ChatGPTとは?
 オープンAIが発表したChatGPTは、複雑な会話に参加できる画期的な長文質問応答AIとして登場した。その卓越した品質は、質問の背後にある人間の意図を理解する能力にある。   そのユーザーは、人間並みの品質の回答を提供するその驚くべき能力を賞賛している。彼らは、最終的には人間とコンピュータの相互作用を再構成し、情報検索のプロセスに革命をもたらし、現代の検索エンジンの重要性に匹敵するものになる可能性があると推測している。 ChatGPTについてどのくらい知っていますか? ChatGPTは、OpenAIが開発したGPT-3.5モデルをベースとした高機能チャットボットです。卓越した会話能力を誇り、人間の対話に近い応答を返します。また、ChatGPTはフランス語、日本語、韓国語などの多言語に対応しています。日本語をご希望の方は ChatGPTジャパンのサイト. ChatGPTの主な機能は,大規模な言語モデルとして,単語列の中で後続の単語を予測することです.さらにChatGPTは、人間のフィードバックによる強化学習(Reinforcement Learning with Human Feedback: RLHF)という学習プロセスを追加しています。これは、ChatGPTが指示を理解し、人間の期待に応える応答を返す能力を効率化するために、人間のフィードバックを採用したユニークなレイヤーのトレーニングです。 誰がChatGPTを作ったのですか? サンフランシスコを拠点とする著名な人工知能組織OpenAIは、ChatGPTの構築で知られている。この会社は、非営利団体であるOpenAI Inc.の親会社の傘下で機能し、一方で営利部門であるOpenAI LPとして運営されています。   OpenAIは、人工知能におけるその画期的な仕事、とりわけ『DALL-E』で高い評価を得ている。この独創的なディープラーニング・モデルは、プロンプトとも呼ばれるテキストの合図に基づいて画像を生成することができる。   この企業を率いるのはCEOのサム・アルトマンで、元Yコンビネーターのプレジデントを務めていたテック界に影響力のある人物である。   Azure AI Platformの開発は、OpenAIとマイクロソフトの共同作業であり、マイクロソフトは戦略的パートナーであるだけでなく、10億ドルという多額の出資者でもある。 大規模言語モデル ChatGPTは実質的言語モデル(LLM)の一種であり、膨大な情報を使って学習される。この訓練は、文やテキストの文字列の中で次の単語を正確に予測することに向けられている。このような言語モデルのタスクに対する有効性は、学習データの量が増えるほど高まることが分かっています。   スタンフォード大学の報告によれば、「1750億のパラメーターを誇るGPT-3は、570ギガバイトのテキストデータで学習された。この規模の拡大がモデルの性能を根本的に変えた。現在、GPT-3は、英語からフランス語への翻訳など、明示的にトレーニングされていないタスクを、トレーニング例がほとんどなくても実行できる。このレベルの性能はGPT-2にはほとんど欠けていた。さらに、GPT-3は、いくつかのタスクについて明示的に訓練されたモデルを上回るが、しかし、他のタスクでは性能が劣る。”
jonitame.net
飲食店で話題を集める自動配膳ロボットって?導入で得られるもの
飲食店の配膳や下げ膳を自動走行で行ってくれる自動配膳ロボット。 利便性や話題性で注目を集めています。 しかし、自動配膳ロボットとはどのようなものなのでしょうか。 この記事では、自動配膳ロボットの役割や飲食店にとってのメリットをご紹介します。   自動配膳ロボットを導入する目的 現在、自動配膳ロボットは飲食業界で注目を集めていますが、主な役割は顧客のテーブルに料理を配膳することです。 自動配膳ロボットを導入する目的は、2つあります。 スタッフの過不足を調整できる アルバイトやパートを雇用している飲食店では、シフトの調整や急な欠席、退職などに悩まされているところも多いのではないでしょうか。 自動配膳ロボットがあれば、必要な時だけ稼働させることができ、必要がない時には休ませておけるため、人手不足や人員調査の対策に活躍します。 業務を効率化できる 自動配膳ロボットは、食事を届けるテーブルを指定することで料理を運び、指定場所に自動で戻ってきます。障害物回避センサーで、人や物を避けるためぶつかる心配もありません。 テーブルから指定場所に戻る場合は、音声でお客さまに操作の説明をできます。 このように配膳業務をスムーズに行うことで、スタッフの負担を軽減できます。   自動配膳ロボットで得られる配膳以外の効果   自動配膳ロボットは、配膳以外にも話題性で注目を集められます。 日本ではまだまだ配膳ロボットは普及していないため、導入している店舗の方が珍しい状況です。 導入しているとお客さまの口コミやメディアに取り上げられることで、話題性が得られます。 話題性による宣伝効果が期待できます。 自動配膳ロボットを導入するならORIONSTARがおすすめ! ORIONSTARでは、「Lucki」という自立走行タイプの配膳サービスロボットを取り扱っています。 障害物回避機能付きで無接触配膳サービスを実現します。 最大40㎏の食事を運べ、1度に4つのテーブルに配膳可能で、複数台の導入も可能です。 配送モード以外にも、宣伝モードもあるため、店内で新メニューや季節限定メニューのPRも同時に行えます。 自動
jonitame.net
ファミリーレストランへのロボット導入で売上アップが期待できる!?
ファミリーレストランへロボットを導入することで、人手不足を解消できるだけでなく、売上のアップにも繋がるかもしれません。ロボットを導入することで売上アップが期待できる理由を以下に解説します。 1.子どもにとってまた来たいレストランになる まだまだ一般的ではないレストランロボットは、導入することによって話題を集めることができます。ロボットは子どもの興味を引くので、特にファミリーレストランでは子どもの人気者になることでしょう。子どもたちが楽しみながら食事ができる環境は、家族連れにとって魅力的な要素となります。ロボットとのふれあいやコミュニケーションが、子どもたちの記憶に残り、再訪を促すことが考えられます。このような話題性や楽しい雰囲気の演出により、子どもにとってまた来たいレストランとなり、客数の増加と売上のアップが期待できます。 2.回転率の向上と宣伝効果 ファミリーレストランでは、来店の時間が集中しやすいため、ピークの時間帯にどれだけ回転率を上げられるかが売上に大きな影響を与えます。ファミリーレストランにロボットを導入することで、ロボットが配膳や下げ膳を行ってくれるので、ホールスタッフは他の仕事にまわることができ、効率的なサービスが提供できるでしょう。これにより、待ち時間の短縮やスムーズなオーダー処理が可能となり、顧客の満足度向上にも繋がります。また、ORION STARのレストランロボットでは、お店の外で集客を行ったり、お勧め料理を紹介したりすることもできるため、宣伝効果による売上アップも期待できます。 さらに、ロボットを導入することでオペレーションの効率化が図られます。厨房においても調理補助のロボットが導入されれば、料理の提供時間が短縮され、顧客の待ち時間を軽減できます。また、トイレや清掃の自動化も可能であり、スタッフがより顧客サービスに集中できる環境が整います。 ファミリーレストラン ロボットは、今や人手不足を解消するためだけの手段ではなく、売上アップを図るための手段としても効果的です。導入が一般的ではない現時点で、他のレストランと差別化を図る絶好のチャンスと言えるでしょう。競争が激化する飲食業界において、新しいテクノロジーの導入は業績向上につながる要因となるかもしれません。ファミリーレストラン経営者は、顧客体験向上と効率化を両立させるために、ロボット技術の導入を真剣に検討してみるべきです。 結論は 総括すると、ファミリーレストランにロボットを導入することで、子どもたちにとって魅力的な場所になり、ファミリー客のリピート率を上げることができます。また、効率的なオペレーションにより回転率を向上させ、売上の増加が期待できるでしょう。さらに、先進的なテクノロジーを導入したことでの宣伝効果も見込める点は見逃せません。ファミリーレストラン経営者は、ロボット導入の可能性を真剣に検討し、業績向上につなげるための一歩を踏み出すべきです。
jonitame.net
Why Steam Cleaning Is Crucial for Solar Panel Performance
You installed solar panels on your roof to reduce your carbon footprint and lower those electric bills. But have you considered how to keep those panels running efficiently?
jonitame.net
Advantages of Using Angular for Web Application Development
Advantages of Using Angular for Web Application Development
Image Source: flickr.com In the ever-evolving world of web development, choosing the right technology stack is crucial to ensure the success of your projects. Angular, a popular JavaScript
jonitame.net
仮想フロンティアの探索:VRストリーミングがゲーム視聴とプレイを再定義する方法
バーチャルリアリティ(VR)は、専門的な技術から、特にゲーム業界を変える一般的なツールへと急速に進歩しています。ゲームの視聴とプレイの方法を変える革新的な概念であるVRストリーミングは、この変化を推進する基本的な開発です。 この革新性を完全に理解するためには、まずVRストリーミングを理解する必要があります。簡単に言えば、バーチャルリアリティの放送は、インターネットを通じてバーチャルリアリティ体験を送信する手法です。VRストリーミングは、リアルタイムで360度のゲームプレイをキャプチャし、それをオンラインで送信可能な形式にエンコードし、その後VRヘッドセットで視聴するためにデコードすることによって動作します。VRストリーミングの没入感は、従来型のゲーム視聴よりも大きな利点を提供します。それは視聴者をゲームの世界に引き込み、フラットスクリーンで視聴することでは決して得られない体験を提供します。 VR放送はゲーム視聴体験を大幅に改善します。バーチャルリアリティヘッドセットを使用すると、観客は単なる観察者以上の存在になります。彼らはゲームの雰囲気の中に現実に存在するように感じます。彼らは自由に周りを見回すことができ、自分がアクションの一部であるかのように感じさせる360度の視野を楽しむことができます。さらに、VR放送は異なるプレイヤー間でリアルタイムに視点のシフトを可能にすることで、全く新しいレベルの観客参加を生み出します。 VR技術の影響は、ゲームの観察からゲームプレイ自体にまで及びます。ゲームプレイにVRを取り入れることで、没入感あふれる体験ができます。プレイヤーはアバターを操作するだけでなく、それらになり、ゲームの世界に自分自身を没頭させます。魔法を唱えたり剣を振ったりするジェスチャーを用いるなどの対話型ゲームメカニズムは、新たな現実感を提供し、さらに仮想と現実の境界を曖昧にするでしょう。 VR放送の影響はゲーム業界でも感じることができます。バーチャルリアリティストリーミングプラットフォームと、そのサービスの台頭は、新たな商業的選択肢を開き、ゲームの作成とデザインのダイナミクスを変えています。VR対応のゲームを作るためには、開発者は今や360度の視野と対話ダイナミクスを考慮する必要があります。さらに、VR放送はゲームの視聴者とコミュニティを拡大し、通常はゲームに参加しないかもしれない人々に届き、彼らはそれが提供する没入型体験に引きつけられます。   しかし、VRストリーミングが革命的であるとはいえ、それには欠点もあります。まず、最適なVR放送を提供するためには、技術的な制約とデバイスの要件に対処する必要があります。高品質のバーチャルリアリティ体験には、高性能なハードウェアと安定したインターネット接続が必要です。さらに、VR技術の費用とその妥当性の評価の複雑さは、採用の障壁とアクセシビリティの問題を生む可能性があります。 これらの障害にもかかわらず、VRストリーミングの未来は明るく、地平線上には数多くの興味深い可能性が広がっています。技術の進歩により、より没入型の体験、新しいゲームプレイのダイナミクス、さらにアクセシブルなVRソリューションを期待することができます。 VR放送が進化するにつれて、それはゲーム業界における社会的な関与の限界を押し広げます。VRストリーミングは、ゲーマーが事実上同じゲームの世界に生きることを可能にするだけでなく、観客が同じ視覚空間を共有することも可能にします。これは、社会的な交流とコミュニティ形成の新たな道を開きます。まさに混雑したスタジアムでのフットボールの試合で、同じファンと一緒に応援するようなものと考えてみてください。ただし、スタジアムはバーチャルで、ファンは世界のどこにでもいるかもしれません。 さらに、VRストリーミングはeスポーツの領域でのイノベーションを加速しています。従来のeスポーツの大会は画面上で見られますが、VR放送は観客がデジタルアリーナの一部となることを可能にします。彼らは任意の角度からアクションを見ることができ、お気に入りのプレイヤーをじっくりと見ることができ、さらにゲームの環境と相互に作用することも可能です。このような存在感と相互作用の増大は、eスポーツの興奮と魅力を劇的に増大させる可能性があり、より広範で多様な観客を引きつける可能性があります。 まとめると、バーチャルリアリティストリーミングはゲームビジネスの大変動の先駆けとなっており、我々がゲームを観る・遊ぶ方法を変えています。それは、現実と仮想世界の境界線を曖昧にすることで、没入感と関与性を強化し、ユニークなゲーム体験を提供します。それは技術的な障害やアクセシビリティの問題がある一方で、この分野での進歩に寄与します。VRストリーミングの社会的側面は、ゲーミングに新たな次元を提供し、コミュニティの発展を後押しし、eスポーツを新たな視聴レベルへと押し上げることです。VRストリーミングが提供する驚くべき機会は、この過渡期を経験している我々に大きな楽しみを与えてくれるでしょう。それは、ゲーム体験がこれまで以上にわくわくとしたものになり、包括的で、没入感のあるものとなる未来を約束しています。
jonitame.net
How High-Tech Editing Can Elevate Your Brand Story and Attract Customers
Customers
Are you a business owner looking to make a brand name and build worldwide recognition? Because of rising competition, elevating your brand story, attracting more customers, and creating
jonitame.net
Why we need virtual numbers for receiving SMS
SMS messages are a popular tool for identifying users online. They are used to registering (confirm) accounts on various platforms, such as social networks, messengers, email services and
jonitame.net
Lock & Load: The Lowdown on AR15 Lower Receivers
If you own an AR-15 or are considering building one, you’ll need to understand how its lower receiver works. This crucial component determines the functioning and customization of
jonitame.net
How to Drop a Pin on iPhone?
how to drop a pin on iphone
How to Drop a Pin on iPhone? Discover how to pin your favorite locations on a map quickly and easily with this step-by-step guide. Explanation of what dropping
jonitame.net