ドラマ「TWO WEEKS」

ドラマ「TWO WEEKS」最終回の結末ネタバレや各話のあらすじなどを公開しています。

見逃してしまった人や、あまり興味はないが内容や結末が気になる人もいるだろう。

ここではストーリーのあらすじと最終回における結末のネタバレを公開するので参考になればと思う。

< スポンサーリンク >

TWO WEEKS

まずはじめにドラマのキャストを紹介しよう。

主な登場人物/キャスト

結城 大地/三浦春馬

殺人未遂の罪で服役した過去を持ち、現在は人生に希望を持たず毎日を過ごしている男。

だったが、いることさえも知らなかった娘と会うと、父親としてのいとおしさを覚える。

月島 楓/芳根京子

大学卒業後、すぐに司法試験で合格した優秀で正義感にあふれた新米検事。

しかし8年前の殺人未遂事件がきっかけで父親を亡くし家庭を壊されたという経験の持ち主で、事件の黒幕に復讐するため裏では独自に捜査を進めている。

青柳 すみれ/比嘉愛未

結城の元恋人で、8年前に結城から一方的に別れを告げられた後、黙って娘を産みシングルマザーとして育ててきた。

有馬 海忠/三浦貴大

すみれの婚約者で、鋭い洞察力と冷静な判断力を持つ優秀な刑事でもある。

プライベートではすみれとはなを献身的に支える心優しい人物で、結城とは違った立場からすみれとはなのために行動する。

柴崎 要/高嶋政伸

柴崎コーポレーションの社長として数々の飲食店を経営するなど、敏腕な実業家。

しかしその素性は己の欲のためなら、法や倫理に反した手段も狡猾にこなす「毒蛇」。

久我 早穂子/黒木瞳

自身の強い信念に基づいて政治活動を行っており、国民からの支持も厚い国会議員。

楓を娘のようにかわいがり、相談役として支え続ける心優しい女性。

青柳 はな/稲垣来泉

結城とすみれの間に生まれた娘。

白血病を患っており、父親である結城の骨髄がドナーとして適合し2週間後に移植手術が行われることに…。

その他の出演者

  • 近藤公園
  • 乾 大輝/鈴木仁
  • バッファロー吾郎A
  • 神尾佑
  • 久保田悠来
  • 原沙知絵
  • 池田鉄洋

以上がキャストとなる。

ドラマのキャストを紹介したので、次に物語のあらすじを見ていこう。

ストーリー

結城大地(三浦春馬)は、人生に希望を持たず、毎日をただ刹那的に過ごしている男。

そんな彼の前に、かつて人生で唯一心の底から愛していながら「ある出来事」により一方的に別れを告げた青柳すみれ(比嘉愛未)が現れる。

そして彼女から、結城との娘を産んでいたこと、そして、8才になる娘のはな(稲垣来泉)が白血病であることを告げられ、突然明らかになった娘の存在に戸惑いながらも、病院で初めて出会ったはなを前に、父親としてのいとおしさを覚える結城。

さらに、幸運にもドナーに適合したことで、結城は再び自分が生きる意味を見いだしていくのだった。

一方、月島楓(芳根京子)は、かつて父親を死に追いやった8年前の事件の黒幕に復讐するため、旧知の仲の国会議員・久我早穂子(黒木瞳)の支えも受けながら検事の道に進んだ現在も、独自に捜査を進めていた。

そんな中、楓のスパイとして黒幕に迫った協力者が変わり果てた姿で見つかるが、逮捕されたのは、遺体発見現場にいた結城だった…。

はなの手術まで2週間。

このままでは骨髄移植手術を行えないと考えた結城は、娘の命を救うため決死の逃亡に身を投じる…。

そんな結城の足取りを、刑事・有馬海忠(三浦貴大)をはじめとした警察、そして協力者の死の真相を確かめたい楓ら検察が追い始め、さらには、結城と古くからの付き合いがある実業家・柴崎要(高嶋政伸)もその動向を虎視眈々とうかがっていた…。

警察・検察・政治家・闇の組織…次々と明らかになる陰謀から逃れ、初めて父性に目覚めた男は、娘の命を救うことが出来るのか?!

引用元:カンテレ公式サイト/TWO WEEKS

< スポンサーリンク >

韓国ドラマ結末ネタバレ

ここからは韓国ドラマ「TWO WEEKS」結末ネタバレを公開しています。

このドラマは「TWO WEEKS」というの韓国ドラマが原作となっていて、ストーリーの展開は同じようになることが予想されるが、なんせ原作の韓国ドラマでは全16話で構成されている(日本版は約全10話)のと、日本版でのキャラ設定が若干違うようなので、それらのことで物語にどう影響があるのか気になるところではある。

もしかすると結末も変わってくるのではないかと考えられるだろう。

まずはじめに原作の韓国ドラマのあらすじネタバレを紹介しよう。

わかりやすいように韓国版の登場人物の名前を日本版の名前に差し替えています

 

涯孤独のチンピラ・結城大地の前に、昔の恋人・青柳すみれが現れる。

8年前に大地はすみれのことを愛していたが「ある事情」により(すみれは知らない)一方的にフってしまう…すみれはそんな大地と別れる時、実は妊娠していて大地には黙ってこっそり産んでいた。

その大地との間に生まれた娘・はなが白血病を患い、ドナー検査をしてほしいというのだ…自分の子供の存在を知り困惑する大地だが、検査に訪れた病院で娘・はなと出会い、愛おしさ(なんともいえない父性)が沸き起こる。

検査の結果、骨髄が一致し、2週間後に移植手術が行われることに…。

 

地のかつてのボスで悪徳事業家の柴崎要は、国会議員の久我早穂子と手を組み、麻薬の密輸を進めていた。

柴崎はプサンの組織暴力団出身だったが現在は活動拠点をソウルにし、表向きは柴崎コーポレーションという大型事業を経営する会長…そしてそれは裏社会でも通用する存在として君臨している。

早穂子は民衆の意見を取り入れる政治家として庶民から高い支持を集める国会議員だったが、裏では柴崎とつながり巨額の金を集める悪知恵の働く女。

柴崎が早穂子と密会している様子をデジカメで撮影していたのが、柴崎の愛人…実はその愛人とは検事である楓のスパイとして柴崎のことを監視していた協力者だったのだ。

どうやら楓が8年前に父が柴崎に刺されたことがあるようで、それを恨んで柴崎のことを調べるうちに早穂子の名前が浮上…しかし確たる癒着の証拠は出ず協力者を潜入させていたようだ。

だが、柴崎は早穂子との関係を知った協力者が自分の愛人でもあるのにも関わらず殺害し、その濡れ衣を大地が着せられてしまうことに…ちなみに大地は、5年前と8年前(まだ大地がの部下だった頃)に二度も柴崎の不祥事で、殺人未遂の罪をかぶり服役していたことがある。

警察に捕まった大地は「はなとの手術に間に合わなくなってしまう…どうすればいいんだ」と思い悩んでいた…すると護送中の車がたまたま交通事故を起こし、それに乗じて脱走。

事件の担当刑事ですみれの現在の恋人である有馬海忠、スパイを柴崎のもとに潜入させていた検事の、今回の殺人事件の真犯人がバレることを恐れて柴崎が差し向けた殺し屋が追う中、大地は2週間後に控えたはなとの移植手術を果たすため必死の逃走を繰り広げる。

 

地は、警察や検察…そして、柴崎が放つ闇の組織らからの追跡をことごとく交わし、脱走中には「銃で撃たれる」や「密航」…「柴崎との真っ向勝負」や「囮作戦」などを経験し様々な人間模様を見ることに…。

やがて大地はデジカメに自分の無実を証明するカギとなる情報を掴みデジカメの居場所を探る…そして捜査を進める中で有馬は大地とすみれの関係を知り、楓は大地が冤罪だと確信し後に二人は密会して手を組むまでになっていく…。

そんな楓は8年前に起きた父親が刺された事件(これが「ある事情」につながる)の犯人が柴崎であることを知っていたが、大地が柴崎の身代わりとなっていたこともわかっていたようで、そのことをすみれに話すと「それが私を一方的に突き放した理由」だったことを知り、それまでは大地に冷たくあたっていたすみれも大地に協力的になっていくのだった。

一方、大地が欲しがっていたデジカメを柴崎が手にした後も、大地への攻撃は止むことは無い…大地を殺そうと追い続ける中で、柴崎は早穂子のことを「自分だけ良ければいいと思ってる」と考え始めていた。

そんな中、大地は柴崎が大事な物は自宅で保管すると知っていた為、デジカメのデータを奪いに「柴崎の自宅潜入作戦」がはじまる…結局、潜入作戦は失敗に終わり大地は一度捕まってしまうが、なんとかその場からは逃げることができた

そして柴崎の刃はすみれとはなに向けられることに…これには大地が勝利し、すみれとはなの命を無事に守るのだった。

この時、大地は「お前を殺すなんて簡単にできる。でもお前のことは殺さない…俺の目的は刑務所に入れて30年は服役させることだ!」と柴崎逮捕に対し決意を固めるのだ。

 

地は打倒柴崎に向けて動きだした…まずは仲間割れをさせようとカマをかけ始めると、柴崎は早穂子に圧力をかけて脅し力を借りようとするが、大地の策略により早穂子の世間からの評価も下がり力を発揮することはできなかった。

そして大地VS柴崎の対決は、大地に軍配が上がり、真犯人が柴崎だったと証明することができる…そして世間では会長・柴崎から指名手配犯・柴崎にまで成り下がってしまい移植手術前日に逮捕され、無事に大地ははなとの移植手術を成功させた。

一方で、早穂子は柴崎と二人で進めていた麻薬の密輸を一人で完了させ(準備はもう終わっていた)海外に高飛びしようとするが楓が空港で張っていて、そんな早穂子に「麻薬取締法の容疑で逮捕」だと告げ連行する。

こうして楓も目的を達成することができた…後日、大地が過去に起こしたとされる二件の殺人未遂の罪に対して再審が行われ、これらの前科の抹消が認められることとなる。

そして(捜査中にも)すみれとはなを巡って争ってきた大地と有馬だったが、結局有馬が身を引き「大地・すみれ・はな」の三人は本当の家族として、8年という時間を取り戻していくのだった…かに見えたが、大地も「俺じゃはなの父親になれない」と嘆いて考えた末、二人(すみれとはな)のもとを去るという答えにたどり着く。

すみれは「いつまでも待ってる」と伝えると、大地はまだ何があるかわからない明日に向かって、新しい一歩を踏み出すのだった…。

 

・韓国ドラマのネタバレはここまで


 

結末予想としては、日本リメイク版でも主人公が同じような決断をして一見ハッピーエンド、という形にはなりそうだが、流れとして国会議員のキャラ設定が違いすぎる。

もしかしたらドラマ中盤までその悪どいやり口は明らかとならないのかもしれないが、結局は悪い考えの持ち主なのだろうと思う。

それを連想させるワードが公式サイトで見つけた…それは主人公を追いかける者たちのことを・・・

検察、警察、政治家、闇の組織

と言っていて、この中の政治家が物語で登場するのは、検事のことを昔からかわいがっているという国会議員だけとなるのだ。

やはり黒木瞳が演じる久我早穂子もおそらく途中で化けの皮がはがれ、悪魔のような一面が顔を出してくるのだろうと考えている。

日本ドラマ結末ネタバレ

※ドラマ放送終了後、追記更新します

原作

このドラマの原作はどタイトルと同名の韓国ドラマ「TWO WEEKS」で、2013年に全16回で放送された。殺人容疑の濡れ衣を着せられた主人公が、白血病を患った娘の骨髄移植手術までの2週間に及ぶ逃亡劇を繰り広げる姿を描いた。

その他のドラマ/ネタバレ

< スポンサーリンク >

 

本日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

出典元:https://www.ktv.jp

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで【ジョニタメ】をフォローしよう!