朝ドラ「まんぷく」あらすじと感想

朝ドラ「まんぷく」第5週「信じるんです!」28話(11月1日放送分)のあらすじと感想を公開しています。

見逃してしまった人や、あまり興味はないが内容が気になる人もいるだろう。

ここでは第5週「信じるんです!」28話のあらすじと感想に始まり、28話の登場人物およびキャストを公開するので参考になればと思う。

ちなみに朝ドラ「まんぷく」は、ドラマのストーリー1話~最新話まで 「U-NEXT」 で配信されている。

U-NEXTの登録はこちら

< スポンサーリンク >

まんぷく

まんぷく第27話あらすじや感想とキャスト(10月31日放送分)

28話あらすじ

夜中、家に入った泥棒は引き出しからお金を取ろうとしていた…その瞬間、鈴が「何しているの!!」と棒を振り回し追い詰める。

その泥棒は神部茂という青年で戦争から帰ってきたら家が焼けていて、唯一の肉親の母親を亡くし天涯孤独となってしまったのだ…そして神部は福子達のハンコ屋が繁盛していることを知り泥棒に入ったのだという。

神部を責める鈴だったが、福子達は強く責めることはできなかった…そこまで話すと急に神部は空腹で倒れてしまった。

ご飯を食べさせてあげると神部ののん気な食べっぷりに、みんな眠気が勝ち萬平を残し寝てしまう。

萬平もいつの間にか眠ってしまい翌朝、目を覚ますと神部の姿はない…しかし神部は「泥棒に入ったのにご飯を食べさせてもらった申し訳なさと感謝の気持ち」を込め廊下の雑巾がけをしていたのだ。

神部は福子達にもう一度お礼を言って帰ろうとするが、福子と萬平は行くあてがない神部のことが心配でたまらない…神部は「もう泥棒はしません!」と言い笑顔で帰っていった。

そして再び事件が起こる…深夜また何者かが、家に忍び寄んできたのだ。

それに気付いた鈴は神部がまた泥棒に入ったのだと思い「またあんたか!!」と叫ぶが、その男は神部ではなく、克子の夫・忠彦だった。

鈴は慌てて福子達を起こし、忠彦の姿を見た克子は驚き過ぎ言葉が出ない…やっと状況を把握した克子は「生きてた」と涙を流し忠彦を強く抱きしめた。

翌朝、目を覚ました子供達は当たり前のように庭に立っている忠彦を見て驚くが、嬉しくてたまらない様子…思わず長男・重之が「万歳」と叫ぶ。

福子達も一緒に「万歳」と叫ぶ…すると、そこに聞き慣れない声が混じる。

それに気付いた萬平は驚く…なぜか神部が立っていたからだ…。

 

・・・29話へ続く

まんぷく第29話あらすじや感想とキャスト(11月2日放送分)

感想

泥棒に入った神部という男…なんとも憎めない人懐っこい性格をしていますね。

福子達に優しくしてもらったことがよほど嬉しかったのか、戻って来ちゃいましたね。

また忠彦が無事に帰ってきてくれて本当に嬉しいです。

< スポンサーリンク >

登場人物/キャスト

次に第28話に登場する人物の役柄とキャストを紹介しよう。

今井 福子/安藤サクラ

朝ドラ「まんぷく」物語のヒロイン。

後に萬平と共に「インスタントラーメン」という大発明をする。

立花 萬平/長谷川博己

福子の夫。

幼い頃から発想力と行動力がある。

今井 鈴/松坂慶子

福子の母親。

夫に先立たれてから、娘三人を女手一つで育ててきた。

感情の起伏が激しく気位が高く、品格を大切にしている。

香田 克子/松下奈緒

福子の姉で、今井家の次女。

周りの反対を押し切り、画家の忠彦と結婚。

四人の子供に恵まれる。

香田 忠彦/要潤

今井家の次女・克子の夫で、売れない画家。

戦地から無事帰ってくる。

香田 タカ/岸井ゆきの

克子と忠彦の長女で、福子の姪。

妹や弟の面倒をよく見る、家族思いの頑張り屋。

神部 茂/瀬戸 康史

戦争で家も母親も亡くし天涯孤独となる。

克子の家に泥棒に入り福子達と出会う。

U-NEXTで視聴する!

朝ドラ「まんぷく」は、ドラマのストーリー1話~最新話まで 「U-NEXT」で配信されている。

U-NEXTの登録はこちら

各話の詳細ネタバレまとめ

その他のドラマ/ネタバレ

< スポンサーリンク >

 

本日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで【ジョニタメ】をフォローしよう!