金陽ナイトドラマ「グ・ラ・メ!~総理の料理番~」

毎週金曜23:15~放送されているドラマ「グ・ラ・メ~総理の料理番~」第1話のネタバレを公開していく。

見逃してしまった人や、見るまでもないが内容が気になる人、そして映像ではなく文字でドラマの内容を知りたい人はコミック・連続小説風にネタバレしていくので参考にしてほしい。

スポンサーリンク

金曜ナイトドラマ「グ・ラ・メ~総理の料理番」

金曜ナイトドラマ「グラメ」

第1話の主な登場人物

主人公:一木くるみ/剛力彩芽

一木くるみは性格が素直すぎて周りから反感を持たれ、なかなか料理人として見てくれるお店がないものの、料理は創造的で食事をする者に感動を与える料理人。

若い時にフランスに渡るが女性ということから認められず、日本に帰国後も料亭の中居として働いていた時、古賀征二との出会いで総理大臣の料理番となる。

古賀征二/滝藤賢一

総理の阿籐一郎の懐刀で思ったことは裏で強引に改革を進める政務担当総理大臣秘書官。

くるみが出した料理に興味を持ち、くるみを強引に総理大臣の料理番とした男性。

清沢晴樹/高橋一生

現在は官邸の総料理長で、元ワシントン日本大使館公邸料理人という輝かしい経歴を持っている。

くるみの登場によって自身のプライドが深く傷つき、くるみをライバル視するようになる。

立花優子/新川優愛

東陽テレビの政治部記者で女性現場リポーターも務める。

総理の阿藤に批判的な意見を持ち、総理大臣の料理番の必要性を否定する女性。

阿藤理子/内藤理沙

阿藤一郎の娘で一郎の離婚後は父親と二人で暮らしで、総理のファーストレディとして父を支える女性。

桜井あすか/松尾幸実

総理大臣官邸事務所の職員で古賀征二の部下。

仕事への上昇志向が強い才色兼備な女性。

田村友和/三宅弘城

元官邸食堂の料理人でくるみのお世話係を務める男性。

くるみの創造的な料理の才能に徐々に惹かれていく男性。

阿藤一郎/小日向文世

内閣総理大臣。

娘の理子と二人で暮らし、国民からの圧倒的な人気を得て総理大臣になるものの、改革がうまく進まず、アメリカからは冷たいスープと酷評される。

スポンサーリンク

グ・ラ・メ~総理の料理番~ 1話ネタバレ

 icon-warning ここからは金曜ナイトドラマ「グ・ラ・メ~総理の料理番~」1話のネタバレを公開しています。

つてこの国に生涯料理にささげた伝説の料理人がいた。

その伝説の男は様々な国を渡り歩き、ある時ある政治家吉田茂に呼び出され、その伝説の男は総理の料理番として働いていた。

そして2016年、とある高級料亭で内閣総理大臣の阿藤一郎と政界のご意見番の大口潤三が会食をしており、大口は調子が悪いのか機嫌がわるいのか大口が好みの旬な料理に一口もつけない状態でいた。

古賀征二は料理を作った板長にどういうことだと問いただす中、突然仲居アルバイトの一木くるみは軽く何かの料理を作り、再び阿藤と大口がいる会食の場に料理を持っていく。

大口が阿藤に政治のことでもめている中、くるみは大口に夏野菜の炊合せを出し、大口に夏野菜の炊合わせを食べさせる。

すると大口の表情は一変し、次の料理を持ってくるようにと大口の食が急に進むようになり、大口は征二に夏野菜の炊合わせを作った料理人にお礼を言いたいと言うが、板長はそんな料理作っていないと言われる。

征二は板長と話していた時、仲居のくるみが何か持って行っていたことに気づき、夏野菜の炊合わせを作ったくるみを呼ぶがくるみはアルバイトのためすでに帰宅をしていため、征二は部下に「大至急調べて欲しいことがある」とくるみの調査を指示するのである。

くるみは古本屋で料理本を見ている中一本の電話がくるみへと掛かってくる。

その電話の相手から総理官邸に来るようにとくるみは言われ、くるみは総理官邸の政務担当秘書官執務室で征二から「どうしても聞きたいことがあった」と話をしていく。

征二は昨日の料理に香辛料のクローブを使ったのはなぜかとくるみに問いただし、征二はクローブには軽い鎮痛作用があることから昔は虫歯の痛み止めとして使われていたのだ。

そう、くるみは大口が会食をしている様子から虫歯ということを見抜いてクローブを使用した夏野菜の炊合わせを作ったのである。

くるみの回答に納得した征二はくるみに「今夜もあの料亭に?」と言うと、くるみは「突然クビになりました」と言う。

征二はくるみに「今後は?」言うとくるみは他のお店からお誘いをもらっているからそっちに行くと答える。

征二との話が終わったくるみは官邸の中を案内してもらうことになり様々な場所を案内してもらう中、征二はある部屋にくるみを案内する。

その部屋は政治家のみならず国賓・世界中のVIPが招かれるもてなしの部屋だった。

征二は70年ぶりに総理任命の官邸料理人を復活させると、その大役をくるみが適任かどうかテストするとくるみに言い、更に征二はくるみをバカにしたような発言をする。

その発言を聞いたくるみは「他のお店のお誘いがある」と言い、総理官邸から帰ろうとするがそこに一本の電話がくるみへはいり、なんと電話の内容はお誘いをもらっていたお店からの断りの電話だったのだ。

そのほかのお店すべてからもメールで断りのメールが突然入り、おかしいと思ったくるみは征二がこれを仕組んだということに気づき征二の元へ戻る。

征二の元に戻ったくるみは征二から自分の経歴を言われ、続けて征二はくるみに「お前が働ける場所はここだけだ」と言い、明日の内閣新旧の会談を円満に終わらせることができるかくるみを試すと言うのである。

征二からの発言を聞いたくるみは明日の内閣新旧の料理を作ると答える。

二はくるみに官邸料理人達を紹介しに行き、くるみは官邸料理人について説明を受ける。

彼らは清沢会と呼ばれる元ワシントン日本大使館公邸料理人の清沢晴樹の部下で、No,2の中田は「今回の会食は協力できない」と征二に反論する。

反論する中田達に征二は「今回の会食は総理専属の官邸料理人を新しく導入するための試み」と言い、中田達に強制的にくるみのサポートをしてもらうと言うのである。

その話を聞いていたくるみは誰のサポートもいらないという、とんでもない発言を言い出し、明日の会食のフルコースはすべて自分がすると言うのである。

総理官邸調理室に入ったくるみは明日の会食のテーマについて知りたいと世話役の田村に話を聞くことになる。

阿藤総理は積極的に行政改革を進める公約をして、梶原前総理から政権を引き継いだものの阿藤総理が打ち出した政策は反対派によってうまく進んでいなかった。

その状況を梶原前総理が周りから突き上げられ、阿藤現総理を辞任させるために今回の会食が行われるかもしれないと田村は言う。

その話を聞いたくるみは阿藤総理に直接話を聞きに行こうとするが、そんな無謀な行動をするくるみを田村は必死に止めるのである。

官邸から出た二人は築地のある料理屋に入り、その料理屋から出された品が絶品だったことから、田村は「明日の会食で美味しい料理を作り、阿藤総理を辞めさせない空気にすればいいのでは」と言い、くるみは阿藤総理を辞めさせないレシピを考えるのである。

くるみは梶原前総理の出身地である石川県の食材を使った料理を作ると言い、石川県の食材を使ったフルコース試作を田村に味見してもらう。

田村はすべて美味しいと答え、これなら明日の会食は盛り上がると言う中で、くるみは何か浮かない顔をしていた。

日、梶原前総理が総理官邸に到着し、東陽テレビのアナウンサー立花優子は梶原前総理が阿藤現総理に退陣の勧告をするために総理官邸に来たのではと報道する。

梶原前総理と阿藤現総理がもてなしの部屋で話をしている一方で、くるみは「やめます。コースはやめてメニューは一品にする」と言い出し、それを聞いた田村は凄く動揺する。

くるみは一品料理を作るため田村にお願い事をし、お願いをされた田村は官邸の庭で何かくるみから言われた物を拾い集める。

梶原前総理と阿藤現総理の会談に戻り、梶原前総理は「最近の君からは緊張感がつたわらない。若手の連中からは総理交代しかないという声があがっている」と言い、阿藤総理は辞職の勧告を言われていた。

そんな中くるみの作った料理が二人の前に運ばれる。

くるみが作った料理は魚介入りのスープであり、スープを口にした梶原前総理は料理をぬるいと一括し、続けて現総理の阿藤に対して「冷めたスープと呼ばれた男がゲストに冷めたスープを出すとは何事か」とあきれ果てた時くるみがやってくる。

くるみは「ただいまからお料理の仕上げをさせていただきます」と言い、二人に出したスープに焼石を入れ始めたのである。

その焼石がスープの中で沸騰するのを見た梶原前総理は「深い海の香り」と再びくるみのスープを食すと「これはうまい」と言い、くるみは「本日の料理、海のリゾット情熱の石仕立て」と料理の説明をする。

そして、阿藤総理は「冷めたスープが今の日本としたら、この熱い石は阿藤一郎」と梶原前総理に自分が冷めてなんかいなく演技で冷めたふりをして実は凄くやる気があるということをアピールする。

その阿藤総理の熱い熱弁を聞いた梶原前総理は「抵抗勢力もまだまだ総理には太刀打ちできないな」と報道陣に一言言って、その言葉を聞いた報道陣は阿藤政権続行を全国に配信するのである。

阿藤総理はくるみに「うまかった、ご馳走様。」と言い、それを聞いたくるみは「梶原前総理に喜んでもらえたら会食は成功すると最初は思っていた。気づいたんです、阿藤総理は料理に助けられる人ではないと思い料理を急きょ変更した」と料理の説明をする。

そのくるみの説明を聞いた阿藤総理は「ここにグランメゾンを、総理官邸に最高のレストランを作りたい。一木君手を貸してくれないか」と言い、くるみは「はい」と喜んで答える。

一方この状況を面白くないと思っている清沢晴樹率いる清沢会がついに動き出すのである。

 

・・・続く

icon-arrow-circle-rightグラメ 総理の料理番 2話ネタバレ~くるみの料理で十万人の失業を防ぐ

スポンサーリンク

 

本日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

出典元:www.tv-asahi.co.jp*entamegirl.net

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで【ジョニタメ】をフォローしよう!