。

とはいえ、孝は既婚者で子供もいる。

しかし孝の不甲斐なさに妻の奈緒は愛想を尽かし家を出ていってしまい離婚調停までするが、「朗読」を通して人間力が高まっている孝を見て見直し離婚調停を取り下げる。

孝に想いを寄せる京子も妻子には勝てないと考え身を引こうとするが、そんな京子に孝は最後の朗読を京子に聴かせる・・・「この声をきみに」というように。

結末としては京子とは破局するが、妻とは仲直りして元の生活に戻るというなんとも言えない苦い感じになるのではないだろうか。

NHKのドラマ10らしいといえば、らしいストーリーと脚本家・大森美香氏に豪華キャスト陣。

このドラマは必見となるに違いないだろう。

U-NEXTで視聴する!

ドラマ「この声をきみに」はNHKで放送されるので、ドラマのストーリー1話~最新話まで 「U-NEXT」 で配信されている。

登録後、最大31日間無料なので、見逃しまった人もタダで視聴することが可能となっている。

U-NEXTの登録はこちら

その他のドラマ/ネタバレ

スポンサーリンク

 

本日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

出典元:http://www.nhk.or.jp

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで【ジョニタメ】をフォローしよう!