NEWS-japan

人気アイドルグループ「SMAP解散」騒動が2016年1月に出回ったが、ついに解散することを事務所がマスコミ各社にFAXで発表をした。

2016年12月31日で解散するという。

なお、解散後も5人はソロででジャニーズ事務所に残留してタレント活動を続ける。

年頭から世間を騒がせた問題だったがついに幕が閉まった。

ここでは「SMAP解散」に関しての一連の流れを振り返るとともに解散の真相と理由に言及したい。

スポンサーリンク

SMAP解散発表

SMAP解散

SMAP解散報道が最初に騒がれ始めたのは、2016年1月13日にスポーツ紙の一面に載ったのが発端である。

そしてついに、終止符が打たれたのだ。

ジャニーズ事務所がマスコミ各社に送ったFAXの内容がこれだ。

ちなみにSMAPメンバーも各自コメントをしている↓↓

【SMAP解散 メンバーのコメント】

▼中居正広 ファンの皆さま、関係各位の皆さま、我々SMAPが解散する事をご報告させていただきます。ご迷惑をお掛けしました。ご心配をお掛けしました。お世話にもなりました。このような結果に至ったことをお許しください。申し訳…ありませんでした…。

▼木村拓哉 このたびの「グループ解散」に関して、正直なところ本当に無念です。でも、25周年のライブもグループ活動も5人そろわなければ何もできないので、のみ込むしかないのが現状です。沢山の気持ちで支えてくださったファンの方々、スタッフの皆さんを無視して「解散」という本当に情けない結果になってしまいました。今は言葉がうまく見つかりません。

▼稲垣吾郎 ファンの皆さま、スタッフ関係者の皆さま、このたびはご心配ご迷惑をお掛けして本当に申し訳ございません。今の状況で5人での活動は難しいと思い、つらい決断ではありますが「解散」という形を取らせていただくことになりました。どうか僕たちの意思をご理解いただけたらと思います。28年間本当にありがとうございました。

▼草なぎ剛 このたび僕たちSMAPは解散する道を選びました。いつも応援してくれたファンの皆さま、支えてくれた関係者の皆さま、グループ結成から28年間本当にありがとうございました。今後も精進して参りますので引き続き、温かく見守っていただけるとうれしく思います。

▼香取慎吾 ファンの皆さま、そしてスタッフ関係者の皆さま。僕らSMAPは解散いたします。応援してくださったたくさんの方々に心より感謝申し上げます。そして突然のお知らせとなりましたこと、深くおわび申し上げます。

引用:スポニチアネックス

解散に至ってしまった理由は何なのか?

騒動からの流れを元に考えてみる。

解散までの流れ

解散騒動の発端はメンバー本人たちとは別のところにあった。

SMAPのチーフマネージャーである飯島三智が2016年1月12日にジャニーズ事務所の子会社のジェイ・ドリームの取締役を辞任し、同年2月にはジャニーズ事務所を退社予定(現在はすでに退社しています)だという事実があった。

現在のSMAPを育てた存在でもある飯島氏が辞めるならと、SMAPのメンバーのうち中居正広・稲垣吾郎・草彅剛・香取慎吾の4人も事務所を退社する意向を示した。

ジャニーズ事務所に残留を決めた木村拓哉と分裂状態にあり解散が避けられない状態であるというのが1月13日にスポーツ紙が報じるとワイドショーや各種報道番組が取り上げたように注目を浴びる。

1月18日にはSMAPのメンバー5人がフジテレビ系「SMAP×SMAP」の冒頭に緊急生出演し、解散回避を意思表示した。

メンバーが話した内容は以下の通り↓↓

 木村 今日は2016年1月18日です。先週から我々SMAPのことで世間をお騒がせしました。そしてたくさんの方々にたくさんのご心配とご迷惑をおかけしました。このままの状態だとSMAPが空中分解になりかねない状態だと思いましたので、今日は自分たちが5人がしっかり顔をそろえて皆さんに報告することが何よりも大切だと思いましたので、勝手だったんですがこのような時間をいただきました。

稲垣 このたびは僕たちのことでお騒がせしてしまったこと、申し訳なく思っております。これからの自分たちの姿を見ていただき、応援していただけるように精一杯頑張っていきますので、これからもよろしくお願いします。

香取 たくさんの方々に心配をかけてしまい、不安にさせてしまい、本当に申し訳ありませんでした。(約6秒の沈黙)。みなさんと一緒にまた、今日からいっぱい笑顔を作っていきたいと思います。よろしくお願いします。

中居 今回の件で、SMAPがどれだけみなさんに支えていただいているのかをあらためて強く感じました。本当に申し訳ございませんでした。これからもよろしくお願いいたします。

草なぎ みなさんの言葉で気づいたこともたくさんありました。本当に感謝してます。今回、ジャニーさんに謝る機会を木村君が作ってくれて、今僕らはここに立てています。5人でここに集まれたことを安心しています。

木村 最後に、これから自分たちは、何があっても前を見て、ただ前を見て進みたいと思いますので、みなさんよろしくお願いします。

引用:日刊スポーツ

そして2016年5月にジャニーズ事務所の社長であるジャニー喜多川氏がこの騒動に対して初めて口を開いた・・・「SMAP解散はありえない」と解散を完全否定した。

SMAPメンバーたちも、6月7日のジャニーズファンクラブの会報でSMAP解散は「しない」と言っていることもデイリースポーツが報じている。

参考:SMAP解散「しない」と初明言 icon-external-link

この時点で解散は免れたかのように思われた。

しかし中居正広が司会を務める「音楽の日」や「FNSうたの夏まつり」など毎年出演していた夏の大型音楽特番には事務所の意向により出演できなかった。

この時にはすでにメンバー内には亀裂が入っていたのだろう。

そして今回の解散発表と至ったわけである。

スポンサーリンク

解散理由は結局「不仲」

なぜここまで伸び伸びにしてしまったのか、ジャニーズ事務所に疑問するしかない。

おそらく国民的アイドルのSMAPが解散なんてスクープは、ジャニーズ事務所にとってあってはならないことだったんだと思う。

しかし夏の大型歌特番には事務所の意向で出演できなかったことを報じられているが、今後ソロ活動をしていくのがジャニーズ事務所であることから、結局仲間内の揉め事だということと同じことではないだろうか?

だとすれば事務所内で「共演NG」とかいうのが出てくるだろう。

 

スポンサーリンク

 

本日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

出典元:gigazine.net

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで【ジョニタメ】をフォローしよう!