ドラマ「99.9刑事専門弁護士SEASONⅡ」

ドラマ「99.9刑事弁護士SEASONⅡ」3話あらすじとネタバレを公開しています。

見逃してしまった人や、あまり興味はないが内容が気になる人もいるだろう。

ここではキャストに始まり、ドラマ物語のストーリーと3話あらすじネタバレしていくので参考になればと思う。

< スポンサーリンク >

99.9~シーズン2〜

まずはじめにドラマのキャストを紹介しよう。

役/キャスト

  • 深山 大翔/松本潤
  • 佐田 篤弘/香川照之
  • 尾崎 舞子/木村文乃
  • 丸川 貴久/青木崇高
  • 明石 達也/片桐仁
  • 藤野 宏樹/マギー
  • 中塚 美麗/馬場園梓
  • 落合 陽平/馬場徹
  • 佐田 由紀子/映美くらら
  • 坂東 健太/池田貴史
  • 加奈子/岸井ゆきの
  • 戸川 奈津子/渡辺真起子
  • 志賀 誠/藤本隆宏
  • 深山 大介/首藤康之
  • 謎の男/佐藤勝利
  • 大友 修一/奥田瑛二
  • 川上 憲一郎/笑福亭鶴瓶
  • 斑目 春彦/岸部一徳

人物相関図

相関図「99 9 刑事専門弁護士SEASONⅡ」

以上がキャストとなる。

ドラマのキャストの次に物語の内容も見ていこう。

ストーリー

日本の刑事裁判では、 一度起訴されてしまうとその有罪率は99.9%・・・このドラマは最後の0.1%まで諦めず、事実だけを追い求めていく弁護士たちの姿を描いた物語である。

深山大翔は99.9%有罪とみなされた案件でも、残された0.1%の事実を自らが納得するまでとことん追及する超型破りな斑目法律事務所の若手弁護士だ。

深山とチームを組む敏腕弁護士・佐田篤弘2人は、ぶつかり合いながらも依頼された事件に隠された事実を暴いていく。

さらに元裁判官の尾崎舞子の存在・・・舞子は東京大学法学部在学中に司法試験に合格し、司法修習を経て裁判官に任官する。

刑事裁判の担当としてキャリアを重ねていったが、ある事件がきっかけで裁判官を退官してしまう。

そんな彼女が、裁判官を退官するきっかけとなったある事件の裏には、元上司にあたるエリート裁判官の存在があった。

そしてチーム斑目は、いずれこの男と対峙することになるが、その戦いの行方と深山が刑事専門弁護士を志望するきっかけとなり、SEASONⅠで事実を明らかにすることが出来なかった26年前の父の冤罪(?)事件の行方にも注目される。

3話あらすじ

人気ロック歌手・ジョーカー茅ヶ崎(宇崎竜童)がジャーナリスト・安田(伊藤高史)の殺人容疑、及び、その事件の目撃者・石川(安達祐実)の殺人未遂容疑で逮捕された。

茅ヶ崎の顧問弁護士を務める佐田(香川照之)は、焦った様子で何かを隠している模様。

接見に向かおうとする深山(松本潤)を必死で止めて、新たに斑目法律事務所の一員となった舞子(木村文乃)を担当に任命。

事件を追う中で、茅ヶ崎の賭博行為のネタを掴んだ安田から、茅ヶ崎が揺すられていたこと、そして佐田の指示でその事実を警察に言わず内緒にしていたことが判明する。

最終的にその事実が警察にバレてしまい、茅ヶ崎には安田を殺害する動機があったため故意に隠蔽していたとされてしまったのだ。

“依頼人の利益”を守ろうと策を講じた佐田のせいで、依頼人がピンチに立たされてしまったことを佐田に指摘し、攻め立てる深山たち。

しかも、殺人事件では目撃証言、殺人未遂事件では、凶器に茅ヶ崎の指紋があるという絶体絶命の状況!

そして、担当する裁判官は舞子の先輩だった山内(松尾諭)。

舞子の立場が変わり、今までの態度から豹変する山内に、舞子は裁判官と弁護士の間にある分厚い壁を感じる。

舞子の元上司で、山内の上長である東京地裁・所長代行の川上(笑福亭鶴瓶)は『お互いの立場で、対等にガンガンやり合えばいい』と激励するが…

崖っぷちに立たされた中で、深山と舞子は茅ヶ崎の無実を見つけ、佐田の窮地を救うことが出来るのか?

引用:TBS公式サイト/99.9刑事専門弁護士SEASONⅡ

< スポンサーリンク >

3話ネタバレ

ここからはドラマ「99.9刑事専門弁護士SEASONⅡ」3話ネタバレを公開しています。

気ロック歌手・ジョーカー茅ヶ崎がジャーナリスト・安田尚樹の殺人容疑と、その事件の目撃者・石川敦子の殺人未遂容疑で逮捕されるが、茅ヶ崎は両事件ともに否認している。

茅ヶ崎の顧問弁護士を務める佐田は焦った様子で何かを隠している模様で、接見に向かおうとする深山を必死で止めて、新たに斑目法律事務所の弁護士となった舞子を担当に任命する。

事件を追う中で、茅ヶ崎の賭博行為のネタを掴んだ安田から茅ヶ崎がゆすられていたこと、そして佐田の指示でその事実を警察に言わずに隠していたことが判明し、その事実が警察にバレてしまい、茅ヶ崎には安田を殺害する動機があったため隠蔽していたとされてしまうのだった。

さらに安田が殺された現場のビルから出てきたのを目撃したと証言したのが石川でその腹いせに、茅ヶ崎が就寝中の石川を凶器で頭を殴りつけ殺害しようとしたんだという・・・石川はなんとか一命は取り留めるが重傷には変わりはない。

「依頼人の利益」を守ろうと策を講じた佐田のせいで、依頼人がピンチに立たされてしまったことを佐田に指摘し、攻め立てる深山たちだったが結局、この事件には深山・舞子コンビが担当弁護士となり事実をつきとめることとなる。

この殺人事件には石川の「目撃証言」、殺人未遂事件では「凶器に茅ヶ崎の指紋がある」という・・・これを紐解かないと事実にはたどり着けないと考えた深山たちは調査を始めた。

まず目撃証言から崩そうと試みた深山は石川の細かい動作から石川が「目が悪い」ことに気づき、一つの細工をして「目撃証言」は嘘だと見抜いた。

次は 「凶器についた茅ヶ崎の指紋」・・・ちなみに凶器となったのは石川の婚約者・村野正義とお互いで購入して、二人の写真を入れ石川の部屋に飾ってあった「モアイ像の写真立て」で、茅ヶ崎は「そんな物は見たことも、もちろん触ったこともない」と言う。

すると舞子はもう一つ同じ「モアイ像の写真立て」の存在に気づいた・・・それは石川の婚約者・村野が所持している物のことだ。

実は石川と村野が持つ写真立ての裏には「相思相愛」と書いていたが、石川はこっそり村野の方にだけ「相思相も愛(ソウシソウ・モアイ)」とダジャレ的な意味を込め勝手に書き込んでいたのだった。

裁判官は舞子の先輩だった山内徹がこの事件を担当する。

舞子は裁判官から弁護士に立場が変わり、今までの態度から豹変する山内に、舞子は裁判官と弁護士の間にある分厚い壁を感じていた。

それでも舞子の元上司で、山内の上長である東京地裁・所長代行の川上は「お互いの立場で、対等にガンガンやり合えばいい」と二人を激励してくれるのだ。

< スポンサーリンク >

山(実際の弁護は舞子が担当)は法廷で石川に「目が悪いから目撃証言は嘘」だということと、「凶器は本当にあなた(石川)の物」だったのかを確認させると、その写真立ての裏には「相思相も愛」と書かれていたことで、石川は「婚約者が私を殺そうとした」と悟り全て真実を語り始める。

そして石川は「裁判長(山内)、申し訳ありません・・・私が嘘をついていました。茅ヶ崎さんは犯人ではありません」と断言した。

これによって茅ヶ崎は「無罪判決」が言い渡される・・・これは裁判官・山内が公正公平に裁いてくれた結果でもあったのだ。

舞子が法廷を出る時に裁判官・川上とバッタリ会い「無罪」を勝ち取ったとして褒められると、「仲間の弁護士(深山)のおかげです」と言い、舞子はその場を後にする。

真犯人は石川の婚約者・村野で、ジャーナリスト・安田にインサイダー取引の情報を握られ、脅されていて殺害を計画し、たまたま安田の事務所ではち合わせた茅ヶ崎も安田から脅されていることを知った村野は、殺人の罪を茅ヶ崎になすりつけようとした。

その目撃者に石川を仕立てたが、事情聴取後に弱気になってしまった石川を口封じのため村野が石川を殺害しようとした・・・凶器についた指紋はお揃いのモアイ像の写真立てを利用し、ガラスと裏の板を他の写真立てと取り替えて、それに茅ヶ崎の写真を入れ「サイン」をもらうフリをしてその時に茅ヶ崎の指紋を採取していた。

その後村野はガラス面に書いてあった茅ヶ崎のサインを消し、ガラスと裏の板を凶器となったモアイ像の写真立てに戻し、それを使って村野は石川を殺害しようとした、というのが今回の事件の真相だった。

裁判官・川上は深山のことを「仲間」だという舞子に腹の虫がおさまらなかったのか、今回の事件も公正公平に裁いてくれた裁判官・山内徹は川上の指示で北海道へ急に異動することになる ・・・いわゆる「左遷」だ。

それでも山内は「どこに行っても僕のやることは同じだ・・・法と良心に従って頑張るよ」と希望を持って自分の道を進むことを宣言し、行ってしまった。

こうして舞子は裁判官の世界の窮屈さを感じながらだが、これからは弁護士としてそういった世界とも戦わなければいけないということを考えていた。

 

・・・4話に続く

その他のドラマ/ネタバレ

< スポンサーリンク >

 

本日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

出典元:https://twitter.com*http://www.tbs.co.jp

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで【ジョニタメ】をフォローしよう!