ドラマ「モトカレマニア」3話

ドラマ「モトカレマニア」3話のネタバレやあらすじ、登場人物などを公開しています。

各話を見逃してしまった人や内容が気になる人、そして映像ではなく文字でドラマの内容を知りたい人はコミック・連続小説風にネタバレしていくので、参考にしてほしいと思う。

ちなみにドラマ「モトカレマニア」はフジテレビ系列で放送されるので、ドラマのストーリー1話~最新話まで 「FOD(フジテレビオンデマンド)」で配信されている。

今なら初回登録後、1ヶ月間無料というお試し期間付きなので、見逃しまった人もタダで視聴することが可能となっている。

FOD登録はこちらから

< スポンサーリンク >

モトカレマニア3話

主な登場人物/キャスト

難波 ユリカ/新木優子

ドラマ「モトカレマニア」新木優子

元カレのマコチを好きすぎるあまり、毎朝SNSで名前を検索したり、マコチと妄想の会話をしてしまう「モトカレマニア」。

うまく恋愛ができない不動産会社に勤務する27歳独身のぶっ飛び女子。

斉藤 真/高良健吾

ドラマ「モトカレマニア」高良健吾

不動産会社に勤務する30歳独身のイケメン。

真っすぐすぎる性格のあまり、知らず知らずのうちに自らの言動でユリカの心を大きく揺さぶってしまう。

山下 章生/浜野謙太

ドラマ「モトカレマニア」浜野謙太

大手食品メーカーに勤める将来有望なサラリーマン。

ユリカに付き合おうと提案するが、あることをこじらせていて…。

丸の内 さくら/山口紗弥加

ドラマ「モトカレマニア」山口紗弥加

ユリカが愛読する恋愛小説「がんばらなくても、そばにいて」の作者。

さくら自身もユリカと同じく根っからの「モトカレマニア」。

周防 ひろ美/よしこ

ドラマ「モトカレマニア」よしこ

ユリカの大学時代からの親友で「ザ・いい女」の既婚者ネイリスト。

素直で突っ走りがちなユリカのことが心配で、あらゆるアドバイスを講じる。

来栖 むぎ/田中みな実

ドラマ「モトカレマニア」田中みな実

コミュニティーラジオのパーソナリティ。

地元・北海道を愛し、自分の仕事に誇りを持っていてる。

他人にどう思われても構わないという芯の強さを持つがゆえに、仕事の目標と恋愛の間で揺れ動くことに。

加賀 千鶴/趣里

ドラマ「モトカレマニア」趣里

山下と同じ食品会社に勤務する。

結婚は自らが経済的に困らないための手段だと割り切っていて「ちょうどいい結婚相手」の山下に近づく。

その他の出演者

  • 安藤 一朗/小手伸也
  • 大沢 将/森田甘路
  • 白井 忠文/関口メンディー

人物相関図

ドラマ「モトカレマニア」相関図

あらすじ(3話)

ユリカ(新木優子)は、マコチ(高良健吾)から、山下(浜野謙太)との恋も仕事も全力で応援する、と言われてしまう。

ユリカは、再び『モトカレマニア』としてマコチとの思い出の中で生きる決意を固め、そのショックから復活する。

そんな折、ユリカが配ったチラシを見て、物件を買いたいというひと組の夫婦から連絡が入る。

折しも、仮採用期間終了まで残り3日。

この契約が成立すれば正社員になれると張り切るユリカ。

社長の安藤(小手伸也)は、マコチにユリカのサポートをするよう指示する。

その話を聞いた親友のひろ美(よしこ)は、ユリカのことを心配する。

しかしユリカは、かつてアルバイト先の焼き肉店でマコチと出会ったときのように、先輩・後輩という関係に立ち戻る、と宣言する。

一緒に仕事をして信頼を育むのは、恋愛よりもずっと尊い関係だと言うのだ。

一方、山下は、食べ歩きマニアが集う『食べログ会』に同僚の千鶴(趣里)を連れていく。

その帰り道、山下は、千鶴から、好きになった、といきなり告白される。

ユリカは、マコチとともに、購入を申し込んできた花澤健司(金井勇太)・美希(田中こなつ)夫妻を内覧に連れていく。

美希は妊娠中だった。物件を気に入った健司たちは、すぐに申し込みをしたいという。

ただ、彼らは他にも申し込んでいる物件があるらしい。

そこでマコチは、可能性があるのなら物件を磨いて良さを伝えよう、とユリカに提案するが……。

引用元:フジテレビ公式サイト/モトカレマニア

< スポンサーリンク >

ネタバレ(3話)

ここからはドラマ「モトカレマニア」3話のネタバレを公開しています。
コチから「恋も仕事も全力で応援する」と言われたユリカは再び「モトカレマニア」として生きることを決め、ショックから立ち直ることができた。

ユリカの仮採用期間終了まで残り3日と迫る中、ユリカが配ったチラシを見て、物件を買いたいという夫婦から連絡が入る…契約が決まれば正社員になれると張り切るユリカのサポート役として、社長の安藤はマコチを指名した。

優しく教えてくれるマコチを見てユリカは一緒に働いていた時のことを思い出しながら「出会ったときのように先輩・後輩という関係に立ち戻る…一緒に仕事をし信頼を育む。それは恋愛を始めるよりずっと純度の高い尊い関係なはず…私はマコチと永遠にピュアな関係を育むんだ…マコチに選ばれることないから最初から期待しなければ…」と親友のひろ美に話す。

するとひろ美は「選ばれるってなに?あんたの気持ちはどこいったの…モトカレマニアとか、先輩と後輩とか…逃げないで勝負しなよ」とキツく言ってしまうのだ。

一方でユリカとマコチのことを応援すると決めた山下は、食べ歩きマニアが集う「食べログ会」に同僚の加賀千鶴を連れていく…その帰り道、千鶴は「私、山下さんのこと好きになっちゃいました」と突然を告白した。

< スポンサーリンク >

リカはマコチとともに、購入を申し込んできた花澤健司・美希夫妻を内覧に連れて行った…物件を気に入った健司たちは、すぐに申し込みをしたいと言うが、実は他にも申し込んでいる物件があることが発覚する。

そこでマコチが「諦めるとかもったいないでしょ…可能性があるのなら物件を磨いて良さを伝えよう」とユリカに提案し、ユリカは物件の良さを伝えるため、周辺地図を作ったり自分にできることをした。

しかし物件の庭の草取りをしていたユリカは張り切りすぎて熱中症で倒れてしまう…助けを求めるユリカに妄想マコチが「大丈夫だよ」と話しかけ、ユリカはやっと「(ひろ美の言ってた)妄想は私を助けてくれない」ことを理解するのだった。

するとそこに本物のマコチが現れ病院へ連れて行ってくれる…マコチの優しさに心奪われそうになったユリカは「私とマコチは先輩と後輩」だと何度も言い聞かせた。

翌日、ユリカが物件に行くと社員たち総出で草取りをしていてくれ、キレイな庭を見た花澤夫婦は契約を決める。

 

件の草取りをするというユリカのアイディアにマコチは「ユリカはきちんと人のことを見てきちんと考えられるんだよな…でも一人で背負いすぎ…そういう所、昔から変わらない…お互い変わった所もあるし変わらない所もあるし…これからも色々あると思うけど先輩に何でも言って」と話した。

するとユリカは「好きです」と口にしてしまい、脳内会議の結果「先輩として好きって意味だよ」と言うことに決めるも口にだすことができずにいると、マコチの方から話をしようとファミレスに誘われる。

そこでマコチは「好きだけじゃ、どういう好きかわからなくて…」と困ったように聞き、ユリカは玉砕覚悟で「返事のほしいやつです」と答えた。

するとマコチは「今は返事ができない」とユリカの予想に反した返事が返ってきて驚く…さらに一緒に暮らしてるさくらはただの同居人で付き合っていないのだと知る。

 

リカが本屋に立ち寄ると突然さくらに腕を掴まれ、2人で食事に行く流れとなってしまった…そこでさくらの正体がユリカが崇拝している恋愛小説家であることが判明し、テンションが上がりまくってサインをお願いする。

実はさくらも「モトカレマニア」で、付き合っていた彼がマコチに似ているから一緒にいることやマコチに対して恋愛感情はないことを打ち明け、2人は意気投合した。

そしてモトカレマニアの先輩としてさくらは「一度こじれた縁は元に戻らない…こじれた過去を反省できないから私たちはモトカレマニアなの」とアドバイスをした。

その後、さくらは立ち寄ったバーで忘れられない元カレ・駒込和真と再会する。

一方でユリカが家に帰るとそこに、誕生日プレゼントを持ったマコチが待っていた…するとユリカは「またマコチから誕生日プレゼントをもらえるなんて…」と涙を流していると、マコチからの突然キスをされ、今でもマコチのことが忘れられていないことを確信する。

するとそこに偶然通りかかったひろ美が2人に近づき「付き合うことになったんだ」と嬉しそうに聞くが、マコチは「付き合うとは言ってない」と否定した。

ひろ美は「ふざけんな!キスしたのに付き合ってない…最低だよ!私の親友をこれ以上傷つけないで!」と激怒し、大泣きするユリカを抱きしめる…。

 

・・・4話へ続く

FODで無料視聴

ドラマ「モトカレマニア」はフジテレビ系列で放送されるので、ドラマのストーリー1話~最新話まで 「FOD(フジテレビオンデマンド)」で配信されている。

今なら初回登録後、1ヶ月間無料というお試し期間付きなので、見逃しまった人もタダで視聴することが可能となっている。

FOD登録はこちらから

各話の詳細ネタバレまとめ

その他のドラマ/ネタバレ

< スポンサーリンク >

本日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

出典元:https://www.fujitv.co.jp

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで【ジョニタメ】をフォローしよう!