ドラマ「いつかこの雨がやむ日まで」

ドラマ「いつかこの雨がやむ日まで」最終回の結末ネタバレ(後半に最新話までのネタバレ内容を追記済)を公開しています。

見逃してしまった人や、あまり興味はないが内容や結末が気になる人もいるだろう。

ここではキャストに始まり、ストーリーのあらすじと最終回における結末のネタバレを公開するので参考になればと思う。

ちなみにドラマ「いつかこの雨がやむ日まで」はフジテレビ系列で放送されるので、ドラマのストーリー1話~最新話まで 「FOD(フジテレビオンデマンド)」で配信されている。

今なら初回登録後、1ヶ月間無料というお試し期間付きなので、見逃しまった人もタダで視聴することが可能となっている。

FOD登録はこちらから

< スポンサーリンク >

いつかこの雨がやむ日まで

まずはじめにドラマのキャストを紹介しよう。

役/キャスト

  • 北園 ひかり/渡辺麻友
  • 谷川 和也/堀井新太
  • 天竺 要/ 吹越満
  • 三上 沙耶/筧美和子
  • 天竺 芽衣/宮澤エマ
  • 矢吹 千尋/星野真里
  • 矢吹 麻美/三倉茉奈
  • 花田 舞子/紺野まひる
  • キャバクラの店長/斉藤慎二
  • 森村 國彦/桐山漣
  • 剛田 仁志/木村祐一
  • 北園 由布子/斉藤由貴

人物相関図

相関図「いつかこの雨がやむ日まで」

以上がキャストとなる。

ストーリー

ドラマのキャストを紹介したので、次に物語のあらすじを見ていこう。

森村ひかりは、ミュージカル女優を夢見る天真爛漫な女の子でした。

しかし、親しくしていたミュージカル女優が殺害される事件が起き、事態は一変します。

逮捕されたのは殺された女優の恋人でひかりの兄。

加害者の家族となったひかりは逃げるように故郷を去ることになります。

苗字も母方の姓に変え、北園ひかり(渡辺麻友)となって――

それから15年――世の中の残酷な敵意にさらされ続けたひかり。

唯一の救いは追い続けていたミュージカル女優の夢でした。

そんなひかりの元に、兄の出所の情報が入ります。

全てを壊した兄に決別を告げに行くひかり。

そこで兄は思わぬ言葉を発します。

「俺は無実だ……」

15年の時を経てあぶり出されるそれぞれの罪と秘密、そして愛……

そんな中、ある男と再会するひかり。

それは現場から逃走する兄を目撃し逮捕に至らしめた男、

そして、かつて“ある約束”を交わした幼馴染の谷川和也(堀井新太)でした。

人は、誰しも狂気を抱えています。

それは愛のためであり、夢のためであり、守るべき自己のためでもあります。

ひかりもまた愛に苦しみ、狂気に堕ちていくことに……!?

真実は何か?

ひかりに救いは訪れるのか!?

慟哭のラストまでノンストップでお届けします!

世の中は不条理に満ち溢れている――

それでも、ひとすじの光があれば生きていける――

謎が謎を呼ぶオリジナルラブサスペンス!

引用元:東海公式サイト/いつかこの雨がやむ日まで

あらすじ

美しい湖のほとり。

胸をナイフで刺された女性の死体が横たわっている。

そのかたわらには、ただ茫然と死体を見つめたまま立ち尽くす、少年の姿があった…。

場末のキャバクラ。

泥酔した客を笑顔で見送る、1人のキャバクラ嬢。

客が去ると、すっと笑顔を消し、冷ややかな表情に変わる。

彼女は北園ひかり(渡辺麻友)。

15年前、兄の國彦(桐山漣)が恋人のミュージカル女優・麻美(三倉茉奈)を殺害して逮捕され、それ以来ひかりの人生は一変してしまった。

事件のせいで仕事がなくなった父は多額の借金を残して他界。

精神的に不安定な母の由布子(斉藤由貴)を支えながら、ひかりは“殺人犯の妹”として息をひそめるようにずっと生きてきた。

ひかりの唯一の心の支えは、ギリギリの生活の中で今も追い続けている、ミュージカル女優になるという夢――ただそれだけだった。

演出家・天竺要(吹越満)や看板女優の花田舞子(紺野まひる)が所属する「劇団ウミヘビ」で稽古に励んでいる時だけが、ひかりが現実を忘れられる瞬間だった。

そんなある日、ひかりは幼馴染の谷川和也(堀井新太)と再会する。

和也は実家の料亭『たにがわ』で、板前として働いていた。

老舗料亭の後継ぎとして父親からも期待され、恋人・沙耶(筧美和子)とは結婚を前提に付き合っていた。

順風満帆な日々。

犯罪者の家族の自分とは住む世界が違う……和也との再会で、ひかりは自分の暗い未来を突きつけられる。

そんな中、兄・國彦の出所が決まる。

弁護士から連絡を受けたひかりは刑務所の外で國彦を待ち受けた。

迎えにきたのではなく、別れを告げるために。

しかし、ひかりはそこで國彦から衝撃の告白を受ける。

「俺は麻美を殺していない」

兄の言葉が信じられないひかり。

だとしたら何故兄は15年もの間、無実を訴えなかったのか。

しかし、國彦はそれ以上は口を閉ざし、行方をくらましてしまう。

一方、和也はひかりが15年もの間、抱えてきた苦しみを感じていた。

自分に何かできることはないのか……ひかりを救おうと動き出す和也。

しかし、その思いもむなしく、劇団で新たな事件が起きてしまい――!

引用元:東海公式サイト/いつかこの雨がやむ日まで

< スポンサーリンク >

結末ネタバレ

ここからはドラマ「いつかこの雨がやむ日まで」最終回の結末ネタバレを公開しています。

このドラマは原作のないオリジナル脚本でストーリーが展開していく物語となるため、現段階で結末は予想となる。

主人公である北園ひかりの不幸を描いたドラマとなるようだが、ドラマのタイトル通り「いつかこの雨(不幸)がやむ日まで(終わりを迎え幸せが来る日まで)」と捉えられるので、おそらくひかりが襲いかかる困難や不幸に立ち向かい「諦めずに頑張って生きていれば、幸せになるチャンスは誰にでも訪れる」ということを伝えたい作品になるのだと考えられる。

ひかりに襲いかかる事柄はいくつもある…その中のキーワードとしては「復讐・秘密・嫉妬・嘘・恨み・冤罪・謎」ととても多いが、ひかりはその困難すべてに立ち向かっていくことになる。

しかし、ひかりは兄の冤罪も晴れ15年間苦しんできた「犯罪者の妹」という苦しみからも抜け、最後には夢を叶えミュージカル女優として羽ばたき、心から笑顔になったひかりの姿を見ることができるのだろう。

あともう一点挙げるとすればドラマの内容が「ラブサスペンス」となっているので、ひかりの幼馴染・谷川和也との恋愛も上手くいって恋人関係になるのだと思う。

ネタバレ追記

の中、湖のほとりで一人のミュージカル女優・矢吹麻美がナイフで刺殺されてしまう…犯人として捕まったのは料亭「たにがわ」で板前修行中の麻美の恋人・森村國彦だ。

そして、その非難の声は殺人犯として有罪判決を受けた國彦の家族たち日にまで及んでしまう…國彦の妹・森村ひかりもまた「殺人犯の妹」として人生を不幸のどん底に落とされてしまった一人。

そんな事件が起きてから15年の月日が経とうとしていた…現在ひかりは森村ひかりから母・北園由布子の性を名乗り、北園ひかりとして母と二人で貧乏暮らしをしていた。

ひかりの母・由布子はひかりが高校時代に精神を病み引きこもり状態になってしまってから、ひかりが外で働きながら(キャバクラ嬢として)生活をなんとか切り盛りしている状態…それでも大好きなミュージカルをしている時だけは、その苦しい現実を唯一忘れられことができる。

ひかりがミュージカルと出会いミュージカル女優への夢を抱くきっかけになった憧れの女性が、兄・國彦の交際相手だった麻美だった…そしてひかりもまた、麻美が所属していた劇団「ウミヘビ」のミュージカル女優として羽ばたこうとしていた。

しかし、ひかりはこんな不幸な生活をしなければいけない状況を作り出した、國彦のことを今でも恨んでいた…そんな時、ひかりに「お兄様の出所日が決まりました」という連絡が担当弁護士から入る。

< スポンサーリンク >

川和也はひかりとは幼なじみで当時は森村家にもよく出入りをし、國彦にも優しくされていた…しかし麻美の刺殺体の第一発見者だったのも和也で、その和也が「湖(殺害現場)から國彦さんが出てくるのを見た」という証言もあり、國彦は「殺人犯」として逮捕されたのだった。

そんな和也も料亭「たにがわ」の息子だったこともあり、現在は板前として修行中の身で将来は有望…しかも三上沙耶という銀行役員の娘と交際中で、人生は順調そのもの。

そうしていると和也はふと昔のことが気になり当時森村家があった場所を訪れる…がもちろん貧乏暮らしをしているひかり達は、狭いボロアパートに引っ越している。

さらに和也は当時ひかりとよく遊んでいた思い出の場所に行くと、そこに偶然ひかりも来ていて再会を果たす…しかしひかりは「あなたが知ってる森村ひかりは、もういない」と和也ことをぞんざいに扱いその場を後にした。

後日、ひかりは出所してきた國彦と会うのだった…ひかりは國彦に「母の心が病んでしまっているから、家には帰って来ないで」と伝えるためだ。

すると國彦も一つだけ伝えたいことがあると言う…それは「俺は無実だ…麻美を殺してない」とひかりに衝撃の事実を告げると、走ってその場を去っていく。

その後、國彦は行方をくらましてしまった…ひかりはミュージカル女優として憧れの存在だった麻美のことや、これまでの苦労の道のりを考え國彦の言葉に「どういうこと?」と頭の中は混乱状態になってしまうが、ミュージカルの唄を歌うことでをその悩みさえも忘却の彼方へ吹き飛ばしてしまうのだった。

 

かりが所属している劇団「ウミヘビ」では天才肌の演出家・天竺要が運営していて、15年前にも麻美の才能に気づいた天竺がヒロイン役に抜擢するが、麻美は体調不良により降板してしまう。

その代役で主演を務めたのが、劇団「ウミヘビ」での看板女優でもある花田舞子だった…以来、劇団ではトップに君臨し続けてきたが栄光の演目を演じたのは15年も前の話で、最近は声の衰えなどに悩んでいる…それでも舞台にすべてを捧げ主役への思いは誰よりも強い女性でもある。

そんな劇団「ウミヘビ」では、麻美がジュリエットを務めるはずだった「ロミオとジュリエット」の千秋楽で麻美が殺されてしまう事件が起こって以来、封印されていた演目だった。

そうしていると天竺が次の演目を「ロミオとジュリエット」に決めたと言う…劇団員たちはざわつくが、天竺はジュリエット役はまだ未定だという。

舞子は天竺に劇団のナンバー2と称される、天竺要の娘・芽衣にジュリエット役を取られてしまうのではと挙動不審になってしまい、そんな舞子は天竺にジュリエット役について言い寄るが「まだ決めていない…今から考える」と突っぱねられてしまい、舞子はとあるBARで一人でやけ酒をしていた。

そんな舞子のあとを追いかけていた人物がいた…それは出所したばかりのひかりの兄・國彦だ。

< スポンサーリンク >

也はひょんなことから、ひかりが貧乏生活を送っていることを知り「もしかしたら…自分のせいなのかもしれない」と自問自答を繰り返しせめてもの償いをしたいと考え、ひかりと母・由布子が暮らしているボロアパートの家賃が滞納されていると知った和也は、その家賃3ヶ月分を立て替えた。

しかし、ひかりにもプライドはある…働いているキャバクラの店長に「給料の前借り」を頭を下げお願いし、なんとかお金を作り和也のもとへ返しに行き「家賃、立て替えてくれなんて頼んだ覚えない…あなたには関係ない!」と怒りながらその場を去ろうとする。

和也はそんなひかりを引き止め「俺はただ、少しでも力になりたくて」と話すが、ひかりにも和也の証言もあり「兄が殺人犯」となり、15年間の血を流すような苦労には特別な思いがあるようで「気安く力になりたいなんて言わないで…もう二度と、会うことはないから」と和也に告げる。

そのままひかりは劇団「ウミヘビ」のスタジオへ向かうと、そこには頭から血を流した舞子が倒れていた…そして、舞子は謎の死を遂げるのだった。

その後、警察が検証をすると舞子の体内から大量のアルコールが検出されたことにより、スタジオの高い場所からの「転落死」で事故死として処理されてしまう。

しかし15年前の事件を担当した刑事・剛田仁志だけは違う見解を示していた…そんな剛田がひかりの前に現れ「また劇団で人が殺された…あと果たして15年前の事件は本当に彼(國彦)が犯人だったのか…俺はただ真実が知りたいだけ」と意味深なことを話すと、その場を去ってしまった。

 

也はひかりのことを心に募らせながらも、恋人である沙耶とのデートをしていた…するとそのデート最中に偶然キャバ嬢として働くひかりと遭遇し、手を繋いでいた沙耶の手を離すのだ。

そしてひかりに思わず声をかけてしまう和也だったが、ひかりは営業用の笑顔で軽くあしらい逃げるように店に戻ってしまう…ひかりの15年間の苦しみを改めて感じる和也だったが、そんな和也に沙耶は「二人でいるときは私のことだけ見て」とキスをする。

翌朝、和也は劇団「ウミヘビ」の女優(舞子)が死んだことを知り、その中でひかりも劇団「ウミヘビ」に所属していることを知り、ひかりは「ミュージカル女優になる」という夢を諦めていないで頑張っていることで、和也は胸が苦しくなってしまう。

そんな和也の前に國彦が突然現れ「もう少しで真実にたどり着く…15年前のあの日、お前が見たことをすべて教えてほしい。もちろん覚えている限りで良い」と頼まれた。

國彦の言葉に、当時のことを思い出そうとする和也は「國彦さんが雨の中横切っていって、麻美さんのところに行くと麻美さんはすでにナイフで胸を一突きにされ倒れていました」と警察に証言した通り、國彦が犯人としか考えられない状況を話す。

ここで國彦が「ありがとう。立派に板前になれよ…それとひかりを頼む」と言い残し行ってしまった。

< スポンサーリンク >

団「ウミヘビ」では舞子の一件もあり劇団員たちも動揺を広げる…当然、予定していた公演も中止かと思われたが、演出家の天竺は「ロミオとジュリエット」の続行を決める。

天竺の復活をかけた大舞台である「ロミオとジュリエット」のジュリエットの座を射止めたのは、なんとひかりだった。

主役は天竺の娘・芽衣だと思っていた他の劇団員たちもこの大抜擢にざわめいていると、「どうして、私がジュリエットなんですか?」と衝撃を隠せないひかりだったが、天竺は「くだらない質問はするな。お前は明日の稽古から「すべての時間・すべての体力」をジュリエットに捧げろ」と、ひかりに告げる。

戸惑いながらも、ついに掴んだチャンスを前にひかりは気持ちを奮い立たせるのだった。

しかし、ひかりには家計を支えなくてはならないし、先日も勤務先のキャバクラ店から給料を前借りしたばかり…しかも母・由布子のもとに、亡き父が経営していた工場の元社員の妻・近藤美佐江が訪ねてきて、金の無心に来たらしい…精神を患っている上、人が良い由布子は簡単にお金を貸してしまったのだ。

ただでさえ(亡き父の工場で発生したものやキャバクラ店での前借りした30万)借金を抱え、生活費もままならない中、お金を貸してしまった由布子に怒るひかりは美佐江のもとを訪れお金を返してもらおうとするが、美佐江は「人をどん底に落としいれといて、自分だけ遊んでんじゃないよ…この恥さらし!」と言われ追い返されてしまう。

ひかりはミュージカルを続けられるかどうかの瀬戸際に追い込まれる…主演なのに劇団の練習にも遅刻してしまい天竺の娘である芽衣からも叱られ、ひかりが唯一救われるミュージカルの舞台でも散々な状況に陥るのだ。

天竺にもさすがに「自分をさらけ出す覚悟が無いんだったら消えてしまえ!無様に地べた這いずり回って壁にぶち当たっても突き進む覚悟が無いんだったらやめてしまえ!お前のミュージカルへの愛はそんなもんか」と一喝されるのだった。

 

也の自宅にひかりの母から「ひかりがいなくなった」と連絡が入る…ひかりの捜索が始まるが、和也は今日が麻美の命日だったことに気づき、湖のほとりに向かうとひかりは麻美が亡くなっていた場所に花を手向けていた。

和也はどうにかひかりにお金を受け取ってもらうため、「手切れ金」と称してわざと嫌な人間を演じるが、和也が由布子宛に書いた手紙を読んだひかりは、和也のあの悪い態度はすべて演技だったこと…そして「ひかりにミュージカルを続けてほしい・夢を諦めてほしくない」という和也の思いを知る。

ひかりは自分が「不幸な生というレール」の上を走っていることを改めて感じていたが、とにかく「ミュージカル女優」になる夢だけは諦めてはいけないと、ジュリエット役を誠心誠意やりきることを決意した。

一方で、和也の自宅に沙耶が訪れ和也の部屋で、ひかりと由布子が住むのボロアパートの住所が書かれたメモを発見し、和也のことが好きでたまらない沙耶は、和也のすべてを知りたいと考え単独で行ってみることにする。

そして劇団「ウミヘビ」の女優・舞子は「転落死」…つまり事故だと考えられていたが、一つの目撃情報が浮上。

それは「直前に被害者(舞子)を付け回していた男がいた」というもので、劇団に「ウミヘビ」に再度警察が訪れてきて「亡くなった花田舞子さんについて事故ではなく、事件性が出てきました」と言うと、劇団員たちはざわめく。

そして舞子のことを追跡していたと思われる男の似顔絵を見ると、その顔は「ひかりの兄・國彦」に似ていた(というより國彦が被っていたキャップのデザインがほぼ同じ)ことから、ひかりは驚きの表情を隠せずにいた。

これはもしかしたら「麻美が死んで得する人間=花田舞子=麻美を殺した人間」という事実を掴んだ國彦による「復讐」なんだろうか。

 

・・・続く

次話予告

FODで無料視聴

ドラマ「いつかこの雨がやむ日まで」はフジテレビ系列で放送されるので、ドラマのストーリー1話~最新話まで 「FOD(フジテレビオンデマンド)」で配信されている。

今なら初回登録後、1ヶ月間無料というお試し期間付きなので、見逃しまった人もタダで視聴することが可能となっている。

FOD登録はこちらから

その他のドラマ/ネタバレ

< スポンサーリンク >

 

本日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

出典元:http://tokai-tv.com

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで【ジョニタメ】をフォローしよう!