「モンタージュ三億円事件奇譚」

週刊ヤングマガジン連載の渡辺潤氏さん原作漫画をモチーフにした、俳優の福士蒼汰さんと女優の芳根京子さんのダブル主演スペシャルドラマが6月25日に前編、6月26日には後編が放送された。

連日にわたっての放送ということもあり、見逃してしまった人も多いと思う。

ここでは、主な登場人物とストーリーのあらすじ、そしてドラマの結末ネタバレを公開していく。

スポンサーリンク

ドラマ
【モンタージュ 三億円奇譚】
のキャストとあらすじ

まずはドラマに出演したキャストと登場人物の簡単な紹介をしていく。

メインキャスト

鳴海大和/福士蒼汰

父鉄也が三億円事件の犯人だと東海から言われたのをきっかけとし、事件を解決しようとするが逆に殺人の容疑者として逃亡生活をするハメとなる。

小田切未来/芳根京子

大和と同様にやってもいない殺人の容疑で逃亡生活をするハメとなり、大和がピンチの時に得意の剣道で大和をサポートしていく。

鈴木泰成/劇団ひとり

未来の父親の剣道場の門下生で、大和と未来のピンチを何度も救う予備校講師。

関口二郎/遠藤憲一

殺人の容疑者にして、三億円事件の証拠を消そうとする大物政治家沢田慎之介の命令で動く悪徳刑事。

響子ギブソン/夏木マリとホラン千秋

鉄也とともに三億円事件に関わっていたという沖縄でバーを営む女性。

香川照之が演じる元府中南署の刑事の東海林明(70才)。

大和にお前の父親が三億円事件の犯人だと告げた後息を引き取った老人。

鳴海鉄也/唐沢寿明

2009年に東京で水死体として発見され、三億円事件の犯人とされていた大和の父親。

鳴海鉄也は偽名であり、本名は川崎雄大。

小田切武雄/デビット伊東

鉄也の形見の剣道着からメモを見つけ、三億円事件について知ってしまったため妻とともに誘拐される。

沢田慎之介/西田敏行

現在では民和党の幹事長を務める大物政治家。

三億円事件を大和の父親の鉄也とともに首謀した人物。

川崎雄大/野村周平

鳴海鉄也と同一人物で、のちに大和の父親になる存在。

望月竜/渋谷謙人

響子にプロポーズをしていて、川崎雄大とともにバーで働いていた。

横溝保/瀬戸利樹

鈴木泰成の父親で、望月竜と不良仲間で雄大達が働くバーによく遊びにきていた。

井上和子/門脇麦

川崎雄大と付き合いをしていたが、学生運動に巻き込まれ亡くなってしまう。

スポンサーリンク

以上がキャストとなる。

キャストを登場人物像を紹介したので、次にあらすじ・ストーリーを紹介していく。

あらすじ・ストーリー

1968年12月10日に東京都府中市で発生した20世紀最大の未解決事件である三億円事件絡みで、福士蒼汰演じる鳴海大和とヒロインの小田切未来が謎解きを行いながら事件に巻き込まれていく物語である。

2009年当時地元の長崎の高校に通う大和と幼なじみの未来は通学路の途中に血まみれで倒れていた瀕死の老人の東海林明から大和の父親である鳴海鉄也は三億円の事件の犯人だと告げられ、大和は真意を聞こうとするがその前に林明は亡くなってしまう。

更にその夜から姿が消えていた父鉄也が東京の海で水死体として発見される。

父が亡くなってから時間が流れ、フリーターとして日々時間を過ごす大和は父親の形見の剣道着から血痕付きの旧五百円札を見つけ、その血痕の付いた五百円札は三億円事件で奪われた紙幣と一致することから7年前に東海から告げられた三億円事件について調べ始める。

また未来の父親の武雄も鉄也からのメモを発見するのだが、突如武雄と未来の母が失踪してしまい、夫妻の失踪を心配した大和と未来はその武雄が見たメモを見つけ、小田切夫妻を追ってメモに書かれていた軍艦島へ行くがそこに二人の姿は無かったが、大和と未来はその軍艦島のメモの位置付近で三億円事件で奪われた紙幣を見つける。

大和と未来は三億円を持って軍艦島からボートで戻るとただならぬ雰囲気を持った長崎の刑事である関口二郎とヤクザの山田という人間に会い、間一髪未来の父親門下生の予備校講師の鈴木泰成にその場を救われる。

ただ、大和と未来を逃した関口は貸しボート屋の店主を殺害し、その殺人の罪を大和と未来に擦り付けるのである。

そして、やってもいない殺人の罪で警察に追われる大和と未来は長崎から福岡、さらには東京へ逃亡をしながら三億円の事件や父親の死亡原因について調べて行き、二人は様々な人と出会いながら真実を突き止めていくのである。

結末ネタバレ…事件の真相

ここからは、ドラマ【モンタージュ三億円事件奇譚】のネタバレを公開しています。

鳴海大和と小田切未来は逃亡する中で三億円事件にかかわっていた人間と出会うことで、三億円事件の真相を突き止めていった。

そして、軍艦島に呼ばれた大和と未来は鈴木泰成から川崎雄大と沢田慎之介は軍艦島出身であることを聞かされ、そこに民和等の幹事長の沢田慎之介や7年前に死んだと思われていた大和の父鳴海鉄也が現れ、謎であった三億円事件についてついに真実が解き明かされていく。

三億円事件の犯人は東海の言う通り当時川崎雄大を中心としたメンバーが犯人であった。

当時学生運動などで治安が不安定だった日本を変えるため、沢田慎之介は川崎雄大とともに三億円事件を起こして、沢田は三億円事件をきっかけとして自分の地位を高めていった。

だが、沢田にとって三億円事件は様々なトラブルによって失敗に終わってしまう。

それは三億円事件当時、見事に三億円を奪った雄大と竜は沢田が待つ場所へ三億円を持っていくが、沢田は公安の須黒から口封じのため雄大と竜の始末をするように言われていた。

二人を口封じのため沢田は二人を殺そうとするが、沢田慎之介を竜がナイフで切りかかり沢田の血痕が旧五百円札に飛び散り、須黒は沢田に切りかかった竜と雄大を銃で撃って重傷を負わせた。

この時三億円の一部に沢田の血痕と望月竜の血痕が残ってしまったことが、沢田にとって不利な証拠になってしまう。

そのため、沢田は関口二郎を使って、三億円事件の真実を暴こうとした東海林明を殺害し、大和の父鉄也も殺そうとし、時効となっている現在でも三億円を持つ大和と未来を始末しようとしていた。

一方の川崎雄大も三億円事件後沢田の赤ん坊を奪い去り、赤ん坊を人質に沢田に三億円の要求をする。

ただ、ここで鉄也にとって一つの誤算が生じる。

それは沢田の赤ん坊と雄大が鳴海鉄也として人生を歩み始めた時鳴海鉄也にいた赤ん坊が

同じ施設で預けていたことから、二人は大人になり結婚をしてしまう。

その二人の子どもが小田切未来であった。

川崎雄大も三億円事件によって沢田慎之介を苦しめ様々な人間の人生を狂わせてしまった。

本当は三億円事件で沢田慎之介と川崎雄大が日本を変えるという目標から、いつの間にかに様々な人間が怪我や死亡してしまい、いつしか自分達を半世紀たった今でもお互いを苦しめてしまう事件となってしまったのである。

結末として沢田慎之介は三億円の首謀者として世間に話、鳴海大和と小田切未来は無事に逃亡生活を終えて、二人で新しい道をつくっていくのである。

FODで視聴する!

このドラマはフジテレビで系で放送されるので、FOD(フジテレビオンデマンド)で視聴できる。

登録後、最大1ヶ月間無料なので見逃しまった人もタダで見ることが可能だ。

FOD登録はこちらから

 

ドラマを映像ではなく文字で読みたい方へ…ネタバレまとめ【随時更新】

スポンサーリンク

 

本日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

出典元:www.fujitv.co.jp

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで【ジョニタメ】をフォローしよう!