水曜ドラマ「家売るオンナ」

2016年7月13日水曜日よる10時からドラマ「家売るオンナ」が放送とされる。

毎週水曜日の放送される連続ドラマだが、「家売るオンナ」はどんなお客でも家を買わせるという主人公の三軒家万智をメインに不動産に関わるストーリーで、この作品は原作がない完全なオリジナルストーリーなため、先の読めない展開がこの作品の一つの魅力でもある。

ここではメインキャストに加え、番組スタッフ・あらすじ・最終回のネタバレを公開する。

なおドラマ「家売るオンナ」は日本テレビ系列で放送されるので、ドラマのストーリー1話~最終回まで 「hulu」で配信されている。

今なら初回登録後2週間無料というお試し期間付きなので、見逃しまった人もタダで視聴することが可能となっている。

huluの登録はこちらから

< スポンサーリンク >

ドラマ
家売るオンナ

このドラマのキャストは豪華メンバーで、主演は今年DAIGOと結婚をして世間を幸せムードにしてくれた新婚ホヤホヤの北川景子を始めとして、チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮で大活躍した仲村トオル、偽装の夫婦で異色のキャラを演じきった工藤阿須加、スーパー戦隊シリーズ「天装戦隊ゴセイジャー」で俳優デビューをした千葉雄大、イッテQでお馴染みのイモトアヤコなどといったメンバーを中心とした豪華なキャストの構成となっている。

脚本は「コントレール~罪と恋~」「セカンド・ラブ」「家族狩り」などを代表作とした大石静氏が担当する。

演出は「デスノート」「家政婦のミタ」「怪盗山猫」などを代表作とした猪股隆一氏と「臨床犯罪学者 火村英生の推理」「花咲舞が黙っていない」「35歳の高校生」などを代表作とした佐久間紀桂氏によって「家売るオンナ」のストーリーを手掛けていく。

スタッフ|家売るオンナ

キャストと番組スタッフを紹介したので、次にドラマのストーリー・あらすじを公開しよう。

ストーリー

家売る女は2020年に東京で開催するオリンピックを控え、東京の不動産業界は住宅売買競争が活発している中、主人公の三軒家万智はあらゆる手段を使って家を売り、彼女の手に掛かれば売れない家はないほどのスーパー営業ウーマンの物語である。

彼女の営業スタイルは客とその家族の私情にも踏み込むという常識にとらわれないスタイルで、彼女の型破りの方法で客の問題を解決し、客にとっての人生最大の買い物である家をどんどん売っていくのである。

三軒家万智は前に勤務していた店舗から営業課課長である屋代大の元に異動し、異動してさっそく万智は営業成績最下位の庭野聖司と白洲美加の二人に目をつけて指導をしていく。

美加に関してはサンドイッチマンにして街頭に送り出し、庭野に関しては万智が強引に庭野の客を横取りし、万智の今までの経験と鮮やかなテクニックであっという間に家を売ってしまうのである。

あらすじ

中堅不動産会社・テーコー不動産。

住宅売買を専門にする営業課課長の屋代大(仲村トオル)は、若手エースの足立聡(千葉雄大)以外は戦力にならない課員の売り上げに頭を抱えていた。

そんな中、前の店舗の売り上げを2倍にしたスゴイ美人のやり手営業ウーマン・三軒家万智(北川景子)が異動してくる。

着任早々、成績最下位の2人、若手の庭野聖司(工藤阿須加)と白洲美加(イモトアヤコ)に目をつけた万智。

パワハラまがいの方法で美加をサンドイッチマンにし、街頭に送り出すと、今度は庭野の内見に強引について行き客を横取り!

なかなか決めなかった客に鮮やかなテクニックであっと言う間に家を売ってしまう。

さらに、庭野の次の客、医者夫婦の妻・土方弥生(りょう)にも目をつけた万智。

予算はあるが注文が多く、希望の家を見つけられない土方一家に、万智が提案した最高の家とはなんと…!!

引用:日本テレビ公式サイト/家売るオンナ

< スポンサーリンク >

結末ネタバレ

ここからはドラマ「家売るオンナ」最終回の結末ネタバレを公開しています。

この「家売るオンナ」のドラマには原作がないため、ストーリーが進むにつれてストーリーの結末は見えてくるので、このドラマに興味を持った人は毎週視聴し毎回結末を考えながら見続けることで、このドラマをより楽しむことができるのではないだろうか。

最終回の予想としては、あらゆる手段で家を売り続ける三軒家万智の前に家を絶対売れない客が次々と現れ、その客の問題に三軒家万智はかなりの苦戦を強いられながらも最終的にはその問題をも攻略し家を売り、見事に通り名の「家売るオンナ」を守りぬくのであろう。

ただ、最後の問題は三軒家万智一人の力では解決できず、最初は三軒家万智のやり方に不満を持っていたメンバーが三軒家万智のやり方を徐々に認めつつ、三軒家万智自身も周りのやり方も取り入れていくことから、最後の絶対に家を売れない客はみんなの協力もあって問題を解決する。

「家売るオンナ」はキャストも豪華で個性的な俳優陣で構成されているため、最終回の物件はその前の回以上にそれぞれの豪華キャストのキャラクターの個性などを生かして、主人公の三軒家万智をサポートしつつ、主人公の三軒家万智のキャラクターもかっこいい姿も崩さない形で最終回を終えることが私個人としては一番理想なドラマの終わり方ではないだろうか。

最終回あらすじ

バー・ちちんぷいぷいの入っているビルの取り壊しが決まり立ち退きを迫られたと、こころ(臼田あさ美)が屋代(仲村トオル)を頼って新宿営業所に押しかける。

なんとか店を救おうと、屋代はビルの空きテナントを埋めて、建物の価値を高めた上でビル一棟売却をしようとビルオーナーに提案。

営業課一丸となって空きだらけのテナントを埋めるために奔走する。

そんな中、庭野(工藤阿須加)は万智(北川景子)が異動するという噂を聞き、なんとか引き止めたいと思うが言い出せず悩む。

万智は、元プロバレリーナの望月葵(凰稀かなめ)を担当。

足の不自由な娘のカンナ(堀田真由)のためにバリアフリーの家を探して欲しいと頼まれるが…。

ビルの一棟売却が軌道に乗り始めた矢先、会社の上層部から屋代にビルの案件から手を引くようにとお達しが出る。

なんとビルの建て替えは本社が極秘で再開発を進めていた案件だったのだ。

組織の一員として、ビルの売却を諦めようとする屋代に、万智は「そのビルはわたしが売ります」と宣言!

天才的不動産屋・三軒家万智が進退をかけて思い描くビル一棟売却感動のシナリオとは一体!?

引用:日本テレビ公式サイト/家売るオンナ

最終回ネタバレ追記

を売る天才・三軒家万智…万智は元プロバレリーナの望月葵に家を売ろうと試む。

その家とはBAR「ちちんぷいぷい」が入っている2.3Fの部屋だった…ちなみにBAR「ちちんぷいぷい」が入っているビルのテナントを埋め、テーコー不動産新宿営業所課長・屋代大を筆頭に一丸となって、ビルの価値を上げビルごと売却しようとしていた。

しかしそのビルはテーコー不動産が手がける再開発地区内にあり、ビル内のテナントはおろか住民たちもいない状態…あとはBAR「ちちんぷいぷい」が立ち退けば、ビルの取り壊しが行われる予定だという。

会社からその通達を受けた屋代は「しょうがない…」と手を引くことにする…そこで「あのビルは私が売ります。あの物件に最適なお客様を、もうすでに見つけてあります」と抗議したのが万智だった。

万智はテーコー不動産にあくまで楯突くようで、クビを覚悟で「今からあのビルを売ってきます」と飛び出して行く…万智が例のビルを売ってしまうということは、万智の上司であり通達を直接受けた屋代もまたクビになってしまうことを意味していた。

< スポンサーリンク >

智は結局10億円でビルを売却し、万智と屋代は二人でテーコー不動産を辞職するのだった。

そして、1年後…

万智と屋代は海の見える田舎町で「サンチー不動産」という会社を起こし、二人で営業して回っていた…万智の「家売る力」は田舎だろうが関係なく、豪腕で家を売りさばいていく。

そんなある日、テーコー不動産新宿営業所・庭野聖司から近況のFAXが届く…屋代の後にはベテラン営業マンだった布施誠が課長になり、万智がいたポストには足立聡がチーフとしてついたようだ。

ダメダメ新人営業ウーマンの白洲美加は万智にクビを言い渡された後、残念営業マンの宅間剛太を結婚し、現在は妊娠までしているとのこと。

BAR「ちちんぷいぷい」は万智がビルを売却してくれたことにより、しっかり営業を続けているらしい…それを読み万智は今日も「家売るオンナ」として君臨し続けるのだった。

 

・・・END

huluで無料視聴

ドラマ「家売るオンナ」は日本テレビ系列で放送されるので、ドラマのストーリー1話~最終回まで 「hulu」で配信されている。

今なら初回登録後2週間無料というお試し期間付きなので、見逃しまった人もタダで視聴することが可能となっている。

huluの登録はこちらから

その他のドラマ/ネタバレ

< スポンサーリンク >

 

本日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

出典元:http://www.ntv.co.jp

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで【ジョニタメ】をフォローしよう!