ドラマ「獣になれない私たち」

ドラマ「獣になれない私たち」最終回の結末ネタバレ(後半にネタバレ内容を追記済)を公開しています。

見逃してしまった人や、あまり興味はないが内容や結末が気になる人もいるだろう。

ここではキャストに始まり、ストーリーのあらすじと最終回における結末のネタバレを公開するので参考になればと思う。

ちなみにドラマ「獣になれない私たち」は 日本テレビ系列で放送されるので、ドラマのストーリー1話~最新話まで 「hulu」で配信されている。

今なら初回登録後2週間無料というお試し期間付きなので、見逃しまった人もタダで視聴することが可能となっている。

huluの登録はこちらから

< スポンサーリンク >

獣になれない私たち

まずはじめにドラマのキャストを紹介しよう。

役/キャスト

  • 深海 晶/新垣結衣
  • 根元 恒星/松田龍平
  • 花井 京谷/田中圭
  • 長門 朱里/黒木華
  • 上野 発/犬飼貴文
  • 松任谷 夢子/伊藤沙莉
  • 佐久間 久作/近藤公園
  • 岡本 三郎/一ノ瀬ワタル
  • 橘 呉羽/菊地凛子
  • タクラマカン斎藤/松尾貴史
  • 九十九 剣児/山内圭哉
  • 花井 千春/田中美佐子

人物相関図

相関図「獣になれない私たち」

以上がキャストとなる。

ストーリー

ドラマのキャストを紹介したので、次に物語のあらすじを見ていこう。

あらすじ

住宅街にあるクラフトビールバー「5tap」…そこに2組の男女が来店していた。

一方は、ecサイトの制作会社に勤める深海晶(新垣結衣)と、大手デベロッパー勤務の花井京谷(田中圭)のカップル。

京谷は、自分の母親が「恋人の晶にとても会いたがっている」と話しているが、 晶は他のことに気を取られて聞いていないように見える…。

もう一方は、バーから徒歩3分の場所に公認会計士・税理士事務所を構える根元恒星(松田龍平)と橘呉羽(菊地凛子)のカップル。

呉羽が唐突に「私、結婚した!」と告げて薬指のリングを見せたことに、驚く恒星。

呉羽はそんな恒星のことは気にせず、シャンパンがわりに結婚祝いのビールを開けさせ、「5tap」店内にいる客たちに振る舞いはじめる。

晶と京谷もその乾杯の輪に加わり、4人は偶然にも一緒に呉羽の結婚を祝うことになった。

バーの店主・タクラマカン斎藤(松尾貴史)が「恒星と呉羽は付き合ってたんじゃなかったの?」と質問すると、呉羽は「お互いに大して好きじゃなかったから」と笑った。

隣にいる恒星は呉羽の発言に肯定も否定もしないが、晶はその言葉の意味が気になっていた。

実は晶には、京谷との間に抱えた「ある大きな問題」があったのだ…。

二人の間でその問題はずっと棚上げにされていて、京谷が晶のアパートに泊まった夜も、なんの話もできないまま…。

翌朝、目覚めた晶。

出勤前から始まる、社長の九十九(山内圭哉)からの仕事の連絡に悩まされる。

満員電車に揺られている間もひっきりなしにかかる電話… 誰よりも早く出社した晶は、始業前に九十九の指令と同僚からの頼みごとを一気に片付ける。

この会社では一事が万事この調子で、全ての負担が晶にかかっていた。

いつものように疲れ果てて、帰路につく晶。

駅からの帰り道にある5tapにいつものように立ち寄ると、恒星が先に飲んでいるのに出くわした。

お互いこの店の常連なものの、これまで話しかけたことがなかった晶だが、思い切って声をかけると…。

引用元:日本テレビ公式サイト/獣になれない私たち

< スポンサーリンク >

結末ネタバレ

ここからはドラマ「獣になれない私たち」最終回の結末ネタバレを公開しています。

このドラマは原作のない完全オリジナルストーリーで物語は進むため、現時点で物語の結末は予想となる。

このドラマにおいて視聴者が気になる点は結末よりも、過程(新垣結衣がどのようにして「大人の恋」を展開していくのか)のほうが気になるのではないだろうか。

とはいえ、物語はこのドラマのコンセプトは「全ての頭でっかちな大人に送る、ラブかもしれないストーリー」となっていてなんとも中身が見えづらい。

なので新垣結衣と松田龍平の恋模様がどうとはならないのかもしれない…それでも「ラブかもしれない…」なので、どこかでそういったシーンはあるのだろう。

予告動画とドラマタイトルを見る限り「本音が上手く相手に伝えられないため、ある意味『草食(獣になれない)』な二人」が偶然出会い、本音を語り合える仲間となっていくうちに恋に落ちていくという単純なパターンかと思いきや、そうでは無いことが考えられる。

今回は王道とは違う線から結末予想に入ろうと思う。

まず新垣結衣と松田龍平が出会った当初はお互いに恋人がいる(すでにカップル)が、お互いにそれなりの不満を抱えていることがわかる。

そういった同じ境遇の二人が、友人同士として普段は言えない本音をぶつけ合っていくうちに「あれ?この人には本音が言える」ということに気づいて、徐々に恋に落ちていくのではないだろうか。

そして二人の間柄は友人のままキスするまでに発展…しかしそれもここまでで、元々の恋人(新垣結衣=田中圭)に対する問題(悩み)がタイミング良く解決してしまう。

新垣結衣は今までの恋人(田中圭)と新しい恋の相手(松田龍平)のどちらを選べば「自分が幸せになれるか」迷い、究極の選択肢を迫られてしまう。

しかしここで新しい事実が発覚…実は松田龍平は菊地凛子とカップルではなかったというのだ…この事実をきっかけにして、新垣結衣の「松田龍平への恋心」も急速にクールダウンしていく。

新垣結衣は結局元サヤ(田中圭)に戻るが、この選択あっていたようで、無事に田中圭と結婚し新垣結衣は「(田中圭は本音をぶつけられる相手ではないが)それなりの幸せ」を感じながら生きていくのだった。

ドラマ結末としては「新垣結衣が幸せな結婚をし人生を送るためには、『妥協』することも必要だと悟る」ことが考えられるだろう。

ネタバレ追記

海晶は30歳でECサイト制作会社「TCJ」に勤務し、営業アシスタントとして働いている。

参考ECサイトとは

晶は「常に笑顔」で「仕事は完璧」にこなし、誰からも好かれ愛される女…だがそれは彼女の身を削る努力で成り立っている。

というのも、「TJC」では最近営業部長や社長秘書が会社を辞めてしまい、雑務や社長のスケジュール管理までさせられ、しかも営業部社員・松任谷夢子や上野発らは本当にダメ社員で彼らが担当する仕事はとてもおそまつだった。

晶は口うるさい社長・九十九剣児にガミガミ言われ、その仕事の後始末や責任まで押し付けられてしまう…そんな九十九の怒鳴り文句に晶は聞こえないような小さな声量でブツクサ言っていると、九十九が「なに~?!」と大きな声を張り上げる。

それに対し晶は「何も言っていません」と笑顔で対応し、その場をなんとかやり過ごす…そんな毎日を過ごす晶にも、大手デベロッパーで勤めている花井京谷という立派な彼氏がいた。

晶は30歳と婚期まっただ中で「結婚はしたくない」という女性ではなかった…しかし京谷とは結婚はおろか同棲すらしていない。

それには京谷側に問題があって、京谷は現在、母にも一人暮らしと言っているが、実は(晶も知っていることだが)京谷の自宅にはネットゲームばかりしながら引きこもってしまっている、元カノ・長門朱里が住み着いてしまっていたのだ。

晶にとってはいち早く京谷に「出てけ!」と追い出してほしかったが、京谷もまた心が広過ぎる人間と言えばいいのか、ハッキリと言い出せずにいた。

これら二つのことから晶の心の中には大きなストレスが生まれ、完全にキャパオーバーとなってしまいいつものように笑えなくなってしまう。

晶はこのストレスをどうにか発散させるべく、会社と自宅の間にある行きつけのクラフトビールバー「5tap」でビールを頼むと、事情を知らない常連客の一人・根元恒星が「マリッジブルー?」と鼻で笑いながら声をかけてきた。

< スポンサーリンク >

と恒星は出会ったばかり…先日、晶と京谷が「5tap」でデートをしていた時、恒星も呉羽という女性と「5tap」にいて飲んでいたが、呉羽が突然「私、結婚した」と告げ驚く恒星。

その時4人は知り合いではなかったが、その場にいたみんなと一緒に呉羽の結婚を祝うことになる…しかし「5tap」の店長・タクラマカン斎藤は「あれ?恒星と呉羽は付き合ってたんじゃなかったの?」と尋ねられるが、呉羽は「私と恒星はお互いに大して好きじゃなかったから」と言う。

翌日、晶が「5tap」に寄った時、恒星もいたので「この間の女性(呉羽)が言ってたのって、どういう意味だったのかな~と思って…」と、晶も京谷との結婚を考えてた時期だったので気になって思い切って、恒星に声をかけた。

すると恒星はありもしない嘘でごまかしその場を取りつくろう…そして晶が店から出ようとすると恒星が晶のことを「キモい…あの完璧な笑顔が嘘っぽくてキモい」と言ってるのを耳にしてしまう。

恒星は「世渡り上手」で「人当たりがよく」て女性によくモテる敏腕会計士だが、本当は調子よく振る舞っているだけの33歳、毒舌男。

誰のことも信用しないし、無防備に人を愛せるほど馬鹿じゃない…それなのに順調だった仕事も、思いがけずヤバイ案件に足を突っ込んでしまい限界寸前…でも人前では、そんな様子を見せずに隠してながら振る舞っている。

そんな恒星は「最近まで付き合ってたのか自分でもわからない呉羽」と、仕事のことで恒星の会計士事務所で話をしていた…どうやら呉羽はブランドデザイナーとして自分の会社を立ち上げるらしく、書類関係の手伝いを恒星に頼みに来ていたらしい。

恒星がその書類を見ると呉羽の性が「澤→橘」に変わっているのを見て「本当に結婚したんだ」と軽く笑いながら言った…すると呉羽は「最後にヤっとく…私たち(体の)相性良かったじゃない」と呉羽からすれば、恒星のことを「セフレ」程度に考えていたということだろうか。

恒星は「人妻とはヤラない」と断ったが、いずれにしても恒星が呉羽にフラれたことになる。

 

日、晶のことを「完璧な笑顔がキモイ」とバカにしてしまった恒星だったが、二人は「5tap」で再会し恒星がふてぶてしい晶のことを、またバカにするようにとをかけたのが「マリッジブルー?」という言葉だった。

さらに恒星は「いつもの笑顔がないね」と言うと、晶は「…いつものキモい笑顔」と恒星が先日話していたことが聞こえてたと皮肉っぽく言った。

晶が恒星に質問した呉羽の発言に対して「嘘をついてごまかしていた」ことも聞いていたようで、それについても恒星に言及すると「呉羽に結婚願望があったなんて思わなかったからさ…やっぱしたいもんなの、結婚」と晶に尋ねると「結婚したい時もあったけど、今は恋がしたい…新しい恋ができたら何か変わるのかな」と晶は疲れた顔で本音がポロリ。

そんな晶だったが帰宅途中で「グラマラスな服を着たモデルが呉羽」の大きな看板を目にする…そこで「何か変化が必要」だと考えていた晶は、今までの「清廉潔白・純真無垢」というイメージの服装を一新しサングラスをかけ革ジャンをはおりブーツを履いて晶曰く「強そうな服」のまま出勤。

会社の仲間たちは晶の変貌ぶりについ目を奪われてしまう…そして社長の九十九にも「業務内容の改善要求」という書類を挑戦的に渡し、自分のデスクにサングラスをかけたまま堂々と座るのだった。

晶が慣れないデモを起こしたことによって「深海がグレた」と会社中の話題となってしまう…九十九がいつものようにキレてしまうのではと周囲が恐怖におののく中、晶が九十九とやりあった結果、九十九の「出張明けに返答する」と約束を取り付ける。

そして九十九の出張中、晶は有給をとり会社を休むことにする…それでも、会社の雑務や新人社員・上野が無断欠勤していることで、夢子から「私じゃ何もわからない」と晶が休みにも関わらず電話してきて、強く言えないまま頼まれごとを引き受けてしまう晶だった。

< スポンサーリンク >

星の会計士・税理士事務所では初対面の会社社長・勝俣から、粉飾した「税務申告書類に担当税理士として判を押してください」と土下座され頼まれていた。

しかし恒星は不正には手を貸さないと拒否、勝俣を事務所から追い出してしまう。

といっても、その後もしつこく恒星の近くをウロチョロしていたのは言うまでもないだろう。

その晩「5tap」でたまたま会った晶と恒星の話題は呉羽の結婚について。

恒星は「呉羽は運命の恋に落ちた瞬間、鐘の音が聴こえたらしい」と話すが、一目惚れをしたことがない晶はその鐘の音がどんな音かと首をかしげる…わからないのは恒星も同じだった。

恒星は呉羽が会社立ち上げのため訂正した書類をもらうため、呉羽の会いに訪れ「恋に落ちた時に聞こえる鐘の音ってどんな音?」と聞くと、呉羽は「教会の鐘の音(っぽい音)」と答える。

そんな中、晶は京谷と出会うきっかけとなった、京谷の会社が開催する恒例のBBQパーティに参加する…晶は今働いている「TCJ」に入る前は京谷と同じ会社で派遣社員として働き、そこでは彼女の「完璧な笑顔」が好評でデキる女として認められていた。

そこで晶の派遣期間が終了し会社を去った後も、人気者だった晶はこういった無礼講チックなパーティには必ず呼ばれていたのだ…当時は京谷とタッグを組み仕事に取り掛かることが多かったため、二人の距離は徐々に近くなっていく。

それでもその時はお互い別のパートナーがいたため、京谷は特に晶のことを気にしてたようだが、結局晶の退社の日を迎えるまでは何もできずにいた…しかし晶の送別会が行われた後、二人でカフェに行きその店を出た後、京谷から晶に対してキスをする(新垣結衣のキスシーンは久しぶりに見た気がする)。

その後、晶も京谷も元カレ・元カノとは別れきれいに整理し、二人はカップルになった…しかし京谷の方は元カノとは別れたが、同居人として居座る形となってしまう。

それが二人が付き合ってから4年にもなるが、晶と京谷の結婚を邪魔している元カノ・朱里の存在だった…すると京谷の後輩社員の一言から京谷に同居人がいることが発覚するが、晶の機転により「晶と同棲してる」ということになる。

晶はそんな嘘をついてしまった自分とそんな現実にショックが隠せない様子…そんな晶は京谷に「…他の人、好きになりたい」とついこぼしてしまうのだった。

 

谷は晶の言葉に焦ったようで、急に朱里に賃貸の物件情報を見せ「出てってほしい…別れてもう4年」だといきなり自分の意見を押しつける…それに対し「ウチラはとっくに別れてるし、京ちゃんは彼女と幸せなんだからそれでいいじゃん」と朱里も京谷の思ったようには行動してくれなかった。

その頃、恒星が「5tap」前を歩いていると、また倒産寸前の会社社長・勝俣が現れ粉飾した「税務申告書類に担当税理士として判を押してください」と土下座して頼むが、恒星はやはり「不正には加担できない」とその申し出を断る。

すると勝俣が恒星に土下座している状況を偶然そこを通りかかった晶が「土下座したくてする人なんていない…」と横から割って入った…しかし晶はその様子を見ただけで内容はあまりわかっていない。

すると恒星は晶に「裁判沙汰になっても責任取れるんですか?」と強めに言うと、晶は「…裁判」と少しおののいてしまう…恒星はいつまでも土下座しながら涙を流している勝俣に「会社たたむ手伝いならいくらでもする」とせめてもの温情の言葉を残し晶と共にその場を立ち去った。

そして晶と恒星の帰り道途中で、恒星が「教会の鐘の音が聞こえるらしい」と呉羽から聞いたのだと晶に伝え、後日二人は教会に行ってみることになった。

世間話しをしながら教会を訪れた二人…その中で恒星は晶の人間らしさに触れる。

その夜、呉羽を交え「5tap」で飲むことに…すると呉羽は「聞きに行ったの?イメージの問題でしょ…二人ともバカだね」と笑い話となるのだった。

< スポンサーリンク >

の有給が明け数日ぶりに会社に出勤すると、会社の流し台が大学生が住む貧乏ボロアパートのように汚れていたり、ゴミの処理もしていない…とにかくひどい有様。

そんな中、「TCJ」社長の九十九も出張から戻ってくる…そこで九十九は晶を「営業アシスタントから営業部特別チーフクリエイターに任命」し昇格させることで「業務内容改善」についてはうやむやとなってしまい、晶も昇進はしたが当初の目的とはズレているため、どこか困った様子を隠しきれない。

一方で、恒星の事務所には勝俣が来ていて、恒星は「破産しなくても良い道もあります。民事再生や私的整理をするなど会社を存続させる方法はあります…二度と足を踏み外さないように、一度足を滑らせたらお終いです」と企業再生についてのアドバイスを勝俣に送った。

そんな不正には力を貸さないという姿勢の恒星に見えたが、実はすでに昔からブラックなことに足を突っ込んでしまっていて、「今年も宜しくお願いします」と大金を渡される…恒星は「どうしましょうねぇ…」と不正で自分の手をこれ以上汚したくないようにも見えるが…。

 

・・・続く

< スポンサーリンク >

次話予告

huluで無料視聴

ドラマ「獣になれない私たち」は 日本テレビ系列で放送されるので、ドラマのストーリー1話~最新話まで 「hulu」で配信されている。

今なら初回登録後2週間無料というお試し期間付きなので、見逃しまった人もタダで視聴することが可能となっている。

huluの登録はこちらから

その他のドラマ/ネタバレ

< スポンサーリンク >

 

本日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

出典元:https://www.ntv.co.jp

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで【ジョニタメ】をフォローしよう!