朝ドラ「まんぷく」ネタバレ最終回までまとめ

朝ドラ「まんぷく」ネタバレあらすじを最終回まで公開している記事のまとめページです。

前話や前週を見逃してしまったという人や、あまり興味はないが内容や結末が気になる人もいるだろう。

ここでは朝ドラ「まんぷく」第1週~第26週(最終回)までのネタバレを公開するので参考になればと思う。

ちなみに朝ドラ「まんぷく」は、ドラマのストーリー1話~最新話まで 「U-NEXT」 で配信されている。

U-NEXTの登録はこちら

< スポンサーリンク >

まんぷく

ストーリー

連続テレビ小説 第99作『まんぷく』。

今や私たちの生活に欠かせないものとなった「インスタントラーメン」を生み出した夫婦の知られざる物語を描きます。

何度も失敗してはどん底から立ち上がる”敗者復活戦”を繰り返した末、二人は世紀の大発明へとたどりつく――人生大逆転の成功物語です。

※実在の人物をモデルとしますが、激動の時代を共に戦い抜いた夫婦の愛の物語として大胆に再構成し、登場人物や団体名は改称した上、フィクションとしてお届けします。

引用元:NHK公式サイト/まんぷく

ネタバレ/あらすじ/感想

1週「結婚はまだまだ先!」

1話あらすじと感想 10月1日(月)放送

2話あらすじと感想 10月2日(火)放送

3話あらすじと感想 10月3日(水)放送

4話あらすじと感想 10月4日(木)放送

5話あらすじと感想 10月5日(金)放送

6話あらすじと感想 10月6日(土)放送

あらすじ(第1週)

舞台は昭和13年、大阪。

三人姉妹の末っ子で、貧しいながらも愛情をいっぱいに受けておおらかに育ったヒロイン・今井福子(安藤サクラ)は、女学校卒業後、ホテルで電話交換手として働き始める。

父を早くに亡くし、家計を支えてきた長女・咲(内田有紀)の結婚が間近に迫ったある日、母の鈴(松坂慶子)が突然の腹痛を訴え、福子は鈴の病状に振り回されることに。

一方、福子は咲のために結婚式で特別な出し物を用意したいと考え、写真をスクリーンに映し出せる新型の幻灯機のうわさを耳にする。

幻灯機を開発している工房を訪れた福子は、立花萬平(長谷川博己)と出会う。

のちに福子の夫となり、20年後、世紀の大発明を共に成し遂げる運命の相手だった。

引用元:NHK公式サイト/まんぷく

ネタバレ(第1週)

和13年、大阪。

ヒロインの今井福子(18歳)は三姉妹の末っ子で、前向きな明るい性格。

女学校を卒業後は、大阪一のホテルの電話交換手として働きはじめる。

父が亡くなってからは長女・咲が家計を支えていたが、大手企業に勤めている婚約者・小野塚真一との結婚を間近に控えていた。

次女・克子は売れない画家・香田忠彦と結婚し、貧乏ながらも4人の子を授かり幸せにくらしている。

福子は母・鈴にお見合いを勧められるも・・・

結婚ままだまだ先!

と高らかに宣言し、お見合いする気はもちろん恋人の陰すらもない。

電話交換手として働きはじめた福子が初めて電話を受けたのは「たちばな工房」の立花萬平…福子の後に夫となる男性だった。

咲の結婚式を間近に控えなにか出し物をしたいと考えた福子は、写真をスクリーンに映し出せる新型の幻灯機の存在を知る…工房を訪れた福子はそこで萬平と出会う。

咲の結婚式では、幻灯機を使った出し物で大成功…会場は感動に包まれ、萬平も喜びが込み上げる。

< スポンサーリンク >

の結婚式から3年の月日が流れていた。

21歳になった福子は、フロント係に移動し働いていた。

そんなある日、ホテルで開かれたパーティーで福子は萬平と再会する。

萬平は営業が得意な加地谷圭介と、共同経営をし成功をおさめていて、そこで個人経営をしている世良勝夫に声をかけられるも、萬平の頭の中にはなぜか福子の顔が離れない。

その後、偶然会った福子と萬平はラーメンデートをし、そこで福子が電話交換手だった時に萬平の電話を繋いでいたことを知り、萬平は運命を感じる。

その年の12月…日本はアメリカとの戦争に突入した。

そんな中、萬平は福子に突然の告白をするのだった…。

 

・・・第2週へ続く

2週「…会いません、今は」

7話あらすじと感想 10月8日(月)放送

8話あらすじと感想 10月9日(火)放送

9話あらすじと感想 10月10日(水)放送

10話あらすじと感想 10月11日(木)放送

11話あらすじと感想 10月12日(金)放送

12話あらすじと感想 10月13日(土)放送

あらすじ(第2週)

福ちゃんは突然、萬平さんに交際を申し込まれてびっくり!

でもすぐにその場で撤回されて、混乱の日々を送ることに。

一方、咲姉ちゃんが肺結核にかかってしまい、福ちゃんたち家族は、看病に明け暮れます。

萬平さんも福ちゃんの力になろうと奔走しますが…。

自分の将来のことを何も考えられない福ちゃんでしたが、咲姉ちゃんの旦那さんの真一さんに背中を押され、改めて自分の気持ちを伝えるため、萬平さんの会社を訪れます。

しかし、そこに突然、憲兵隊が現れ…。

引用元:NHK公式サイト/まんぷく

ネタバレ(第2週)

子は萬平の突然の告白に驚くが、なぜか萬平もビックリ…その場で告白を撤回し、福子は混乱の日々を過ごす。

一方、萬平はたまたま屋台で隣同士になった世良に恋の相談をし「押しまくれ」とアドバイスをもらう。

翌朝、萬平は福子にもう一度告白すると福子から「OK」の返答が。

しかし二人の関係を知った母・鈴は会社経営をしている萬平と、亡くなった夫を重ねてしまい交際を猛反対。

そんなある日、咲が「結核で緊急入院」してしまう…福子に事情を聞いた萬平は力になろうと奮闘する。

一方、鈴に「萬平ともう会わないで」と言われた福子は・・・

…会いません。今は

と答えた。

その後、萬平は「結核の専門病院」を見つけ福子に知らせにやってくる…そこで鈴に「福子と関わらないでほしい」と言われた萬平だったが「それはできません。お姉さんが元気になったら結婚を申し込むつもりです」と言って去っていく。

< スポンサーリンク >

は萬平の紹介で転院し体調が回復したかに思われたが、病状は次第に悪化していき家族に見守られるなか亡くなった。

それからしばらくすると戦争は激化していき、人々の生活も苦しくなっていった…男達のもとに「赤紙」が届くようになり、次々と戦地へ向かっていく。

咲の夫・真一にも「赤紙」が届いていたことを知った福子は「咲姉ちゃんが守ってくれる」と真一の無事を祈るのだった。

そこで福子の萬平に対する本当の気持ちを知った真一は「お母さんは関係ない…大切な人が生きているなら手放してはいけない」とアドバイスをする。

真一に背中を押された福子は萬平の会社に行き、自分の気持ちを伝えようとする…しかしそこに突然、憲兵隊が現れ「軍事物資横領」の容疑で連行されてしまうのだった…。

 

・・・第3週へ続く

3週「そんなん絶対ウソ!」

13話あらすじと感想 10月15日(月)放送

14話あらすじと感想 10月16日(火)放送

15話あらすじと感想 10月17日(水)放送

16話あらすじと感想 10月18日(木)放送

17話あらすじと感想 10月19日(金)放送

18話あらすじと感想 10月20日(土)放送

あらすじ(第3週)

福ちゃんの目の前で、萬平さんが憲兵隊に連れ去られてしまいました。

共同経営者の加地谷さんによると、軍から支給された物資を横流ししたという疑いをかけられたとのこと。

萬平さんの無実を信じる福ちゃんは、友達に相談したり、憲兵に直接かけあったりするものの、どうにもできません。

萬平さんには連日、厳しい取り調べが続き、焦る福ちゃん。

そんな時、ホテルで開かれる商工会の集まりに、大阪の経済界で力を持つ三田村会長が出席すると聞き、勇気を振り絞って控え室のドアをたたきます。

頑張れ! 福ちゃん!

引用元:NHK公式サイト/まんぷく

ネタバレ(第3週)

平は福子の目の前で、憲兵隊に連れ去られてしまった…加地谷によると「軍の物資横流し」の容疑にかけられたとのこと。

福子は萬平がそんなことするはずない・・・

そんなん絶対ウソ!

と萬平の無実を信じた。

しかし加地谷は信じようとしないばかりか、福子の話をまともに聞こうともしない。

福子は友人に相談したり、憲兵隊の庁舎に乗り込んだりするが取り次いでもらえず…悩んだ末、母・事情を話すと、萬平との交際を猛反対。

一方、萬平は厳しい取り調べが続き食事も取らずに日に日に衰弱していく…しかし同じ牢屋に入っていた・稲村大悟に「生きて大事な女に会いたかったら食わなあかん!」と言われ、ようやく食べ物を口にするのだった。

そんなある日ホテルで開かれる会合で、経済界で力を持つ三田村会長が来ると聞いた福子は三田村に直談判をする…福子に「萬平は大阪の将来の為に必要な人」だと聞いた三田村は、憲兵に掛け合ってくれることを約束してくれた。

すると二人の会話を聞いていた世良が交渉をかってでる…世良は三田村に良い所を見せたいようだ。

< スポンサーリンク >

良が情報を集めていくうちに在庫管理をしていたのは加地谷で、横流しができるのは「加地谷」しかいないという答えにたどり着く…加地谷を尾行した世良は、加地谷と憲兵との密会現場を目撃。

そこで加地谷と憲兵・村城啓治が共謀し、罪を萬平にきせていたことを知る…世良から報告を受けた三田村は憲兵隊に顔がきく元陸軍大将・神宮幸之助に事情を話すと、神宮はすぐに憲兵隊に掛け合ってくれ萬平の無実が証明され釈放される。

福子と萬平に幸せな日常が戻ってくる…二人は互いの気持ちを確かめ合い「結婚」の許しをもらうため、鈴に会いにいく。

ずっと二人の交際を反対していた鈴だったが、福子と萬平の気持ちを聞き結婚を許す…そして福子と萬平の波乱万丈の人生が始まるのだった…。

 

・・・第4週へ続く

4週「私がみつけます!」

19話あらすじと感想 10月22日(月)放送

20話あらすじと感想 10月23日(火)放送

21話あらすじと感想 10月24日(水)放送

22話あらすじと感想 10月25日(木)放送

23話あらすじと感想 10月26日(金)放送

24話あらすじと感想 10月27日(土)放送

あらすじ(第4週)

昭和19年春。

福ちゃんと萬平さんが結婚して1年がたちました。

戦況が厳しくなり、庶民の生活は苦しくなるばかりです。

大阪も空襲される危険性が高まり、福ちゃんと萬平さんは嫌がる鈴さんを必死で説得し、兵庫の上郡に疎開します。

初めての3人暮らしが始まり、萬平さんと鈴さんの間に挟まれて苦労しながらも楽しく過ごしていた福ちゃん。

しかし、そんなある日、萬平さんに赤紙が来てしまいます。

「今戦地に行く兵隊さんはみな生きて帰れない」と聞いた福ちゃんは…。

引用元:NHK公式サイト/まんぷく

ネタバレ(第4週)

子と萬平が結婚して1年が経ち、戦況は悪化し暮らしは苦しくなっていた。

年が明けた昭和20年。

大阪から少し離れた天王寺で空襲が…次は「大阪」だという噂が流れ、福子と萬平は鈴と共に、萬平の親戚の住む田舎へ疎開することを決めるのだった。

そして疎開した福子達は、萬平のはとこ・八重の家の離れに住まわせてもらうこととなり、八重夫婦や近所の人達は福子達を暖かく迎い入れてくれる。

近所の人達は福子達に米や野菜などの食べ物を、惜しみなく分けてくれ食べ物に困ることはなかった。

この生活にも慣れてきた頃、散歩に出かけた萬平は川で魚を取っている子供達に会い、一緒に魚を捕まえているうちにもっと効率の良い方法を思いつく。

その方法は川に電気を流し魚を感電死させるというもの…そして萬平はいとも簡単に大量の魚を捕まえることに成功する。

そんなある日、萬平の元に「赤紙」が届く…「今戦地に行く兵隊さんはみな生きて帰れない」と聞いた福子は、「萬平に二度と会えなくなるかもしれない」と思うと涙が止まらない。

一方、覚悟を決めた萬平だったが翌朝、激しい腹痛に襲われ医者に「腹膜炎」だと診断される…薬で治る確率は「五分五分」だという。

一命を取り留めた萬平は、福子達の献身的な看病のお陰もあり、回復に向かっていった。

< スポンサーリンク >

日後、2度目の「赤紙」がきた萬平は入隊するが、また適正検査で引っかかりその日のうちに帰されてしまった…福子は元気のない萬平を外に連れ出す。

しかしそこに米軍の戦闘機が現れ、福子達は急いで近くの建物に身をひそめる…福子達のすぐ側を威嚇するように爆撃すると戦闘機は去っていった。

ケガもなく胸をなでおろしていると突然、萬平が「畜生!畜生!情けない」と泣き叫ぶ…萬平は体を壊し「お国のために働けない」ことを、心底悔しく思っていたのだ。

そんな萬平に福子は「戦争に行かなくとも、お国のためにできることはきっとあります。誰になんと言われようと生きていてほしいの!」と励ます。

萬平が「僕に…出来ること」とつぶやくと福子は・・・

「私が見つけます!」

と言う。

萬平はなにも言わずに福子を見つめ抱き寄せるのだった…。

 

・・・第5週へ続く

5週「信じるんです!」

25話あらすじと感想 10月29日(月)放送

26話あらすじと感想 10月30日(火)放送

27話あらすじと感想 10月31日(水)放送

28話あらすじと感想 11月1日(木)放送

29話あらすじと感想 11月2日(金)放送

30話あらすじと感想 11月3日(土)放送

あらすじ(第5週)

長く続いた戦争がようやく終わり、疎開していた福ちゃん、萬平さん、鈴さんは大阪に帰ってきました。

待っていたのは、敗戦後の厳しい現実。

大空襲を受けた大阪は、ほとんどの家々が焼け、食料が大きく不足していました。

配給では足りないため、闇市で高いお金を払って食料を買わなければなりません。

福ちゃんたちはお金を手に入れようと、持っていた着物を売っていきますが、だんだん売る物もなくなり、困っていたある日、萬平さんがある商売を思いつきます!

引用元:NHK公式サイト/まんぷく

ネタバレ(第5週)

く続いた戦争がやっと終わり大阪に戻った福子達だったが、空襲で家は焼けてしまい克子の家に居候させてもらうこととなる。

深刻な食料不足で配給では足りないため、闇市で高いお金を払い食料を買わなければならない…福子達は持っていた着物を売り、なんとか生活をしていた。

毎日すいとんが続き子供達から不満が漏れ出す…そんな子供達の気を紛らわそうと、福子は「目を閉じ心の中で思うんです…これはすいとんじゃない。大福餅」だと・・・

信じるんです!

と言うが、やはりみんなの頭の中では「すいとん」の文字が消えないのだった。

そんなある日、福子と萬平は夫婦になったキッカケの屋台の「ラーメン」を食べていると、福子は自然と「笑顔」になっていることに気付き「幸せになる一番の近道はおいしいものを食べることかもしれない」と思う…これがのちに「インスタントラーメン」を作るキッカケとなるのだった。

それからしばらくし福子が闇市にでかけた時、戦後をたくましく生きている世良と再会した…世良は違法に物を仕入れてさばく「闇屋」をしているようだ。

早速、世良は萬平に会いに行くが新しい仕事を見つけられない萬平に「残念やで。立花君が負け組でくすぶってんのが」と喝を入れ帰っていった。

< スポンサーリンク >

の夜、福子は配給を受け取りたくても身元を証明するものが焼けてしまい、困っている人が沢山いることを話すと萬平は「ハンコ」作りをひらめく。

萬平の思った通り身元を証明するものを必要としている人は多くいて、ハンコ屋は大繁盛…家族みんなでハンコ作りをし生活は安定し、食事も満足に食べれるようになる。

ある夜、家に泥棒が入るが物音に気付いた鈴が棒を振り回し追い詰める…泥棒は神部茂という青年で戦争で家が焼け家族も失い天涯孤独となり、追い詰められ盗みに入ったのだという。

福子達は空腹の神部にご飯を食べさせてあげると、神部は感謝の言葉を口にし「もう泥棒はしません!」と約束し帰っていった…神部は福子達に恩返ししようと出入りするようになり、子供達の家庭教師として家に住まわせてもらうことになった。

戦地に行っていた克子の夫・忠彦、咲の夫・真一も帰って来て、これで家族全員の無事が確認され福子達は心の底から「ホッ」とするのだった。

そんなある日、萬平は世良に「泉大津に残っている軍の倉庫」を紹介される…倉庫の中に何が残っているか借りるまではわからないが、鉄くずなんかもあり加工してなにか作れるのではないかと。

早速、萬平は福子に相談すると福子は賛成…家族に事情を話し福子達は引っ越しをすることとなる。

鈴と神部と共に、泉大津へ…。

 

・・・第6週へ続く

6週「お塩を作るんですか!?」

31話あらすじと感想 11月5日(月)放送

32話あらすじと感想 11月6日(火)放送

33話あらすじと感想 11月7日(水)放送

34話あらすじと感想 11月8日(木)放送

35話あらすじと感想 11月9日(金)放送

36話あらすじと感想 11月10日(土)放送

あらすじ(第6週)

福ちゃんたちは、克子姉ちゃんの家を出て、大阪南部の泉大津に引っ越してきました。

萬平さんは、旧陸軍が使っていたという倉庫から大量の鉄板を発見。

戦後の混乱期で、世の中に塩が足りないと知ったことをきっかけに、鉄板を使った塩作りを始めようと計画します。

居候の神部さんは従業員を集めようと奔走。

そして連れてきたのは、なんと14人もの若い男たち。

一緒に暮らす鈴さんの不満をよそに、福ちゃんはめいっ子のタカちゃんと一緒に、突然始まった集団共同生活を切り盛りしていきます。

引用元:NHK公式サイト/まんぷく

ネタバレ(第6週)

阪から20キロ離れた海の街、泉大津に移り住んだ福子達は長年放置された陸軍の施設で暮らしはじめる…倉庫には大量の鉄板があり、萬平は「なにかに使えないか」と考えるがなかなかアイディアが浮かばない。

そんなある日、福子達が近所の食堂でラーメンを食べた時に大阪にの屋台で食べた味に比べ塩気が足りないことに気付く…亭主によると配給で塩が手に入らず、闇市でも高額のため手を出せないのだという。

それを聞いた萬平は「目の前は海…鉄板を使って塩を作れないか」とひらめく…萬平の言葉に福子は・・・

塩を作るんですか!?

と聞き返すが、思いついた萬平は興奮状態で福子の話が耳に入っていないようだ。

萬平は「熱々の鉄板に塩水をかけ水が蒸発すると塩が作れる」と考え早速、神部と一緒に塩の産地・赤穂へ勉強をしに行く…帰ってきた萬平は塩作りのため設備の戦略を練りはじめ、男手が必要になると神部に人探しをお願いする。

しかし人を雇うとなると寝床の準備や食事の世話などしなくてはならない…お金の問題もあり鈴は反対するが、福子は「萬平が本気ならそれを支えるのが私の役目です」と説得し、鈴はしぶしぶ了承するのだった。

福子は地主を結婚した親友のハナの夫にお金を借りにいき、なんとかお金の工面をする。

< スポンサーリンク >

集めをしていた神部は14人もの青年を連れて帰ってくる…翌日から塩作りの準備をはじめるが、福子と鈴は男達の世話でヘトヘト。

そんなある日、男達は慣れない環境や作業でイライラがたまり些細なことでケンカが勃発してしまう…鈴の喝でその場は収まるが、疲労もたまり倒れてしまった。

萬平は福子と鈴の負担を減らすため「人を雇う」ことを提案するが、そんなお金はなかった…困った福子は克子に相談をしにいくと、克子の娘・タカが週末のみの手伝いを買って出でてくれる。

明るいタカが来てくれたことで、空気は一変し男達は何事もなかったかのように仲良くなるのだった。

本格的な塩作りが始まり塩が完成するが、丸一日かけてできた塩はわずかで男達の士気が下がってしまう…鈴も「商売にならない塩作りはやめよう」と提案する。

福子はみんなの意思を確かめるように「もうやりたくない人は大阪に帰ってもらっていいです」と言うと、すぐさま神部が「俺は諦めませんよ。せっかくここまで頑張ってきたんだから」と断言…すると神部に続くようにみんな「俺もやります」と塩作りを続けることを表明してくれる。

福子はその言葉に思わず涙が流れた…そして完成した塩を「塩作り」とするキッカケとなった食堂の夫婦の元に届けるのだった。

塩を譲ってもらった夫婦は大喜びで受け取り、かわりにラーメンをごちそうしてくれる…福子は男達に「皆さんは世の中の役にたつ仕事をしているの。だから頑張ってお塩を作りましょう」と話す。

男達の表明はみるみる明るくなり、やる気に溢れるのだった…。

 

・・・第7週へ続く

7週「私がなんとかします!」

37話あらすじと感想 11月12日(月)放送

38話あらすじと感想 11月13日(火)放送

39話あらすじと感想 11月14日(水)放送

40話あらすじと感想 11月15日(木)放送

41話あらすじと感想 11月16日(金)放送

42話あらすじと感想 11月17日(土)放送

あらすじ(第7週)

福ちゃんは、萬平さんが始めた製塩業を支えるため、近くに住む女学校仲間のハナちゃんに借金を申し込むことに。

そして、暑い中での重労働に不満がたまる15人の従業員をなんとかまとめあげ、ようやく売り物になる塩を作れるようになります。

ところが、商社を経営する世良さんの仲介で塩を販売してもらったところ、品質を理由に、想定していたよりもずっと低い値段でしか売れませんでした。

悔しさのあまり、より一層仕事に熱を入れる萬平さんでしたが、福ちゃんは世良さんが闇取引をしているという情報をつかんで…。

引用元:NHK公式サイト/まんぷく

ネタバレ(第7週)

に塩作りに認可がおり塩を初出荷を迎える…お祝いに来てくれた世良が専売局に持っていってくれることに。

萬平は3000円ほどの売上を見込んでいたが、世良が持ってきたのは半額の1500円…世良によると「茶色い塩が混ざり評価が下がった」のが原因だという…しかし実際は1500円を世良が盗んでいたのだ。

そんなことを知らない萬平は「絶対、最上級の塩を作ってやる」と強く思うのだった…そして生産量は落ちてしまうが品質をあげるため、従業員にも「今までよりも丁寧に仕事をするよう」指示する。

その日から仕事は一層大変なものになり、お金も底をついてしまう…福子は親友・ハナの夫に当面のお金を工面してもらうが、夫から「萬平さんは職人さんですやろ?とにかく良い物を作りたい…それでは社長は務まらない」と。

ハナにも「福子ちゃんがちゃんと考えてあげないと会社は潰れてしまう…塩作りは萬平さん、経理はお母さん、あとは福ちゃんが全部しないと」と厳しい言葉を投げかける…福子は二人の正論になにも言えない。

< スポンサーリンク >

度目の塩の出荷を迎え再び世良が専売局に持って行くと、今度は「最上級」と認められ満額で売れる…しかし世良が持って専売局に行ったのは8個だけで、残りの12個は闇市で高額で売りさばき、またお金を盗むのだった。

そんなある日、世良を闇市で見かけ不安になった従業員が萬平に「本当に塩を全て専売局におさめているのか」相談にいく…念のため専売局に確認した萬平は「出荷した量の半分も納品されていない」ことを知る。

翌日、闇市に出かけた福子は世良が塩を売った業者を見つけ、売上を盗んでいたことを突き止める…福子は世良を問い詰めるため向かった先にいたのは三田村会長。

世良が大阪商工会に参加していると知った福子は三田村のいる控え室を訪ねたのだ…福子は三田村にこれまでのいきさつを話していると、萬平に興味を持った三田村は多額の投資をしてくれることに。

三田村に乗っかるように投資をしようとする世良に福子は「お金を受け取ったら、うちも闇業者と取引したことになるから」と嫌味も込めて断る。

そして帰ってきた福子は萬平と鈴に「三田村が投資してくれる」ことを報告し、さらに「妊娠」がわかったこと伝えみんなで大喜びするのだった…。

 

・・・第8週へ続く

8週「新しい冒険!?」

43話あらすじと感想 11月19日(月)放送

44話あらすじと感想 11月20日(火)放送

45話あらすじと感想 11月21日(水)放送

46話あらすじと感想 11月22日(木)放送

47話あらすじと感想 11月23日(金)放送

48話あらすじと感想 11月24日(土)放送

あらすじ(第8週)

福ちゃんは臨月を迎えていました。

もともと、製塩所で働く従業員たちの世話の大変さに不満をもっていた鈴さんは、身重の福ちゃんの分まで働かざるを得ず、我慢の限界に。

ある日、萬平さんとのささいな口論をきっかけに鈴さんは家を飛び出してしまいます。

福ちゃんと萬平さんは鈴さんを探すもののみつかりません。

その途中、萬平さんの目にとまったのは、戦後の焼け野原で食べる物に困り、栄養失調で倒れている人々。

それを見た萬平さんは、困っている人々を救うある新規事業を思いつきます。

そんな時、ついに福ちゃんに陣痛が…!

引用元:NHK公式サイト/まんぷく

ネタバレ(第8週)

平は三田村に投資してもらった3万円で安定してきたたちばな塩業を拡大するか、新たな事業に挑戦するか迷っていた…しかし福子の後押しもあり萬平は新しい事業にチャレンジすることを決める。

そんなある日、臨月を迎えていた福子の陣痛が始まる…福子は無事、元気な男の子を出産し「源(げん)」と名付けられた。

しかし福子は産後の回復が悪く起き上がれない日々が続いていた…産婆さんに「栄養のあるものを食べさせなさい」とアドバイスをもらった萬平はニワトリの卵を食べさせるが、数口を食べるのがやっとで福子の体調は良くならない。

さらに萬平は産婆さんに「野菜も魚も食べさせないとダメ」と言われ、翌日から福子に栄養のある物を食べさせ次第に回復していく…それでも福子が元気を取り戻したのは3ヶ月後だった。

< スポンサーリンク >

平はこの経験を生かして、誰でも手軽に身体に必要な栄養を取ることができる「栄養食品」を開発することを決める…神部のツテで栄養学の教授・近江谷佐吉の指導を受けることに。

早速、萬平は新事業の準備に取り掛かり「たちばな栄養食品研究室」を立ち上げた…福子に「パンに塗るよなものはどうでしょう?」と助言をもらった萬平は手軽で安く手に入る食品を考え始める。

萬平達が「動物性タンパク質」を得るため注目した材料は近くの山で捕まえた「ガマガエル」だった…早速、ガマガエルを鍋で煮込むが、鍋が爆発し失敗で終わってしまう。

しかし、萬平は「何度も失敗してこそ成功がある…世の中の栄養失調で苦しんでいる人達のために必ず新しい食品を作る」と失敗を笑いとばすのだった…。

 

・・・第9週へ続く

9週「違うわ、萬平さん」

49話あらすじと感想 11月26日(月)放送

50話あらすじと感想 11月27日(火)放送

51話あらすじと感想 11月28日(水)放送

52話あらすじと感想 11月29日(木)放送

53話あらすじと感想 11月30日(金)放送

54話あらすじと感想 12月1日(土)放送

あらすじ(第9週)

男の子を出産した福ちゃん。

しかし萬平さんは、神部さんを初めとした何人かの従業員と一緒に、「ダネイホン」と名付けた新しい栄養食品の開発にすっかり夢中です。

家族で過ごす時間が少しでも欲しいと願う福ちゃんでしたが、不満を持っているのは自分だけではないと気がつきます。

「ダネイホン」開発チームに選ばれなかった「塩作り組」は、萬平さんが自分たちのことは見向きもしてくれないと腹を立てていたのです。

不満のたまった「塩作り組」はある日、倉庫でとんでもないものをみつけます。まさかそれが、進駐軍を巻き込んだ大きな事件の引き金になるなんて…。

引用元:NHK公式サイト/まんぷく

ネタバレ(第9週)

しそうに開発をしているダネイホン組のその一方で、塩作り組の負担は増え萬平が自分達に見向きしないと腹をたてるのだった…福子も研究室にこもりきりの萬平に、家族の時間が少しでもほしいと不満に思っていた。

塩作り組の不満の声を耳にした福子は萬平に伝えるが、研究がうまくいっていない萬平はイライラ…「そんなどうでもいいこと、いちいち僕に言うな!」と激怒…夫婦ゲンカへと発展してしまうのだった。

さらにダネイホン組と塩作り組のケンカも勃発…萬平は福子に「世の中の人を喜ばせたいなら、まずは自分の周りの人を幸せにしないと」と言われ、やっと自分のせいで亀裂が入ってしまったことに気付く。

萬平は従業員に謝り「これらは交代で研究室に入りみんなでダネイホン作りを手伝ってほしい」とお願いした…するとみんなが一つになりヤル気に溢れ、全員でダネイホン作りが始まるのだった。

< スポンサーリンク >

いに完成したダネイホンを売り出すことになったが、健康食品は一般的には馴染みがなく「味と値段」も不評で全く売れない…悩んだ萬平は、会社が倒産し失業中だった真一に仕事を手伝ってもらうことに。

真一は元々証券会社に勤めていたので数字に強く、経理と営業を任せられるからだ…真一は萬平の「人の役に立ちたい」という気持ちに賛同し、一つ返事で仕事を手伝ってくれることとなった。

そして福子はダネイホンを病院に売り込みことを思いつく…入院している人は誰より栄養が必要で、病院ならさほど味にはこだわらないと思ったのだ。

福子の思いつきは見事に当たり「栄養も取れ消化も良い」と病院からどんどん注文が殺到し、萬平会社は軌道に乗っていく。

しかしそんなある日、突然進駐軍の捜査が入る…海で爆弾音がしたと通報が入ったのだという。

身に覚えがない萬平は「そんなことは知らない!」と反発するが、実は食事用の魚が少ないと文句を言われた高木らは床下から見つけた手榴弾を海に投げ込み大量の魚を捕まえていたのだった…。

 

・・・第10週へ続く

10週「私は武士の娘の娘!」

55話あらすじと感想 12月3日(月)放送

56話あらすじと感想 12月4日(火)放送

57話あらすじと感想 12月5日(水)放送

58話あらすじと感想 12月6日(木)放送

59話あらすじと感想 12月7日(金)放送

60話あらすじと感想 12月8日(土)放送

あらすじ(第10週)

進駐軍への反乱容疑で逮捕された萬平(長谷川博己)や神部(瀬戸康史)ら16人の男たち。

たちばな塩業の建物は元々陸軍の倉庫で、隠されていた手榴弾を社員が見つけ、魚をとるのに使っていたため、疑いをかけられたのだった。

福子(安藤サクラ)は萬平たちの無実を晴らそうと奔走するが、進駐軍のビンガム(メイナード・プラント【MONKEY MAJIK】)とメイ(ブレイズ・プラント【MONKEY MAJIK】)は追求の手を緩めようとせず、頼みの綱の世良(桐谷健太)も逮捕されてしまい…。

引用元:NHK公式サイト/まんぷく

ネタバレ(第10週)

下から手榴弾が見つかったことで、萬平達は「進駐軍に反乱を企てる」という容疑がかけられてしまう…萬平は福子に「ダネイホンと塩をしてほしい」と言い残し連行されてしまった。

残された福子達は萬平の言いつけ通り、ダネイホン作りと塩の納品をして萬平達が戻ってくるまで会社を守ろうと決意する。

一方、捕まった高木達は「元々、倉庫に手榴弾があり海で夕食の魚を捕まえるために使った」と訴えるが、進駐軍、曹長のハリー・ビンガムや軍曹のジョナサン・メイに全く信じてもらえない。

取り調べを行なっていたビンガムが注目したのは萬平の技術力…「新兵器さえ作れるのでは」と疑われるが、萬平は「あなた達とまたケンカをしようなんて、そんなくだらないことをしている暇はない」と否定する。

そして萬平達が捕まったことはすぐに新聞に載り、倉庫を紹介した世良まで逮捕されてしまう…塩を販売していた専売局からも「取引の停止」をほのめかされてしまうのだった。

< スポンサーリンク >

れからしばらくして、高木達の証言のもとビンガムが現場検証を行うが、この日に限って魚は一匹も浮かんでこない…高木達が言っていたことは「ウソ」だと断言されてしまう。

しかし、福子はビンガムに向かって「私の夫は絶対にそんなことはしない!」と必死に無実を訴えるが聞き入れてもらえない。

そして、萬平はビンガムに「無実の証拠がない限り軍事裁判にかける」と最終忠告をうけてしまう…萬平は覚悟を決め「辛い思いをするのは僕一人で十分です」と言って従業員と世良を釈放してほしいと頼むのだった。

悩んだビンガムはもう一度、高木達が海で魚をとっていたのと同じ時間に手榴弾を投げることに…すると、今度は大量の魚が浮かんでくる。

それを見た福子は「彼らは無実よ!」と大声さけぶ…そして無実が証明された萬平達は釈放され無事に福子のもとに帰ってくるのだった…。

 

・・・第11週へ続く

11週「まんぺい印のダネイホン!」

61話あらすじと感想 12月10日(月)放送

62話あらすじと感想 12月11日(火)放送

63話あらすじと感想 12月12日(水)放送

64話あらすじと感想 12月13日(木)放送

65話あらすじと感想 12月14日(金)放送

66話あらすじと感想 12月15日(土)放送

第11週ネタバレまとめ

12週「あの頃には戻れない」

67話あらすじと感想 12月17日(月)放送

68話あらすじと感想 12月18日(火)放送

69話あらすじと感想 12月19日(水)放送

70話あらすじと感想 12月20日(木)放送

71話あらすじと感想 12月21日(金)放送

72話あらすじと感想 12月22日(土)放送

第12週ネタバレまとめ

< スポンサーリンク >

13週「覚悟を決めます」

73話あらすじと感想 12月24日(月)放送

74話あらすじと感想 12月25日(火)放送

75話あらすじと感想 12月26日(水)放送

76話あらすじと感想 12月27日(木)放送

77話あらすじと感想 12月28日(金)放送

第13週ネタバレまとめ

14週「みんな幸せに」

78話あらすじと感想 1月4日(金)放送

79話あらすじと感想 1月5日(土)放送

第14週ネタバレまとめ

15週「後悔してるんですか?」

80話あらすじと感想 1月7日(月)放送

81話あらすじと感想 1月8日(火)放送

82話あらすじと感想 1月9日(水)放送

83話あらすじと感想 1月10日(木)放送

84話あらすじと感想 1月11日(金)放送

85話あらすじと感想 1月12日(土)放送

第15週ネタバレまとめ

16週「あとは登るだけです」

86話あらすじと感想 1月14日(月)放送

87話あらすじと感想 1月15日(火)放送

88話あらすじと感想 1月16日(水)放送

89話あらすじと感想 1月17日(木)放送

90話あらすじと感想 1月18日(金)放送

91話あらすじと感想 1月19日(土)放送

第16週ネタバレまとめ

17週「」

92話あらすじと感想 1月21日(月)放送

93話あらすじと感想 1月22日(火)放送

94話あらすじと感想 1月23日(水)放送

95話あらすじと感想 1月24日(木)放送

96話あらすじと感想 1月25日(金)放送

97話あらすじと感想 1月26日(土)放送

第17週ネタバレまとめ

 

※情報が公開され次第、追記していきます

主題歌

DREAMS COME TRUE
「あなたとトゥラッタッタ♪」

※公式MVが配信されるまで、こちらを聴いてください

U-NEXTで視聴する!

朝ドラ「まんぷく」は、ドラマのストーリー1話~最新話まで 「U-NEXT」で配信されている。

U-NEXTの登録はこちら

その他のドラマ/ネタバレ

< スポンサーリンク >

 

本日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

出典元:https://www.nhk.or.jp

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで【ジョニタメ】をフォローしよう!