朝ドラ「なつぞら」21週

朝ドラ「なつぞら」第21週「なつよ、新しい命を迎えよ」ネタバレあらすじを公開しています。

見逃してしまった人や、あまり興味はないが内容が気になる人もいるだろう。

ここでは朝ドラ「なつぞら」21週のネタバレあらすじを公開するので参考になればと思う。

ちなみに朝ドラ「なつぞら」は、ドラマのストーリー1話~最新話まで 「U-NEXT」 で配信されている。

U-NEXTの登録はこちら

< スポンサーリンク >

なつぞら

朝ドラ「なつぞら」

人物相関図(アニメーション編)

相関図「なつぞら」19週~

あらすじ(21週)

なつ(広瀬すず)は妊娠を咲太郎(岡田将生)や、富士子(松嶋菜々子)ら十勝の家族に報告し、盛大な祝福を受ける。

そんな中、麻子(貫地谷しほり)が日本に帰ってくる。

なつたちの新居を訪れた麻子は、アニメの制作会社を設立したことを伝え、もう一度、現場に復帰しないかと坂場(中川大志)に話を持ちかける。

坂場にとっては願ってもないチャンスだが、なつたち共稼ぎ夫婦には子育て問題が大きく立ちふさがる。

そんな不安を抱えつつも、臨月を迎えたなつは仲(井浦新)や神地(染谷将太)らに見送られ、産休に入る。

予定日が迫る中、なつは突然の腹痛に襲われる。

一大事というタイミングで現れたのは、富士子や泰樹(草刈正雄)たちだった。

引用元:NHK公式サイト/なつぞら

< スポンサーリンク >

ネタバレ(21週)

ここからは朝ドラ「なつぞら」第21週「なつよ、新しい命を迎えよ」のネタバレを公開しています。

121話(8月19日放送分)

つは「今、妊娠3ヶ月で来年の春頃、産まれてくる」とまずは咲太郎に知らせ、その後、北海道にも電話で報告をすると、みんな新しい命が誕生することを喜んでくれる。

そして数ヶ月が経ち、なつのお腹もかなり大きくなるが、なつはアニメーターとして仕事をこなしていた…そんな中、下山からアニメーションの世界に麻子が戻ってきたという情報を聞く。

そんな麻子の話をなつが坂場にしていると、家に麻子が突然訪ねてきて、坂場が演出を務め東洋動画を辞めるきっかけとなってしまった長編漫画映画を見て「あれを見て感動して、アニメーションの世界の戻ってこようと思ったの」と言った。

麻子はそんな坂場に「またアニメーションを作る気はない?」と意味深な発言をする…この再会がまた波乱を呼ぶこととなりそうだ…。

122話(8月20日放送分)

子は「マコプロダクション(以下マコプロ)」というアニメの制作会社を立ち上げたらしく、あくまでもテレビ漫画中心となるが、そこに坂場を勧誘してくる…しかも、すでに下山も参加することが決まっていた。

さらに麻子は本当はなつを、いの一番に誘いたかったと話すが、なつの東洋動画での事情をどこかで耳にしたため、なつが働けないことは知っていたようだったが「(マコプロでは)女性のアニメーターが母親になっても安心して働ける場所にしたいと思ってるの…だからいつかそういう時がきたら、いつでも来てちょうだいよ」と言ってくれる。

するとなつは坂場に「良かったじゃない」と言うが、坂場は出産後のなつのこと赤ちゃんのことを考え「僕が働きに出てしまったら、君はどうやって働くんだ…のん気に喜んでる場合じゃない」と難色を示し、そんな二人を見た麻子は「現実的なことも考えて、できると思ったら来てちょうだい」と坂場にやんわりと答えを求めた。

なつは坂場が本当は働きたいはずだと察し、0歳児でも預けられる保育園はないかと茜に相談しに訪ねる…茜は「0歳児を預かってくれる保育園を見つけるのは奇跡的かもね…やっぱり1歳にはならないと…実は(坂場は)なっちゃんが昼間働いてる間、ここに何度も子育てのことを勉強しに来てるのよ」と生まれてくる赤ちゃんを待ちわびている坂場の行動を明かした。

そんな坂場は一人でマコプロに行くと、麻子と下山が坂場の来社に心から喜んでくれる…マコプロではアニメーションの新天地にするんだと、動画などは外注に任せ少数精鋭で作っていく予定だと意気込みを語った。

その夜、坂場が仕事から帰ってきたなつに、マコプロに行ったことを明かし「君に相談せず悪いと思ったけど(マコプロで働くことに)決めてきた…僕にもまだアニメーションに挑戦したいという気持ちはあるんだ」と覚悟をあらわにする。

その上で坂場はマコプロで働く条件として「子供が生まれてきてから1年位経てば預けられる保育園も見つけられるかもしれない」と1年は待ってもらうことにしたようだ…それを聞いたなつは「ごめんね…色々気を使わせたよね…ありがとう」とアニメーションの世界に挑む二人は決意を固める…。

123話(8月21日放送分)

つは産婦人科に通いながら、他の妊婦さんたちの様子を見て母性を高め、坂場は少しでも生活費を稼ごうと翻訳の仕事に一生懸命取り組んでいた…こうしてなつは子供を産む直前まで、安心して仕事を続けることができる。

産休に入るとなつは保育園について相談するため福祉事務所を訪ねるが、相談員に「生活のために共働きをしなくてはならないご家庭があることは十分承知しております…そのために保育所はあるんです。でも本来子供は母親が育てるものなんです…それを勘違いされてませんか」と厳しい言葉を突きつけられてしまった。

結局なつは子供をどこに預けるのか答えがでないまま臨月を迎える…そんな中、ついになつに陣痛らしきお腹の痛みがやってきて坂場がアタフタしていると、そこに救世主のように北海道からやってきたのが、富士子だった…。

< スポンサーリンク >

124話(8月22日放送分)

海道からは富士子にくっついて剛男や泰樹もやってきた…そして苦しむなつを富士子が見ていると、なつのお腹の痛みはやわらいでくる。

どうやらなつのお腹が張っていたのが原因で痛みがでたようで、富士子は「多分本当の陣痛じゃないんだわ…陣痛の前にその兆しみたいのがあるんだって…身体がお産にむけて準備してるんだわ…本当の陣痛はこんなもんじゃない」と話した。

北海道から来た三人に、坂場は「こんな狭い部屋ですみません」と謝ると、北海道勢はどこかで宿を借りて泊まると言うが、なつと坂場は富士子だけでもここに泊まってほしいと願い出る。

剛男は仕事と生まれてくる子供の子育てについて心配すると、なつは「しかたないしょ…そんなこと言ったって」と嘆いた…泰樹は「それも覚悟して結婚したんだべ…今更、弱音吐いてる場合じゃない」となつに諭す。

お腹の痛みが完全に治まったなつたちは五人で食卓を囲んでいると、富士子が「実は夕見子も妊娠した」ことを明かした…めでたいことだったが、夕見子は仕事に夢中のようで動き回るが、そのお腹の子は雪月の跡取りになるんだと雪月ファミリーも大騒ぎ状態。

妊娠をして大変そうな夕見子だったが、それに続くようにしばた牧場を継いだ照男にも二人目の子供が生まれるようで、まさに出産ラッシュ(ベビーブーム)だった…そうしていると、そこに生まれてくるなつの子供のベビーグッズを大量に買ってきた咲太郎と光子が訪れる。

咲太郎は「こうやってみんななつの側についてるんだ…安心して産めよ」と励ました…その夜、なつが今までにないお腹の痛みを訴え苦しみだす。

ついに本当の陣痛がなつに襲いかかってきたようだ…。

125話(8月23日放送分)

つが苦しみだすと富士子は冷静に素早く対処し、病院への連絡などを坂場に指示した。

その後、病院に救急搬送されたなつを心配し、病院の待合室に集まった坂場・柴田夫妻・泰樹・咲太郎夫妻…なつは苦しみながらも、新しい生命の誕生を心待ちにし、無事に元気な女の子が産声を上げる。

なつはその子の名前を「じぃちゃんの夢を少しはこの子にも継がせてやってよ」と泰樹に託すと、その子の名前を「優(ゆう)」と命名した…「なつのように優しい子になってほしい」という泰樹の願いが込められていた。

そんななつは出産から6週間で仕事に復帰しなきゃいけないと、優のことを粉ミルクで育てるのだという…そして、あっという間に6週間が過ぎ、なつが職場に復帰する日を迎えるが、母親となったなつは優との一時の別れを惜しむのだった…。

126話(8月24日放送分)

つが子供を産んで仕事に復帰すると、新しい作品の作画監督という大役を任されると聞いていたが、テレビ漫画「魔法少女アニー」の原画に戻ることを指示される…会社側の意向として、産休明けのなつにすぐに新しいことをやらせようとはぜず、まずは体力を戻すのが先決だと、なつの体を配慮してくれた。

なつがテレビ班に戻ると早速、仕事に取り掛かるがそれでもなつの頭の中は優のことでいっぱい…そんななつは残業などはせず定時になると真っ先に家に帰り優を抱き上げ、出産前から会社と争ってきたが「一番の敵は子供のことが気になってしょうがない自分自身だって」と話した。

一方、坂場は家で優の子守と翻訳の仕事をしながらも「マコプロ」でのテレビ漫画制作のことが気になっていく…そうしていると、あっという間に1年近くが過ぎなつが優を保育園に預けなくてはならない日も近づき、福祉事務所を訪ね「まだ0歳なんですが、4月から預けられる保育園を探しているんです」と相談した。

福祉事務所では前回のように厳しい言葉ではなく「0歳児や1歳児を預かってくれる保育園は限られていますが、できるだけ近い所を紹介しましょう」と思わぬ優しい言葉が返ってくる。

そして昭和44年の春を迎え、福祉事務所から手紙が届き、その内容はすべての保育園の審査に落ちてしまうという知らせだった…。

 

・・・22週目へ続く

みんなの感想(21週)

U-NEXTで視聴する!

朝ドラ「なつぞら」は、ドラマのストーリー1話~最新話まで 「U-NEXT」で配信されている。

U-NEXTの登録はこちら

全話ネタバレまとめ/その他詳細

その他のドラマ/ネタバレ

< スポンサーリンク >

 

本日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

出典元:https://www.nhk.or.jp*https://www.instagram.com

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで【ジョニタメ】をフォローしよう!