朝ドラ「まんぷく」あらすじと感想

朝ドラ「まんぷく」第6週「お塩を作るんですか!?」36話(11月10日放送分)のあらすじと感想を公開しています。

見逃してしまった人や、あまり興味はないが内容が気になる人もいるだろう。

ここでは第6週「お塩を作るんですか!?」36話のあらすじと感想に始まり、36話の登場人物およびキャストを公開するので参考になればと思う。

ちなみに朝ドラ「まんぷく」は、ドラマのストーリー1話~最新話まで 「U-NEXT」 で配信されている。

U-NEXTの登録はこちら

< スポンサーリンク >

まんぷく

まんぷく第35話あらすじや感想とキャスト(11月9日放送分)

36話あらすじ

設備が完成し本格的な塩作りがスタートする…体を使う作業に疲労もたまっていたが、萬平を中心にチームワークも高まっていく。

そして遂に塩が完成するが、丸一日かけてできた塩はわずか…男達のテンションは明らかに下がっていた。

すると鈴が「商売にならない塩作りはやめよう」と提案する…福子も「塩作り諦めますか?やりたくない人は大阪に帰ってもいいです」とみんなの気持ちを試すように尋ねた。

すぐに神部は「俺は諦めませんよ。ここまで頑張ってきたんだから」と断言…神部に続くように男達も「俺もやります」と続けることを表明してくれる。

福子はその言葉を聞いて嬉し涙が流れた…そして完成した塩を「塩作り」のキッカケとなった食堂の夫婦に届けるのだった。

塩を譲ってもらった夫婦は「やっと本来の味がだせる」と大喜びで、お礼に全員分のラーメンをごちそうしてくれる。

何度も何度もお礼を言う夫婦を見て福子は、結婚前に萬平が「世の中のためになる仕事がしたい。みんなが喜んでくれる仕事がしたい」言っていたことを思い出し、その夢が現実になったと語った。

そして福子は男達に向かって「皆さんは世の中のためになる仕事をしてるの。だから頑張って塩作りをしましょう」と興奮気味に話す…福子の話を聞いていた男達はやる気で溢れるのだった…。

 

・・・37話へ続く

まんぷく第37話あらすじや感想とキャスト(11月12日放送分)

感想

遂に塩が完成しました。

塩作りは何度も海水を鉄板に流したり、かなり体力のいる仕事です。

確かに丸一日頑張ってできた塩が、少量だと正直がっかりもしちゃいますよね。

でも食堂の夫婦の喜ぶ姿を見ると「頑張ろう」という気持ちになりますね…やっとみんなの気持ちが一つになってきましたね。

< スポンサーリンク >

登場人物/キャスト

次に第36話に登場する人物の役柄とキャストを紹介しよう。

今井 福子/安藤サクラ

朝ドラ「まんぷく」物語のヒロイン。

後に萬平と共に「インスタントラーメン」という大発明をする。

立花 萬平/長谷川博己

福子の夫。

幼い頃から発想力と行動力がある。

今井 鈴/松坂慶子

福子の母親。

夫に先立たれてから、娘三人を女手一つで育ててきた。

感情の起伏が激しく気位が高く、品格を大切にしている。

香田 タカ/岸井ゆきの

克子と忠彦の長女で、福子の姪。

妹や弟の面倒をよく見る、家族思いの頑張り屋。

神部 茂/瀬戸 康史

戦争で家も母親も亡くし天涯孤独となる。

克子の家に泥棒に入り福子達と出会う。

岡 幸助/中尾 明慶

萬平の塩工場で働くこととなる。

真面目な性格だが、自尊心が高くけんかっ早い所もあり。

三原 竹春/阿南健治

ラーメン屋の亭主。

三原 まさの/久保田磨希

ラーメン屋の奥さん。

U-NEXTで視聴する!

朝ドラ「まんぷく」は、ドラマのストーリー1話~最新話まで 「U-NEXT」で配信されている。

U-NEXTの登録はこちら

各話の詳細ネタバレまとめ

その他のドラマ/ネタバレ

< スポンサーリンク >

 

本日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで【ジョニタメ】をフォローしよう!