朝ドラ「まんぷく」あらすじと感想

朝ドラ「まんぷく」第7週「私がなんとかします!」41話(11月16日放送分)のあらすじと感想を公開しています。

見逃してしまった人や、あまり興味はないが内容が気になる人もいるだろう。

ここでは第7週「私がなんとかします!」41話のあらすじと感想に始まり、41話の登場人物およびキャストを公開するので参考になればと思う。

ちなみに朝ドラ「まんぷく」は、ドラマのストーリー1話~最新話まで 「U-NEXT」 で配信されている。

U-NEXTの登録はこちら

< スポンサーリンク >

まんぷく

まんぷく第40話あらすじや感想とキャスト(11月15日放送分)

41話あらすじ

週末、遊ぶに出かけた従業員・小松原から「闇市に世良がいた」という報告が萬平に入る…話を聞いた神部は、本当に塩を専売局におさめているのか不安になり「信用できる人なんですか?世良さんは」と尋ねる。

萬平は「僕の友達を悪く言うな!」と反論するが、鈴が念のため専売局に確認すると出荷した量の半分も納品されていないことが判明し、萬平と鈴は驚きのあまり言葉がでない。

その頃、福子は忠彦を説得するため真一に助けを求め、一緒に忠彦の元に…
福子は仕事にのめり込む萬平を近くで見てるたま、絵を書くのに没頭する忠彦の気持ちはわかってるつもりだ。

しかし福子は萬平に体を壊してまで働いてもらいたくない…「本人はそれで幸せでも、家族にも心配する権利がある」と言って、鏡を手渡す。

そこには忠彦のやつれた顔が映しだされた…福子は「そんなやつれた顔を見た家族はどう思うのか」と聞くと、忠彦は自分よがりだったことに気付き克子に「いい夫でいい父でいい画家になる」と約束する。

その後、街中に遊ぶに来ていた従業員が福子と真一が一緒に歩いているところを見て「男と密会している」と勘違いをし、萬平に密会疑惑を報告した。

萬平は帰ってきた福子を問いただそうとするが、タイミングを逃し聞き出せずにモヤモヤとした気持ちを机にぶつけるのだった…。

 

・・・42話へ続く

まんぷく第42話あらすじや感想とキャスト(11月17日放送分)

感想

世良が闇市で塩を売っていたことが発覚しました…萬平は福子にそのことを話そうとしますが、密会疑惑のこともあり、どちらも言い出すことが出来ませんでした。

しかし福子に限って浮気なんて、ありえないと思いますけどね!(笑)

< スポンサーリンク >

登場人物/キャスト

次に第41話に登場する人物の役柄とキャストを紹介しよう。

今井 福子/安藤サクラ

朝ドラ「まんぷく」物語のヒロイン。

後に萬平と共に「インスタントラーメン」という大発明をする。

立花 萬平/長谷川博己

福子の夫。

幼い頃から発想力と行動力がある。

今井 鈴/松坂慶子

福子の母親。

夫に先立たれてから、娘三人を女手一つで育ててきた。

感情の起伏が激しく気位が高く、品格を大切にしている。

香田 克子/松下奈緒

福子の姉で、今井家の次女。

周りの反対を押し切り、画家の忠彦と結婚。

四人の子供に恵まれる。

香田 忠彦/要潤

今井家の次女・克子の夫で、売れない画家。

戦地から無事帰ってくる。

香田 タカ/岸井ゆきの

克子と忠彦の長女で、福子の姪。

妹や弟の面倒をよく見る、家族思いの頑張り屋。

小野塚 真一/大谷亮平

今井家の長女・咲の夫。

戦地から無事帰ってくる。

神部 茂/瀬戸 康史

戦争で家も母親も亡くし天涯孤独となる。

克子の家に泥棒に入り福子達と出会う。

岡 幸助/中尾 明慶

萬平の塩工場で働くこととなる。

真面目な性格だが、自尊心が高くけんかっ早い所もあり。

世良 勝夫/桐谷健太

戦後をたくましく生きる男。

現在は闇屋をやっている。

U-NEXTで視聴する!

朝ドラ「まんぷく」は、ドラマのストーリー1話~最新話まで 「U-NEXT」で配信されている。

U-NEXTの登録はこちら

各話の詳細ネタバレまとめ

その他のドラマ/ネタバレ

< スポンサーリンク >

 

本日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで【ジョニタメ】をフォローしよう!