金曜ドラマ『神の舌を持つ男』

神の舌を持つ男はTBSで7月8日~で毎週金曜日22時から放送されるコミカルミステリードラマである。

ここでは、キャスト情報からあらすじ、ネタバレと公開していくので参考になればと思う。

スポンサーリンク

金曜ドラマ「神の舌を持つ男 」

まずはキャストと番組制作陣の紹介からしていく。

メインキャスト

向井理:朝永蘭丸

舌にのせたものを分析して事件を解決していく主人公

木村文乃:甕棺墓光

2時間サスペンスドラママニアのウザカワ女

佐藤二朗:宮沢寛治

暴走しがちな2人をまとめる男

 

といったキャストが中心となる。

番組制作陣

脚本:櫻井武晴

「相棒シリーズ・科捜研の女シリーズ・ATARU・ヤメゴク」などを手がけてきた

演出:堤幸彦

「SPEC・ケイゾク・TRICK・池袋ウエストゲートパーク」などを手がけてきた

プロデューサー:植田博樹

演出の堤幸彦とSPECやケイゾクのドラマをともに手がけてきた

 

といったように実績のあるメンバーで「神の舌を持つ男の」ドラマを制作していく。

しかし、こうも実績者が集うドラマには楽しみという期待感しか沸かない。

次にストーリーやあらすじを紹介していく。

ストーリーと第1話あらすじ

神の舌を持つ男の物語のスタートは、ひょんなことから知り合った3人の男女が一台のボロ車に乗って温泉宿で寝食を共にしながら、謎の温泉芸者「ミヤビ」を探し求めて日本全国を旅するコミカルミステリーという物語の内容となる。

まず3人は栃木県奥日光にある湯西川温泉という平家の落人伝説が伝わる温泉街に到着することになる。

3人が宿に到着すると謎の温泉芸者であるミヤビが謎の男と立ち去っていくところに遭遇し、3人は慌てて後を追いかけようとするものの、ボロ車がガス欠を起こしてしまいその場で立ち往生してしまう。

どうしようもない状況に陥った中で寛治は宿の女将の美鈴に三助として垢すり・湯かけ・肩もみをするから1泊できないか無茶な交渉し、どうしようもない状況を打破しようとする。

そんな寛治の交渉の最中に近くの川で死体が発見され、神の舌を持つ朝永蘭丸を中心に3人はこの事件を解決していくことになる。

スポンサーリンク

金曜ドラマ「神の舌を持つ男 」最終回ネタバレ

※以下はドラマ「神の舌を持つ男」最終回ネタバレを公開しています。

神の舌を持つ男は原作がなく完全オリジナルストーリーなので、最後までどんなクライマックスを迎えるのか分からないため、私たち視聴者は最後の最後まで予想できない展開を楽しめるのではないだろうか。

最終回ネタバレ予想

私個人としての最終回予想としては、3人が追い求めていた謎の温泉芸者ミヤビと直接対決をするのか、それともミヤビに関わる物語最大のミステリー事件を解決することになるのではと思う。

そして、3人がミヤビの元に辿り付いた時、当初3人がミヤビを探すきっかけに関して何かしらの結末をそれぞれ迎えて、一緒に旅をして様々な事件を乗り越えた3人はまた新たな事件を解決するために歩みだすのではないかと思う。

この物語ではミヤビという存在が最大の重要人物であることは間違いないと思うので、物語が進むにつれてミヤビについての謎が解かれていくことから、私達も神の舌を持つ男のクライマックスの予想が徐々に想像つくのではないだろうか。

 

スポンサーリンク

本日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

出典元:www.tbs.co.jp

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで【ジョニタメ】をフォローしよう!