ドラマ「僕のヤバイ妻」

前回アドキシン料理を誤って食べてしまった北里杏南を自分が殺してしまったと苦しく悶え、それに耐えられなくなった幸平は警察に事実を自供する。

しかし、実は杏南は真理亜からもう一度幸平とやり直したいからと土下座をされ、その真理亜の熱意に負けたのか幸平を裏切って幸平の前で死んだふりをしていたため杏南は死んでいなく生きていたのである。

そして、僕のヤバイ妻最終局面では鯨井和樹が望月家に対して杏南を殺したという脅迫状を出したことから、幸平と真理亜の仮面夫婦と隣人の鯨井和樹と鯨井有希の偽物夫婦の2億円争奪バトルがついに始まるのである。

今回の8話は前回と同様に読めない展開が多く、相変わらずのスリリングなシーンが盛りだくさんなので、まだ僕のヤバイ妻8話をご視聴されてない方は是非ご覧になることをオススメします。

スポンサーリンク

ドラマ「僕のヤバイ妻」第8話ネタバレ

※以下は「僕のヤバイ妻」8話のネタバレを公開しています。

緒方殺しの真犯人!?

んと緒方を殺した真犯人は今回の一連の事件と接点が少ないと思われた鯨井有希であった。

鯨井有希は緒方と真理亜が家のガレージで揉めている所を目撃し、緒方が2億円を持っていると思ったことから緒方を追跡し、緒方が生活する部屋に忍び込んだのですが、ちょうど緒方が戻ってきてしまったため、揉め合いになり最終的に緒方を窓から突き落としたのである。

私個人的に鯨井有希は杏南を後ろから突然襲った時、もしかしたらこいつが緒方を殺したのではないかなと思っておりまして、鯨井和樹が靴を隠した感じからやっぱり犯人は鯨井有希やったんだなと思いました。

これで鯨井有希は僕のヤバイ妻の中でもっともヤバイ偽物妻に昇格ですね。

一方の鯨井和樹は鯨井有希が緒方を殺したのを薄々勘付いていたようで、幸平の家を盗聴していた時に警察が靴のことを話していたのでとっさに鯨井有希の靴を隠し、鯨井有希をかばったのである。

鯨井和樹はなんで金もない見栄っ張りで使えない鯨井有希を救ったのだろうか?

それは鯨井有希に2億円を奪うための協力をさせるためであったからである。

本当鯨井和樹も鯨井有希と同様に人間が腐っていますよね。

これでついに僕のヤバイ妻最終バトル望月家VS鯨井家の構造が出来上がり、再び私達視聴者をハラハラさせてくれる展開が始まるのである。

仮面夫婦VS偽物夫婦 前編

日、望月家のポストに鯨井家からの脅迫状(この時点では真理亜達は誰の仕業か知らない)が入れられており、幸平はパニックになりながら会社に向かう一方で真理亜はこの新たな敵を潰すために動き出すのである。

まず真理亜は以前2億円を奪ったこともあり杏南を毒殺した時に家に来て何か勘付いた横路に会いに事務所へ行き、横路に躊躇なく脅迫の手紙を見せるが、横路は「残念だが今回は俺じゃない」と答える。

真理亜はその横路の言葉を信じると、真理亜は幸平が横路に依頼していた木暮の調査資料をもらい、さらには脅迫状の真犯人を見つけるため、盗聴器を探し出す道具を借りるのである。

私はこのシーンを見て思ったのが、真理亜が横路からの脅迫状の犯人でないということをすぐに信じたのは、この時点で別の人間が犯人でないかと目星を立てていたかのように見えました。

それに横路に関しても、いきなり真理亜が事務所に来てなんの躊躇もなく2億円の脅迫状を出したのはお前かと疑われて普通の人間やったらいい気分はしないのに、その後のよく盗聴器を疑ってきた真理亜に何事もなく渡したという神経は、私からしたらちょっと理解ができないなと思いました。

さらに真理亜に関してもよくあんな短時間で家が盗聴されているなんて気づいたなとこの毎度ながらの賢すぎるのも私的に理解ができないですね。

一方の鯨井家では、鯨井和樹は警察に昨日の今日で仕事を休むのは疑われると鯨井有希に言ってアルバイトに行くから何かあったらすぐに電話するようにと言い、それまでは鯨井有希に引き続き真理亜の家での盗聴器で会話を聞くように言ってアルバイトに行くのである。

真理亜は横路の事務所から戻るとまず盗聴器の在り処を横路から借りた機械を使って探し出し、次に真理亜は真犯人のために?シフォンケーキを焼き始め、ケーキが完成すると盗聴器に向かって「シフォンケーキが焼けたので一緒に食べにきませんか」と脅迫状の犯人に向かって話かけるのである。

それを聞いていた鯨井有希はビックリし、鯨井和樹に急いで電話をするがタイミングが悪く鯨井和樹はちょうど警察とのやり取りのため電話にでられず、鯨井有希が落ち着かない様子でソワソワしていると、なんと真理亜がシフォンケーキを持って家のチャイムを鳴らしてきたのである。

最初にこのシーンを見て私はなぜ鯨井有希が盗聴器を仕掛けたのを真理亜がすぐに断定できたのかずっと疑問に思っておりました。

私がそう思ったのは真理亜に対しては鯨井有希が今回の2億円を奪う行動とかを見せていなかったので、真理亜がどうやって鯨井有希までにたどりついたのかという疑問があったからである。

ただ後ほどのシーンで気づいたのですが、真理亜は警察が家に来た時に見せられた靴の写真を見て、あの靴は鯨井有希の物と知っていたから脅迫状を出してきたのが鯨井有希と繋がったのかと判明して個人的にスッキリしました。

そして、真理亜は緒方殺しでもあり脅迫状差出人の鯨井有希の家に到着し、ついに2億円の奪い合いの最終バトルの火蓋を開けようとしていた。

スポンサーリンク

仮面夫婦VS偽物夫婦 後編

理亜は鯨井有希の家に入り、2億円の脅迫状について話す前に自分の焼いたシフォンケーキをテーブルにおいてくつろいだ様子で飲み物を飲み始めます。

一方で幸平はお店で警察から杏南のことを聞かれていて、杏南を殺したことがよほど耐えられなかったのか警察に自分が北里杏南を殺したと自供してしまいます。

幸平が警察に連れて行かれたと真理亜宛にお店の従業員から電話があり、そのことを聞いた真理亜は「ここまでか」と言い、一瞬誰かにメールを打ち、大胆にも鯨井有希に脅迫状の紙を顔の目の前に思いっきり見えるように見せつけ、「これ書いたの有希さんでしょ」と真理亜は鯨井有希にぶっちゃけます。

実は真理亜がこのメールを打った相手はなんと死んだはずの杏南であって、真理亜は幸平が杏南を殺してしまった自責の念に耐えられなく警察に自供してしまうかもというケースも想定していて、この真理亜の色んなケースを想定して冷静に対応していく姿にはいつも感服いたします。

しかし、真理亜は死んだふりをしていた杏南を使って幸平を警察から助け出したのは本当の切り札だったみたいで、この切り札は幸平を真理亜と杏南で騙していたということになるので、真実を知った幸平はもちろん激怒するし、完全にヨリを戻したい真理亜にとって完全に夫婦の仲を壊してしまう痛手の一手になってしまったのは間違いないだろう。

話は鯨井家での真理亜と鯨井有希の直接バトルに戻りまして、真理亜は鯨井有希に「こんな脅迫状は意味ないんです」、つまり北里杏南は死んだふりをしていただけだからその脅迫状は脅しにならないということなのです。

続けて真理亜は「緒方君を殺したのは有希さんでしょ」と、以前事件当時に履いていた靴は夫の和樹からもらって自慢していたからわかったと言い、「まさか有希さんによって計画を壊されるとは」と真理亜は本当に緒方が死んでしまったことで、幸平とのヨリを戻す計画が崩れてしまったことを明かす。

そして、最後に鯨井有希にとって一番言われたくない言葉「偽物夫婦」と真理亜に言われ、真理亜は緒方を殺した犯人を警察に全部話すと言って鯨井家から出ようとすると鯨井有希に後ろからナイフで刺されるのである。

その刺されたすぐ鯨井和樹が急いで家に戻ってきて鯨井有希に向かって「何やってんの」と言うが、鯨井有希は「もうこうするしかなかった。2億円を奪ったら、あんたには一生夫を演じてもらう」という強烈な一言を言われるのである。

ここに来て一番ヤバイ人物が鯨井有希になり、正直鯨井有希のような逆上したら何をしでかすか分からない人間ほど怖い人はいないと私は思います。

やはり普段いい人って感じで見せている人間ほど色々周りの評価を気にしているので、私も現実的にそういう風な人には発言を気つけていこうと思った次第です。

僕のヤバイ妻9話感想と最終回のストーリー予想

まず私自身一番驚かされたのは杏南が生きていて、幸平を騙して真理亜と組んでいたことが今回一番驚かされました。

そして、最後の最後で真理亜は鯨井有希にナイフで刺されるという事態になって、真理亜ほどの賢い人間がなんで鯨井有希に襲われるかもという事態を想定しなかったのかというのが個人的に今でも納得がいかないです。

ただ、もしかするとこの鯨井有希に襲われることも想定ないでまだ真理亜は何か企んでいるのではと思わせられるのが今作品の真理亜であって、それが次週の楽しみの一つでもあります。

そして、最終回の個人的なストーリー予想として、自宅に戻った幸平は真理亜と杏南による芝居によって完全に怒っていて、自宅のテーブルの上にあった妻を誘拐したという脅迫状を見て、またあいつは証拠にもなく俺を馬鹿にしやがってみたいな感じだったので、8話の最後のシーンからは幸平は真理亜を助けに行かず見捨てそうな感じがします。

しかし、次週の予告で公平は真理亜の身代わりになって倒れていたので、杏南か横路または重要人物でありながらあまり出番のない小暮から真理亜の幸平を愛する気持ちを伝えられ、そのことを聞いた幸平はたまらず真理亜を助けに行くのではと予想しております。

いずれにしても僕のヤバイ妻という作品は視聴者の想像と違った展開を毎度見せてくれるので、僕のヤバイ妻最終回は皆さんも是非ご覧になるべきだと私はオススメ致します。

 

スポンサーリンク

 

本日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

出典元:出典:www.ktv.jp

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで【ジョニタメ】をフォローしよう!