ドラマ「義母と娘のブルース」

ドラマ「義母と娘のブルース」最終回の結末ネタバレを公開しています。

見逃してしまった人や、あまり興味はないが内容や結末が気になる人もいるだろう。

ここではキャストに始まり、ストーリーのあらすじと最終回における結末のネタバレを公開するので参考になればと思う。

< スポンサーリンク >

義母と娘のブルース

まずはじめにドラマのキャストを紹介しよう。

役/キャスト

  • 岩木 亜希子/綾瀬はるか
  • 宮本 良一/竹野内豊
  • 麦田 章/佐藤健
  • 宮本 みゆき/横溝菜帆
  • 友井 智善/川村陽介
  • 西条 乙女/橋本真実
  • 猪本 寧々/真凛
  • 宮本 愛/奥山佳恵
  • 田口 朝正/浅利陽介
  • 笠原 廣之進/浅野和之
  • 下山 和子/麻生祐未

人物相関図

相関図「義母と娘のブルース」

以上がキャストとなる。

ストーリー

ドラマのキャストを紹介したので、次に物語のあらすじを見ていこう。

あらすじ

数年前に母親を亡くし、父親の 良一 (竹野内豊) と父一人子一人で生きてきた 宮本みゆき (横溝菜帆)。

そんな彼女の前にある一人のキャリアウーマンが現れる。

彼女の名前は 岩木亜希子 (綾瀬はるか) 。

業界トップシェアの金属会社・光友金属の営業部長を務める彼女は、みゆきの新しい義母になる女性であった。

そんな亜希子とみゆきの初対面の日。

亜希子はみゆきに名刺を差し出し、「私、このような者にございます」 と挨拶するが、みゆきは 「私、この人嫌い」 と一蹴。

「初手の5分で心をつかめなければ、そのプレゼンは失敗です」 謎の封筒を置いて帰ってしまう亜希子。

亜希子が来ることを聞かされていなかったみゆきは良一をギロリ。

慌てふためく良一はみゆきを必死に説得するが逆に言い負かされてしまう。

亜希子の義母としての初陣は、あえなく惨敗に終わるのだった。

しかし、“戦国部長” の異名を持つ亜希子は、このままでは終わらない。

百戦錬磨のビジネス経験を活かし、みゆきの心をつかもうとありとあらゆる策を練る。

児童心理学の書籍を読み漁り、みゆきを知る人間に片っ端からリサーチをかける。

会社の後輩・田口朝正 (浅利陽介) をも巻き込み、とっておきの作戦を立てる。

一方、下山不動産の噂好きおばちゃん・下山和子 (麻生祐未) に、「再婚は早いのでは?」 と釘を刺されてしまう良一だが亜希子への想いを語る。

みゆきの牙城を崩すためのヒントをもらおうと下山の元を訪れる亜希子。

「あんたの味方はできないよ。私はみゆきちゃんの味方」 と言い張る下山に亜希子は… !?

その頃、光友金属を訪れていたバイク便の青年・麦田章 (佐藤健) に荷物を託す田口。

威勢よく飛び出し行く麦田にどこか違和感を覚える田口。

この違和感は、後にとんでもない被害に発展する…!?

果たして亜希子は、みゆきに受け入れられるのだろうか !?

義母として、認められるのだろうか !?

本作は、一生懸命仕事をしてきた女性が、一生懸命母親になろうとする物語である。

そして、亜希子さんを受け入れるべきか一生懸命考える娘、一生懸命見守ろうとする父親の何気ない日常の物語である。

そんな日常には、喜びや、悲しみ、そして奇跡が溢れている。

引用元:TBS公式サイト/義母と娘のブルース

< スポンサーリンク >

結末ネタバレ

ここからはドラマ「義母と娘のブルース」最終回の結末ネタバレを公開しています。

このドラマには原作漫画「義母と娘のブルース」があるので、同じような展開で物語は進み同じような結末になることが予想される。

原作漫画では一人の女性がバツイチ子持ちの男性と結婚する…しかし女性は簡単に娘に認めてもらうことはできない。

そしてその女性が義母となるため(母と認めてもらう)に、娘との10年間の奮闘記が描かれている。

ちなみに続編で漫画「義母と娘のブルースFinal」があり、その後さらに20年間(合わせて30年)が描かれている。

漫画の結末としては娘が母と認めるところに落ち着くが、何せ漫画といってもすべて4コマ漫画で10年間の奮闘記が描かれているため細かい描写はわからないというのが現実だ。

念のためあらすじを解説すると、キャリアウーマンの岩木亜希子が妻を亡くしたバツイチの宮本良一と結婚し、良一の小学生の娘・みゆきの義母になるまでの物語となっている。

仕事一筋だった亜希子は子供の接し方がわからず、初対面のみゆきに自分の名刺を渡し堅苦しい挨拶をし「変な人」だと思われ悪印象を与えてしまう。

その後も亜希子はみゆきの心を掴むため児童心理学書を読みあさったり、みゆきを知る人にリサーチをかけたりするがなかなか上手くいかない。

さらにみゆきとの時間を少しでも一緒に過ごすため、仕事を辞め専業主婦になり家事も育児も独特なやり方でこなしていく。

しかし亜希子と良一には秘密があった…実は二人は仮面夫婦として結婚していたのだ。

良一は妻に先立たれてから一人でみゆきを育ててきたが、良一も病魔に侵され余命わずかと宣告されてしまう…娘を残していかなければならない将来を考え泣いていた時に、ライバル会社の亜希子と出会う。

一方、独身の亜希子は仕事一筋だったがどこか寂しさを感じていた…そんな二人は「良一は娘を亜希子に託す」こと「亜希子はみゆきを守っていく」ことで利害が一致し結婚することとなったのだ。

しかし仮面夫婦だった二人は一緒に過ごしていくうちに、次第に惹かれ始めお互いを愛するようになり本物の夫婦になっていく。

そんな矢先、良一の体調が悪化し亡くなってしまう。

亜希子からすれば「最愛の夫」、そしてみゆきからすれば「大好きな父」を亡くしてしまったことで残されてしまった二人は、良一の死を通してお互いの大切さや尊さを再確認し、ぎこちなかった二人は心から相手を信頼できるようになっていく。

ここまでが漫画の結末となっているが、ドラマでは「成長した娘が結婚式で母(義母)と過ごした日々に感謝する」という感動のラスト結末となることが考えられるだろう。

原作

原作は漫画家・桜沢鈴氏によるドラマと同名の漫画「義母と娘のブルース(全1巻)」で、義母が娘に認められるまでの10年間の奮闘を、続編に「義母と娘のブルースFinal(全1巻)」があり、二人のその後20年間が4コマ漫画で描かれている。

ちなみに、電子書籍で漫画「義母と娘のブルース」を読むなら「U-NEXT」で読むのがオススメである。

というのも「U-NEXT」では、新規登録時にもらえる600ポイント(継続するとそれ以降は毎月1200ポイント)で、「義母と娘のブルース」を1冊まるまる無料で読むことが可能だからである。

なお「BookPlace Reader」という無料の専用アプリが必要となっているので、Google PlayまたはApp Storeにアクセスしてダウンロードしてから使ってほしい。

U-NEXT電子書籍専用アプリはこちらから

「U-NEXT」では他にも、動画コンテンツ(映画・ドラマ・アニメなど)に加えて、雑誌読み放題など電子書籍以外のコンテンツが豊富なのも魅力的だといえるだろう。

U-NEXTの登録はこちら

その他のドラマ/ネタバレ

< スポンサーリンク >

 

本日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

出典元:http://www.tbs.co.jp

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで【ジョニタメ】をフォローしよう!