朝ドラ「まんぷく」あらすじと感想

朝ドラ「まんぷく」第10週「私は武士の娘の娘!」59話(12月7日放送分)のあらすじと感想を公開しています。

見逃してしまった人や、あまり興味はないが内容が気になる人もいるだろう。

ここでは第10週「私は武士の娘の娘!」59話のあらすじと感想に始まり、59話の登場人物およびキャストを公開するので参考になればと思う。

ちなみに朝ドラ「まんぷく」は、ドラマのストーリー1話~最新話まで 「U-NEXT」 で配信されている。

U-NEXTの登録はこちら

< スポンサーリンク >

まんぷく

まんぷく第58話あらすじや感想とキャスト(12月6日放送分)

59話あらすじ

塩の販売ができなくなり、ダネイホンの材料もなくなり手伝えることはなくなった克子と忠彦は久しぶりに家に帰る…神部のことを心配するタカに忠彦は突然「神部君が帰ってきたら結婚してもいい」と言う。

そこまで考えていなかったタカと克子は目を丸くし驚くが、タカに久々の笑顔が…その頃、留置場では神部もタカのことを思っていた。

そんな中、世良はチャーリーに「戦争中、日系人は辛い思いしただろう」と優しく声をかけるが、チャーリーの心を逆なでし一触即発寸前。

そんな雰囲気の中、神部が取り調べに呼ばれ、メイから釈放を条件に「萬平さんがクーデターを計画していた」と証言するよう迫られる…しかし、神部は「萬平と福子が助けてくれたこと」を話し、証言することをハッキリ断った。

一方、福子と鈴にも取り調べの要請が…福子はビンガムに「萬平反逆する意思は全くない」と訴え、萬平に会わせてほしいとお願いするが断られてしまう。

そこで福子はせめて萬平達に書いた手紙を渡してほしいと頼むと、ビンガムは「検問を通れば渡す」と約束してくれた…そして、福子の手紙の内容を知ったビンガムはどこか思いつめた表情をするのだった…。

 

・・・60話へ続く

まんぷく第60話あらすじや感想とキャスト(12月8日放送分)

感想

タカは神部のことを好きだったんですね…いい感じだとは思っていましたが、両想いだったとは。

しかし、忠彦の「結婚してもいい」というのは極端で驚きました(笑)

どんどん忠彦の人間らしさというか人柄にハマっていきそうです。

< スポンサーリンク >

登場人物/キャスト

次に第59話に登場する人物の役柄とキャストを紹介しよう。

今井 福子/安藤サクラ

朝ドラ「まんぷく」物語のヒロイン。

後に萬平と共に「インスタントラーメン」という大発明をする。

立花 萬平/長谷川博己

福子の夫。

幼い頃から発想力と行動力がある。

今井 鈴/松坂慶子

福子の母親。

夫に先立たれてから、娘三人を女手一つで育ててきた。

感情の起伏が激しく気位が高く、品格を大切にしている。

香田 克子/松下奈緒

福子の姉で、今井家の次女。

周りの反対を押し切り、画家の忠彦と結婚。

四人の子供に恵まれる。

香田 忠彦/要潤

今井家の次女・克子の夫で、売れない画家。

戦地から無事帰ってくる。

香田 タカ/岸井ゆきの

克子と忠彦の長女で、福子の姪。

たちばな塩業で、週末手伝いをしている。

小野塚 真一/大谷亮平

今井家の長女・咲の夫。

萬平の会社で一緒に働くことに。

神部 茂/瀬戸 康史

戦争で家も母親も亡くし天涯孤独となる。

克子の家に泥棒に入り福子達と出会う。

岡 幸助/中尾 明慶

萬平の塩工場で働くこととなる。

真面目な性格だが、自尊心が高くけんかっ早い所もあり。

世良 勝夫/桐谷健太

戦後をたくましく生きる男。

個人で商社を経営している。

ハリー・ビンガム/メイナード・プラント

進駐軍の曹長。

萬平達の取り調べを担当。

ジョナサン・メイ/ブレイズ・プラント

進駐軍の軍曹。

萬平達の取り調べを担当。

チャーリー・タナカ/岡崎 体育

進駐軍でカルフォルニア日系人。

萬平達が収監されている雑居房の監視役。

U-NEXTで視聴する!

朝ドラ「まんぷく」は、ドラマのストーリー1話~最新話まで 「U-NEXT」で配信されている。

U-NEXTの登録はこちら

各話の詳細ネタバレまとめ

その他のドラマ/ネタバレ

< スポンサーリンク >

 

本日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで【ジョニタメ】をフォローしよう!