SPORTS-baseball

甲子園といえば夏の風物詩になっていて、高校球児からしてもそれを見守る親や親戚・学校の応援団などからしても毎年数々の奇跡の闘いが繰り広げられる最高の舞台となっている。

最高の舞台に立つには汗と涙のドラマも沢山あっただろう。

ここでは、厳しい予選を勝ち抜いて栃木代表になった「作新学院野球部」2016年メンバーとその出身中学を紹介していく。

< スポンサーリンク >

メンバーと出身中学一覧

以下に作新学院2016年のメンバーと出身中学を紹介しよう。

icon-exclamation-triangle 尚、メンバーは途中で変更になる場合があります。

作新学院野球部メンバー学年ポジション出身中学クラブ
今井達也3年投手鹿沼市立西中鹿沼ポニー
鮎ケ瀬一也3年捕手真岡市立真岡中真岡ボーイズ
小島寛生3年内野手益子町立七井中無し
藤野佑介3年内野手宇都宮市立泉が丘中下野リトルシニア
篠崎高志3年内野手宇都宮市立雀宮中無し
山本拳輝3年内野手前橋市立荒砥中前橋リトルシニア
鈴木萌斗2年外野手宇都宮市立旭中宇都宮リトルシニア
小林虎太郎3年外野手宇都宮市立陽北中宇都宮リトルシニア
山ノ井隆雅3年外野手宇都宮市宮の原中無し
宇賀神陸玖3年投手宇都宮市立古里中真岡ポニー
藤沼竜矢3年投手下野市立南河内中栃木下野リトルシニア
仲尾有矢3年内野手芳賀町立芳賀中無し
水口皇紀3年捕手宇都宮市立雀宮中無し
添田真聖2年内野手日光市立今市中栃木下野リトルシニア
中島淳2年内野手高崎市立高南中前橋リトルシニア
守谷拓海3年内野手宇都宮市立陽西中無し
栗原涼吾3年外野手宇都宮市立陽西中栃木下野リトルシニア
入江大生3年投手>日光市立今市中県央宇都宮ボーイズ
大関秀太郎2年投手宇都宮市立陽南中上三川ボーイズ
善林拓海3年鹿沼市立東中投手無し

 

以上が作新学院甲子園2016のメンバーと出身中学となる。

icon-hand-o-right 夏の甲子園2016決勝戦結果速報と優勝予想~今井と大西の一騎打ち~

< スポンサーリンク >

最高の舞台「甲子園」

見事厳しい予選を勝ち抜き2016年夏の甲子園の切符を手にした作新学院だが、甲子園常連校といっていいだろう。

予選大会では6試合中5試合が10点を超える大差での勝利があり、ライバルたちはその猛打に恐れたかもしれない。

しかし注目する選手はやはりピッチャーの今井だろう。

150キロ台を連発・・・更には球種の数を持ち、さらにコントロールも良い。

まさに今大会ナンバーワン投手となるのは必死である。

予選でも脅威の打線爆発となったが、やはり投手力が優れていたのも間違いない。

もし敗退となってしまっても今後に期待できる選手となるだろう。

 

< スポンサーリンク >

 

本日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

出典元:

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで【ジョニタメ】をフォローしよう!