朝ドラ「まんぷく」あらすじと感想

朝ドラ「まんぷく」第10週「私は武士の娘の娘!」57話(12月5日放送分)のあらすじと感想を公開しています。

見逃してしまった人や、あまり興味はないが内容が気になる人もいるだろう。

ここでは第10週「私は武士の娘の娘!」57話のあらすじと感想に始まり、57話の登場人物およびキャストを公開するので参考になればと思う。

ちなみに朝ドラ「まんぷく」は、ドラマのストーリー1話~最新話まで 「U-NEXT」 で配信されている。

U-NEXTの登録はこちら

< スポンサーリンク >

まんぷく

まんぷく第56話あらすじや感想とキャスト(12月4日放送分)

57話あらすじ

取り調べをうける世良は萬平の人間性を伝え「萬平が手榴弾で魚を獲ったというなら本当の話だ」と必死に訴えるが、信じてもらえず世良も雑居房に収監されてしまう。

一方、ビンガムが注目するのは萬平の技術力…「新型兵器さえも作れるのでは」と疑われるが、萬平は「あなた達とまたケンカをしようなんて…そんなくだらないことしている暇はない!」と否定する。

その頃、福子の元にラーメン屋の夫婦とハナが心配して駆けつけてくれる…ラーメン屋の夫婦によると、お客さんから「若い男達が海で手榴弾を爆発させていたのを見た」という証言があり、その人が進駐軍に通報した可能性が高いのだという。

そこに再び進駐軍が乗り込んでくる…「手榴弾を海で魚を取るために使った」という高木達の証言の元、進駐軍のビンガムが現場検証をするが、この日にかぎって魚は一匹も浮かんでくることはなかった。

魚がなぜ浮かんでこなかったのかはわからないが、高木達の言っていることは「ウソ」だと断定されてしまうのだった…そして、福子はビンガムに向かって「私の夫は絶対にそんなことはしない!」と必死に無実を訴えるが、聞き入れない。

しかし執務室に戻ってきたビンガムは、萬平が言った言葉や福子の訴えを思い出しながら、女性と一緒に写った写真をじっと見つめるのだった…。

 

・・・58話へ続く

まんぷく第58話あらすじや感想とキャスト(12月6日放送分)

感想

なぜ今日に限って魚が一匹も浮かんでこなかったのでしょうか?

時間とかも関係あるのですかね?

しかし、これで完全に魚を捕るために手榴弾を使ったというのが「ウソ」だと思われてしまいました。

厳しい状況が続きますね。

< スポンサーリンク >

登場人物/キャスト

次に第57話に登場する人物の役柄とキャストを紹介しよう。

今井 福子/安藤サクラ

朝ドラ「まんぷく」物語のヒロイン。

後に萬平と共に「インスタントラーメン」という大発明をする。

立花 萬平/長谷川博己

福子の夫。

幼い頃から発想力と行動力がある。

今井 鈴/松坂慶子

福子の母親。

夫に先立たれてから、娘三人を女手一つで育ててきた。

感情の起伏が激しく気位が高く、品格を大切にしている。

香田 克子/松下奈緒

福子の姉で、今井家の次女。

周りの反対を押し切り、画家の忠彦と結婚。

四人の子供に恵まれる。

香田 忠彦/要潤

今井家の次女・克子の夫で、売れない画家。

戦地から無事帰ってくる。

小野塚 真一/大谷亮平

今井家の長女・咲の夫。

萬平の会社で一緒に働くことに。

神部 茂/瀬戸 康史

戦争で家も母親も亡くし天涯孤独となる。

克子の家に泥棒に入り福子達と出会う。

岡 幸助/中尾 明慶

萬平の塩工場で働くこととなる。

真面目な性格だが、自尊心が高くけんかっ早い所もあり。

世良 勝夫/桐谷健太

戦後をたくましく生きる男。

個人で商社を経営している。

三田村 亮蔵/橋爪功

大阪商工会の会長。

萬平の会社に投資している。

ハリー・ビンガム/メイナード・プラント

進駐軍の曹長。

萬平達の取り調べを担当。

ジョナサン・メイ/ブレイズ・プラント

進駐軍の軍曹。

萬平達の取り調べを担当。

チャーリー・タナカ/岡崎 体育

進駐軍でカルフォルニア日系人。

萬平達が収監されている雑居房の監視役。

U-NEXTで視聴する!

朝ドラ「まんぷく」は、ドラマのストーリー1話~最新話まで 「U-NEXT」で配信されている。

U-NEXTの登録はこちら

各話の詳細ネタバレまとめ

その他のドラマ/ネタバレ

< スポンサーリンク >

 

本日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで【ジョニタメ】をフォローしよう!