朝ドラ「まんぷく」あらすじと感想

朝ドラ「まんぷく」第13週「生きてさえいれば」76話(12月27日放送分)のあらすじと感想を公開しています。

見逃してしまった人や、あまり興味はないが内容が気になる人もいるだろう。

ここでは第13週「生きてさえいれば」76話のあらすじと感想に始まり、76話の登場人物およびキャストを公開するので参考になればと思う。

ちなみに朝ドラ「まんぷく」は、ドラマのストーリー1話~最新話まで 「U-NEXT」 で配信されている。

U-NEXTの登録はこちら

< スポンサーリンク >

まんぷく

まんぷく第75話あらすじや感想とキャスト(12月26日放送分)

76話あらすじ

東の事務所に家宅捜査をし、裁判を取り下げる材料を探す財務局だったが、結局なにもやましい物はなにもなく焦る…東はその焦りを察し、知り合いの財務局に頼み背景を探ることに。

すると、奨学金は非課税で税金を払う必要がないことが発覚し、萬平の逮捕は不当逮捕だということが判明する…東はそこを責めたところで進駐軍は「日本の法律に従う必要はない」と開き直るを考え、新聞に不当逮捕を掲載し「世間を味方につける」ことを提案。

さらに東は、訴えを取り下げてほしい財務局の望み通り訴えを取り下げ、その代わりに萬平を釈放してもらおうと考えたのだ…しかし、訴えを取り下げるとうことは10万円は返ってこないということだった。

それでも萬平を釈放してもらうため、福子達は新聞に掲載し世間を味方につけるべく動く…このことはすぐに世間に知れ渡り、各地で徴税反対でもが起こり財務局は追い詰められていく。

追い打ちをかけるように財務局に進駐軍から電話で問い詰められる…しかし、増岡は「いずれこうなることはわかっていたはずです。そもそも彼を逮捕したのが間違いだったんだ!」と激怒する。

そして進駐軍は萬平を釈放せざるを得なくなり、東の狙い通りとなる…しかし、萬平は「この税金を払えば負けを認めるということですよね。僕は訴えを取り下げません。」と、10万円と引き換えに釈放されることを断るのだった…。

 

・・・77話へ続く

まんぷく第77話あらすじや感想とキャスト(12月28日放送分)

感想

萬平は税金を支払い釈放されることを断りました。

萬平の「負けを認めることになる」というのはわかりますが、早く家族のもとに帰ってほしかったです。

本格的に国と戦うことになってしまうのでしょうか。

< スポンサーリンク >

登場人物/キャスト

次に第76話に登場する人物の役柄とキャストを紹介しよう。

今井 福子/安藤サクラ

朝ドラ「まんぷく」物語のヒロイン。

後に萬平と共に「インスタントラーメン」という大発明をする。

立花 萬平/長谷川博己

福子の夫。

幼い頃から発想力と行動力がある。

今井 鈴/松坂慶子

福子の母親。

夫に先立たれてから、娘三人を女手一つで育ててきた。

感情の起伏が激しく気位が高く、品格を大切にしている。

香田 克子/松下奈緒

福子の姉で、今井家の次女。

周りの反対を押し切り、画家の忠彦と結婚。

四人の子供に恵まれる。

香田 忠彦/要潤

今井家の次女・克子の夫で、売れない画家。

画家として花が咲き始める。

香田 タカ/岸井ゆきの

克子と忠彦の長女で、福子の姪。

たちばな塩業で、週末手伝いをしている。

東 太一/菅田 将暉

有罪となった萬平を助けるために、福子が依頼した弁護士。

事務所を開いて2年目と経験は浅いが、優秀な頭脳と、強い正義感を併せ持っている。

尾崎 多江/渡辺 真起子

東太一の法律事務所で事務をしている。

剛田 一隆/イッセー 尾形

萬平と同じ刑務所に収監されている。

増岡 丈治/菅原 大吉

東京財務局の部長。

神部 茂/瀬戸 康史

萬平の右腕として働いていた。

タカと結婚の約束をしている。

世良 勝夫/桐谷健太

戦後をたくましく生きる男。

個人で商社を経営している。

U-NEXTで視聴する!

朝ドラ「まんぷく」は、ドラマのストーリー1話~最新話まで 「U-NEXT」で配信されている。

U-NEXTの登録はこちら

各話の詳細ネタバレまとめ

その他のドラマ/ネタバレ

< スポンサーリンク >

 

本日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで【ジョニタメ】をフォローしよう!